LiteSpeed Cache

説明

LiteSpeed Cache for WordPress(LSCWP)は、オールインワンのサイトアクセラレーションプラグインで、専用のサーバーレベルのキャッシュと最適化機能のコレクションを備えています。

LSCWP は WordPress マルチサイトをサポートし、WooCommerce、bbPress、Yoast SEO などの最も人気のあるプラグインと互換性があります。

LiteSpeed Cache for WordPress は、ClassicPress に対応しています。

必要条件

一般的な機能は、任意の Web サーバー(LiteSpeed,、Apache、NGiNXなど)を使用するすべてのユーザーが使用できます。

LiteSpeed の専用機能には、OpenLiteSpeed、商用 LiteSpeed 製品、LiteSpeed 搭載ホスティング、または QUIc.cloud CDN のいずれかが必要です。 理由?

プラグインの特徴

一般的な機能

  • 無料の QUIC.cloud CDN キャッシュ
  • オブジェクトキャッシュ(Memcached/LSMCD/Redis)のサポート+
  • 画像の最適化(ロスレス/ロッシー)
  • HTML、JavaScript、CSS を縮小
  • インラインでの最小化 & 外部 CSS/JS
  • CSS / JS を結合する
  • 重要な CSS を自動生成
  • Lazy-load images /iframes
  • レスポンシブ画像プレースホルダー
  • 複数の CDN サポート+
  • CSSの非同期読み込み
  • JS の読み込みを延期/遅延させる
  • ブラウザキャッシュ対応+
  • データベース クリーナーとオプティマイザー
  • PageSpeed スコア(Core Web Vitals を含む)の最適化
  • OPcode キャッシュサポート+
  • CSS/JS のための HTTP/2 プッシュ (それをサポートする Web サーバー上)
  • DNS プリフェッチ
  • Cloudflare API
  • シングルサイトとマルチサイト(ネットワーク)のサポート
  • インポート / エクスポートの設定
  • 魅力的でわかりやすいインターフェイス
  • WebP イメージフォーマットのサポート
  • ハートビート制御

+ このサービスは LSCache プラグインが提供するものではなく、サービス提供者がインストールを保証するものでもありません。ただし、お客様のサイトでこのサービスが利用されている場合、プラグインはこのサービスに対応しています。

LiteSpeed 専用機能

  • サイトのパフォーマンスを大幅に向上させる自動ページキャッシュ
  • 特定のイベントに基づく関連ページの自動パージ
  • ログインユーザーのプライベートキャッシュ
  • WordPress REST API 呼び出しのキャッシュ
  • デスクトップビューとモバイルビューの別々のキャッシュ
  • 指定された URL のパージをスケジュールする機能
  • WooCommerce と bbPress のサポート
  • WordPress CLIコマンド
  • キャッシュ統合を容易にするAPIシステム
  • URI、カテゴリ、タグ、Cookie、ユーザーエージェントでキャッシュから除外する
  • SEO に優しいサイトマップをサポートするスマートプリロードクローラ
  • キャッシュが異なる複数のクローラー
  • HTTP/2 サポート
  • HTTP/3 & QUIC support
  • ESI (エッジサイドインクルード)のサポート*
  • ESI ブロックとしてのウィジェットとショートコード* (WP 5.8+ の Classic Widgets プラグインが必要)

* OpenLiteSpeed で利用できない機能

LSCWP リソース

サードパーティの互換性

プラグインとテーマの大半は LSCache と互換性があります。私たちのAPIは、そうでない人のために利用可能です。この API を使用して、スマート消去のカスタマイズ、キャッシュルールのカスタマイズ、キャッシュの作成の変化、WP nonce のキャッシュを可能にします。

プライバシー

このプラグインには、WordPressのプライバシー設定にある「ガイド」から、サイトのプライバシーポリシーに追加できる推奨テキストが含まれています。

参考情報: WordPress の LiteSpeed キャッシュは、サイトに表示されるすべての Web ページの複製を潜在的に保存します。 ページは、LiteSpeedサーバーソフトウェアがインストールされているシステムにローカルに保存され、LiteSpeed の従業員が転送したり、LiteSpeed の従業員がアクセスしたりすることはありません。 すべてのキャッシュファイルは一時的なものであり、必要に応じて、[すべて削除]コマンドを使用して、自然な有効期限が切れる前に簡単に削除できます。 独自のキャッシュ有効期限ルールを作成するのは、個々のサイト管理者次第です。

当社のWordPressプラグインは、キャッシュに加えて、QUIC.cloudが提供する「画像最適化」「CSS最適化」「低画質画像プレースホルダー」のオンライン機能を備えています。これらの最適化機能がリクエストされると、データは遠隔地にあるQUIC.cloudのサーバーに送信され、処理された後、お客様のサイトで使用するために再び送信されます。QUIC.cloudのCDNを利用している場合、LSCache技術を利用してお客様のサイトにアクセスし、お客様のサイトをグローバルにホストしています。QUIC.cloudは、データのコピーを最大7日間保持し、その後、それらを永久に削除します。同様に、WordPressプラグインにはレポート機能があり、サイト所有者が環境レポートをライトスピードに送信することで、ライトスピードが技術サポートを提供しやすくなります。これらの機能は、いずれも訪問者のデータを収集するものではありません。関係するのはサーバーとサイトのデータのみです。

QUIC.cloudの個人情報保護方針については、QUIC.cloudの個人情報保護方針をご覧ください。

スクリーンショット

  • プラグインのベンチマーク
  • 管理 – ダッシュボード
  • 管理 – 画像の最適化
  • 管理 – クローラー
  • 管理者設定 – キャッシュ
  • 管理 – ページの最適化
  • 管理者設定 – CDN
  • 管理 – DB オプティマイザー
  • 管理 – ツールボックス
  • キャッシュミスの例
  • キャッシュヒットの例

インストール

詳細なドキュメントを見る

LiteSpeed Web サーバーなしでの最適化にあたって

  1. LiteSpeed Cache for WordPress プラグインをインストールし有効化してください。
  2. WordPressダッシュボードから、「LiteSpeed Cache」 >「ページの最適化」に移動します。様々なタブで利用可能な最適化機能を有効にします。

LiteSpeed Web サーバーでのキャッシングと最適化にあたって

  1. LSCacheモジュール搭載LiteSpeed Web Server EnterpriseLiteSpeed Web ADC、キャッシュモジュール付きOpenLiteSpeed (無料)をインストールします。または、QUIC.cloud CDNをご契約ください。
  2. LiteSpeed Cache for WordPress プラグインをインストールし有効化してください。
  3. WordPress ダッシュボードから LiteSpeed Cache – > 設定に移動し、LiteSpeed Cache を有効にする有効に設定されていることを確認します。
  4. 各種タブで必要なキャッシングや最適化の機能を有効にします。

LiteSpeed Web Server Enterprise の注記

  • ライセンスにL SCache モジュールが含まれていることを確認してください。 LSCache モジュールを搭載した 2-CPU トライアルライセンスは、15日間無料で利用できます。
  • キャッシングが有効になるようにサーバーを設定する必要があります。お客様がサーバー管理者の場合は、こちらをご覧ください。それ以外の方は、サーバーの管理者にキャッシュルートの設定を依頼してください。

OpenLiteSpeed の注記

  • このインテグレーションは、OpenLiteSpeed のキャッシュモジュールを利用しています。
  • 新しく OLS をインストールしたばかりの場合は、ols1clk を使用して統合するのが最も簡単な方法です。既存の WordPress を使用している場合は、--wordpresspath パラメータを使用してください。
  • OLSとWordPressの両方が既にインストールされている場合は、WordPressへのLSCacheの設定方法の手順に従ってください。

FAQ

なぜキャッシュ機能にはLiteSpeed Serverが必要なのですか?

このプラグインは、 LiteSpeed Web サーバーおよびその組み込みページキャッシュ(LSCache)と通信して、WordPress サイトに優れたパフォーマンスを提供します。 プラグインのキャッシュ機能は、ページがキャッシュ可能であること、およびその期間をサーバーに示します。または、タグを使用して特定のキャッシュページを無効にします。

LSCache はサーバーレベルのキャッシュなので、PHP レベルのキャッシュより高速です。 他のPHPベースのキャッシュと比較しました。

ページキャッシュにより、サーバーは PHP とデータベースのクエリを完全にバイパスできます。 特に LSCache は、サーバーとの密接な関係により、他のプラグインではできないキャッシュエントリに関する情報を記憶でき、依存関係を分析できます。 タグを利用してキャッシュのスマートパージを管理し、さまざまな Cookie を使用して、モバイルかデスクトップか、地理的な場所、通貨などに基づいて、キャッシュされたコンテンツの複数のバージョンを提供できます。 Caching 101ブログシリーズをご覧ください

これらすべてが複雑に聞こえても心配する必要はありません。 LSCWP は、ほとんどのサイトに適したデフォルト設定でそのまま使用できます。 初心者向けガイドをご覧ください。

LiteSpeed サーバをお持ちでない方は QUIC.cloud の CDNサービスをお試しください。QUIC.cloud は、NGINX や Apache を含むあらゆるサーバ上のサイトで、LiteSpeed キャッシングのパワーを体験することができます。詳細や QUIC.cloud のお試しはこちらから。

LSCacheの最適化機能はどうなっているのですか?

LSCWPには、「データベースの最適化」「CSSやJSファイルの最小化と結合」「HTTP/2プッシュ」「CDNサポート」「ブラウザキャッシュ」「オブジェクトキャッシュ」「画像の遅延読み込み」「画像の最適化」などの最適化機能が追加されています! これらの機能は、LiteSpeedウェブサーバーを使用する必要はありません。

LiteSpeed Cache Plugin for WordPress は無料ですか?

はい、LSCWPは常にフリーでオープンソースです。ただし、キャッシュ機能を利用するには LiteSpeed サーバーが必要で、一部の LiteSpeed サーバーのエディションには料金がかかります。QUIC.cloud で提供しているプレミアムオンラインサービス(CDNサービス、画像最適化、Critical CSS、Low-Quality Image Placeholderなど)の中には、一定の利用レベルで支払いが必要なものがあります。これらのサービスの料金や、どのレベルのサービスが無料なのかについては、 QUIC.cloudのダッシュボードでご確認いただけます。

このプラグインにはどんなサーバーソフトウェアが必要ですか?

このプラグインのLiteSpeed Exclusive機能を使用するためには、LiteSpeed ソリューションが必要です。以下のいずれかが動作します:

  1. LiteSpeed Web Server Enterprise と LSCache Module (v5.0.10+)
  2. OpenLiteSpeed (v1.4.17+)
  3. LiteSpeed WebADC (v2.0+)
  4. QUIC.cloud CDN

一般的な機能は、どのようなウェブサーバーでも使用できます。また、LiteSpeedは必須ではありません。

このプラグインはクラスタ環境で動作しますか?

キャッシュエントリは、 LiteSpeed サーバーレベルで保存されます。最も簡単な解決策は、キャッシュエントリがそのレベルで保存されるため、 LiteSpeed WebADC を使用することです。

別のロードバランサを使用すると、キャッシュエントリはロードバランサではなくバックエンドノードにのみ格納されます。

パージはノード間でも同期されないため、これはお勧めしません。

カスタマイズされたソリューションが必要な場合は、LiteSpeed Technologies info@litespeedtech.comにお問い合わせください

注意: このプラグインによって作成された書き換えルールは、ロードバランサにコピーする必要があります。

キャッシュされたファイルはどこに保存されますか?

実際にキャッシュされたページは、 LiteSpeed サーバによって保存および管理されます。

WordPress ファイル構造内には何も格納されません。

LiteSpeed Cache for WordPress は OpenLiteSpeed で動作しますか?

はい、OpenLiteSpeed ではうまく動作しますが、一部の機能はサポートされていない可能性があります。詳細については、上記のプラグインの特徴をご覧ください。.htaccess ファイルの変更が必要な設定変更はサーバーを再起動する必要があります。

WooCommerce をサポートしていますか ?

一言で言えば、はい。ただし、いくつかの woocommerce テーマのカートが正しく更新されません。この問題を検出し、必要に応じてそれを修正する方法に関する簡単なチュートリアルには、私たちのブログを訪問をしてください。

画像は最適化されますか ?

画像は、「LiteSpeed Cache」>「画像の最適化」>「I画像最適化設定」>「自動要求 Cron」オンにしないと、自動的に最適化されません。手動で画像を最適化することもできます。詳しくはこちらをご覧ください

サードパーティープラグインでWP nonce キャッシュ可能にするにはどうしたらいいですか?

当社の API には、ESI を使ってキャッシュされたページに nonce のための「穴を開ける」機能があります。これにより、nonce は、そのページのTTLに関係なく、個別にキャッシュされるようになります。詳細は、API ドキュメントをご覧ください。また、ユーザーがプラグインのESI設定で任意に含めることができる、サードパーティ製プラグインの既知のnonceの定義済みリストへの投稿も歓迎します。

クローラー を有効にするにはどうすればよいですか?

クローラー はデフォルトで無効になっており、まずサーバー管理者が有効にする必要があります。

サーバー側でクローラーが有効になったら、「LiteSpeed Cache」>「クローラー」>「一般設定」 と進み、「クローラー」オンにします。

クローラーの設定についての詳細な情報は、クローラーのドキュメントをご覧ください。

互換性があるとわかっているプラグインやテーマはどれですか?

大半のプラグインとテーマは、LiteSpeed Cacheと互換性があります。最新の互換性情報は、弊社ドキュメントを参照ください

評価

2024年7月4日
I can’t say enough good things about LiteSpeed Cache. From the first day I implemented it on our company’s WordPress site, the improvements were visible. Not only did our site’s loading speed increase dramatically, but our SEO rankings also saw a noticeable boost. It’s incredibly user-friendly and integrates seamlessly with other plugins. I highly recommend this to any business looking to enhance their website performance.
2024年7月3日
L O V E this plugin. Thank you! Works magic.
2024年7月1日
I’ve got it through Namecheap hosting, works good, I’ve got automatic webp image conversion and few other goodies for free. Can’t complain.
2,476件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

LiteSpeed Cache はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“LiteSpeed Cache” は30ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“LiteSpeed Cache” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

6.2.0.1 – Apr 25 2024

  • 🔥🐞ページ最適化 Elementorのdata-settings属性で、WebP画像がまだ準備できていない場合に発生する画像表示の問題を修正しました。(kanten/cbwwebmaster/reedock #132840 #680939 #326525)

6.2 – Apr 23 2024

  • 🌱クローラー ヒット/ミスフィルタを追加。(#328853)
  • 🌱CLI イメージの最適化は現在 wp litespeed-image batch_switch origin/optmをサポートしています。 (A2Hosting)
  • 🌱VPI VPI 画像の自動プリロード。 (Ankit)
  • オブジェクト Redis のユーザー名/パスワード認証のサポートを追加しました。 (PR#616 Donatas Abraitis/hostinger)
  • ページの最適化 Elementors data-settings の WebP 置き換えに対応しました。 (Thanks to Ryan D)
  • キャッシュ ページがキャッシュ可能でない場合、Cache-Control: no-cache, no-store, must-revalidate, max-age=0 を送信する。(asafm7/Ruikai)
  • キャッシュ キャッシュ制御が X-Http-Method-Override を尊重するようになりました。 (George)
  • キャッシュ X-Http-Method-Override: HEAD のキャッシュがありません。(George)
  • キャッシュ adv-cache 互換ファイルに LSCWP を指定。
  • キャッシュ クエリー文字列の末尾にアンパサンドがある場合にリダイレクトループが発生する問題を修正。(#389629)
  • キャッシュ “Cache Favicon.ico” オプションは404キャッシュと重複するため削除。(Lauren)
  • キャッシュ ページリダイレクトの非推奨のPHP v8の警告を修正した。(Issue#617 dcx15)
  • クラウド REST コールバックは QC ips 検証に ACL を使用しました。
  • クラウド エラーメッセージが表示されない原因となっていた、クラウドメッセージの解析におけるタイプミスを修正。
  • クラウド バージョン検出のため、PHP バージョンを継承しました。
  • クラウド エスケープされたトークンがレポートに正しく表示されるようになりました。
  • クラウド PHP 5.3でQCクラウドのip認証設定に失敗する問題を修正しました。
  • 🐞クラウド 継続的な新バージョン検出を修正。
  • 🐞画像の最適化 完成画像のサマリーカウンターの不一致を修正しました。 (A2Hosting)
  • CDN WP バージョン5.3未満の自動 CDN セットアップ互換性。
  • 🐞CDN 画像置換で画像ファイル以外の置換が間違っていたのを修正。 (Lucas)
  • GUI 管理者バナーメッセージをさらにフィルタリングし、データベースに危険なコードが存在しないようにした。
  • RESTにおいて、paramが空の場合にPHPの警告が発生する可能性があったのを修正しました。

6.1 – Feb 1 2024

  • 🌱データベース 新しい孤立投稿メタ消去オプティマイザー機能。
  • 画像の最適化 WP リクエストライブラリのレスポンスで PHP 警告が発生する可能性があった問題を修正。
  • 画像の最適化 画像の最適化でタイムアウトを回避するため、すべての非同期タスクにnoabort のロックを解除。(Peter Wells)
  • 画像の最適化 古いバージョンの WordPress で画像が取り込まれない問題を修正しました。(PR#608)
  • 画像の最適化 ノードサーバの証明書が期限切れになった場合の例外処理を改善。
  • 🐞画像の最適化 404 の有効期限切れにより画像の引き抜きに失敗した場合は、再度リクエストを送信できるようになります。
  • クローラー プラグイン GUI で先にクロールが開始された場合でも、CLI で強制クロールできるようになりました。
  • ページの最適化 PHP8 で動的プロパティ作成時の警告を修正。 (PR#606)
  • ページの最適化 getimagesize がページの最適化に失敗することがあった問題を修正。 (PR#607)
  • タグ 配列から文字列への変換警告を修正。(PR#604)
  • オブジェクトキャッシュ Redis が値の設定に失敗したときに PHP が警告を出さないように false を返すようにした。(PR#612)
  • キャッシュタグ キャッシュタグ取得時に $wp_query が NULL になる問題を修正。(PR#589)

6.0.0.1 – Dec 15 2023

  • 🐞画像の最適化 撮影された通知を地域センターサーバーにグループ化し、画像プル後の負荷を軽減します。

6.0 – Dec 12 2023

  • 🌱画像の最適化 並列プル. (⭐ Contributed by Peter Wells #581)
  • 🌱キャッシュ CLIクローラー。
  • 🌱キャッシュクッキーを変更するオプションを追加しました。
  • 🌱メディア 新しいアイキャッチ画像のプリロードオプション。 (Ankit)
  • Core コードベースの安全性レビュー (Special thanks to Rafie Muhammad @ Patchstack)
  • パージ キューがクリアされていない場合、パージは QC メッセージを表示しません。
  • パージ 投稿タイプが期待通りでない場合の潜在的な警告を修正しました。(victorzink)
  • 設定 サーバーIPフィールドを空にすることができます。(#111647)
  • 設定 CloudFlare CDN設定の脆弱性修正パッチ。 (Gulshan Kumar #541805)
  • クローラー cron 実行時にサイトマップ生成メッセージを表示しないようにしました。
  • クローラー PHP v8.2 動的プロパティ作成の警告を修正。 (oldrup #586)
  • VPI VPIがアルファベット以外のファイル名をサポートするようになりました。
  • VPI PHP8.2の非推奨警告を修正。 (Ryan D)
  • ESI ESI nonceがHTMLコメントのみを表示する問題を修正しました。(Giorgos K.)
  • 🐞ページの最適化 WHMプラグインの使用していないサービスの有効化による致命的なPHPエラーを修正。 (Michael)
  • 🐞ネットワーク マルチサイトのインメモリオプションを修正。(Tynan #588)
  • ネットワーク マルチサイトの すべての機能を無効にする リンクを修正しました。
  • 🐞画像の最適化 オリジナル画像を削除すると、最適化された画像も削除されます。
  • 画像の最適化 プルプロセスの制限時間を延長。
  • 画像の最適化 最終プル時間と cron タグが最適化の概要に含まれるようになりました。
  • 画像の最適化 Elementors Slideshowの異常な背景画像を修正。(Ryan D)
  • 🐞データベースの最適化 postmeta のクリーニング中に投稿リビジョンのクリーニングが失敗する問題を修正しました。(Tynan #596)
  • クローラー CLIにステータス更新を追加。 (Lars)
  • 第3 WPMLによるWooCommerceの商品カテゴリパージ。 (Tynan #577)

5.7.0.1 – Oct 25 2023

  • GUI 管理バナーメッセージの改善。 (#694622)
  • CDN CDNセットアップの改善。 (#694622)
  • 画像の最適化 画像識別チェックプロセスの改善。(#694622)

5.7 – Oct 10 2023

  • 🌱ページ最適化 新しいオプションが追加されました: Preconnect. (xguiboy/Mukesh Patel)
  • 🌱第3 Woocommerce のミニカートに新しいオプションが追加されました。 (Ruikai)
  • クラウド CDN が再有効化された場合、設定を QUIC.cloud に強制的に同期する。
  • クラウド ドメインキーが読み込まれた場合、設定を QUIC.cloud に強制的に同期する。
  • クラウド QC への投稿時に複数行のフィールドを制限します。
  • キャッシュ HEAD リクエストを GET と同じようにキャッシュ可能なものとして扱う。(George Wang)
  • 🐞ESI 脆弱性の可能性がある問題を修正。(István Márton@Wordfence #841011)
  • 🐞ESI SCRIPT_URIを上書きして、ESIサブリクエストによるリダイレクトを防ぐ。 (Tobolo)
  • 🐞画像の最適化 画像が部分的にしか最適化されていない場合、不要な画像処理をバイパスする。(Ruikai)
  • 🐞ゲスト ゲストモードでは、WebP を直接有効にすることはできません。 (Michael Heymann)
  • CDN CDN URLが無効な場合、CDNを自動的に無効にする。(Ruikai)
  • CDN PHP v8.1 で NULL パラメータの警告が発生する問題を修正。(#584)
  • API litespeed_media_add_missing_sizes フィルタを追加し、メディアの “add missing sizes” オプションをバイパスできるようにした(Guest Optimization およびそれ以外の場合)。(PR #564)
  • ゲスト guest.variable.php のソフト 404 と robots.txt レポートを修正。
  • Vary LSWS Enterprise のlitespeed_vary_cookiesを有効にしました。
  • GUI ゲスト モードがオフのときに WebP tip が誤って表示されないようにしました。
  • GUI ダッシュボードページに QUIC.cloud プロモーションのポストボックスを追加。
  • 第3 pagespeed ninja の悪行のためブロックリストに追加。