Intuitive Custom Post Order

説明

WordPress の設定メニューの「直感的なCPO」メニューからソート可能な項目を選択します。
直感的に、注文項目 (投稿、ページ、カスタム投稿タイプ、カスタム分類、サイト) をドラッグアンドドロップソート可能な JavaScript を使用して。
テーマのパラメータ (orderby = menu_order、order = ASC) を使用します。

自動変換されたパラメータ (順序と順序) を上書きすることもできます。
注意: ‘get_posts()’ を使用してデフォルトの順序に再上書きする場合にのみ (orderby = 日付、順序 = DESC )、独自のカスタムパラメータ ‘orderby = default_date’ を使用する必要があります。

このプラグインは GitHub に掲載されています。

スクリーンショット

  • 設定
  • 投稿の並べ替え
  • タクソノミーの並べ替え
  • (マルチサイト用) ネットワーク設定
  • (マルチサイト用) サイトを並べ替える

インストール

  1. /wp-content/plugins/ディレクトリに ‘intuitive-custom-post-order’フォルダーをアップロードします。
  2. 「プラグイン」メニューからプラグインを有効化します。
  3. WordPress の設定メニューの「直感的なCPO」メニューからソート可能な項目を選択します。

FAQ

‘orderby’ と ‘order’ のパラメータを上書きする方法

サブクエリ

‘WP_Query’ を使用すると、パラメータを再上書きできます。

WP_Query

<?php $query = new WP_Query( array(
    'orderby' => 'ID',
    'order' => 'DESC',
) ) ?>

get_posts()

<?php $query = get_posts( array(
    'orderby' => 'title',
) ) ?>

注意: ‘get_posts()’ を使用してデフォルトの順序 (orderby = date、order = DESC) に上書きする場合にのみ、独自のカスタムパラメータ ‘orderby = default_date’ を使用する必要があります。

<?php $query = get_posts( array(
    'orderby' => 'default_date',
    'order' => 'DESC',
) ) ?>

メインクエリ

‘pre_get_posts’ アクションフックまたは ‘query_posts()’ を使用すると、パラメータを再上書きできます。

pre_get_posts

function my_filter( $query )
{
    if ( is_admin() || !$query->is_main_query() ) return;
    if ( is_home() ) {
        $query->set( 'orderby', 'date' );
        $query->set( 'order', 'DESC' );
        return;
    }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'my_filter' );

query_posts()

<?php query_posts( array(
    'orderby' => 'rand'
) ); ?>

最初のページの上に2ページ目の投稿を移動する方法.

「画面オプション」に移動し、「1ページあたりの項目数:」を変更します。

評価

2024年6月24日
これまで長く使ってきたが、WordPress 6.5.4では動かない。感謝して別れを告げるべきか…。
2021年4月13日
sehr einfach und effektiv. hab ich gesucht, jetzt gefunden – spontan glücklich.
137件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Intuitive Custom Post Order はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Intuitive Custom Post Order” は20ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Intuitive Custom Post Order” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.1.5

  • Security fixes. ( @timohubois )

3.1.4.1

  • fixed hicpo_add_capabilities: add capabilities only when role exists.

3.1.4

  • fixed current security issues. (Thank you @timohubois)
    Arbitrary Menu Order Update via CSRF.
    Subscriber+ Arbitrary Menu Order Update.

3.1.3

  • 重複した注文を修復する機能を追加。

3.1.2.1

  • このプラグインがテストされた WordPress のバージョンを更新。

3.1.2

  • ドラッグ & ドロップのソート中にレイアウトが崩壊するという問題を解決。

3.1.1

  • 廃止された関数 ‘secreen_icon()’ を削除。

3.1.0

  • サイトをサポートする。
  • アクティベーションの改善。

3.0.8

  • ‘get_posts()’ の場合でも、’order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリが推奨されます。
    注意: ‘get_posts()’ を使用してデフォルトの順序に再上書きする場合にのみ (orderby=date, order=DESC)、独自のカスタムパラメータ ‘orderby=default_date’ を使用する必要があります。

3.0.7

  • このプラグインは上記のtranslate.wordpress.org翻訳システムにインポートされます。完全に翻訳されたローカルの言語パックも、このプラグインで有効になります(100%)。

3.0.6

  • Support ‘next_post_link()’ and ‘previous_post_link(), etc.
    • Parameters( $in_same_term, $excluded_terms, $taxonomy ) works perfectly.

3.0.5

  • Fixed bug
    • Initialize of menu_order of pages.( orderby=menu_order, post_title, order=asc )

3.0.4

  • ‘order’ または ‘orderby’ パラメーターを使用するカスタム クエリが推奨されます。
    クエリのパラメータを優先するには、’WP_Query()’ または ‘query_posts()’ を使用する必要があります。
    除外された ‘get_posts()’。
  • Fixed bug
    • Decision of Enabling Sortable JavaScript.
    • ページの menu_order を初期化。( orderby=post_title, order=asc )

3.0.3

  • アクティベーションのパフォーマンス向上。
  • カスタムタクソノミーの初期化を追加します。
  • 更新方法のバグを修正。
  • 注文を上書きし、注文が改善されました。(@newashと@anriettec のおかげ)

3.0.1 & 3.0.2

  • バグの修正

3.0.0

  • カスタムタクソノミー順番をサポート。
    ( wp_list_categories, get_categories, the_terms, the_tags, get_terms, get_the_terms, get_the_term_list, the_category, wp_dropdown_categories, the_taxonomies)
  • 管理 UI で並べ替えを行います。
    並べ替え中に、ドラッグ & ドロップの並べ替え可能な Javascript は実行されません。
  • 非公開オブジェクトをサポート (show_ui = true、show_in_menu = true)
  • 日本語翻訳を追加。

2.1.0

  • バグ修正: ‘order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリが優先されます。
  • 引数の指定方法に依存しません ( パラメータ )。
    ( $args = ‘orderby=&order=’ または $args = array( ‘orderby’ => ”, ‘order’ => ” ) )
  • 2.0.7, 2.0.8, 2.0.9に存在した不具合が改善されました!
  • 2.0.6から2.1.0に更新してください。

2.0.9

  • 管理者のパフォーマンスの向上。
    致命的なパフォーマンスの問題が大幅に改善されました。
  • バグ修正: アタッチメントオブジェクトは壊れていません。
  • バグ修正: マルチサイトの警告表示が解決されました。
  • バグを修正: まず項目を有効にする場合、項目の ‘メニュー順序’ が壊れにくい。
  • ‘order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリが優先されます。

2.0.8

  • 管理者のパフォーマンスの向上。
    リフレッシュ方法 (すべてのメニュー順序を再構成する) は、アクティブなオブジェクトのリストページでのみ実行されます。

2.0.7

  • バグ修正: WordPress 3.8用
  • スウェーデン語の翻訳を追加する(by Thomas)

2.0.6

  • ver.2.0.5を修正。

2.0.5

  • ‘next_post_link()’ と ‘previous_post_link()’ をサポート (シングルからシングル)。

2.0.4

  • バグの修正

2.0.3

  • 直感的なCPO設定ページが[設定]メニューに移動しました。

2.0.2

  • バグの修正

2.0.0

  • ソートする対象を選択します。 (投稿、固定ページ、カスタム投稿)
  • 固定ページと階層型カスタム投稿をサポート。
  • ソート可能なアイテムのステータスは「公開」だけでなく、他のすべてのステータス(「保留」、「下書き」、「非公開」、「予約投稿」)です。
  • ページングでは、それはすべて正常にアクティブ化されています。だから、’screen-per-page’ はユーザーのようなものです。
  • カテゴリ (カテゴリ、タグ、タクソノミー) を並べ替えたリストでは、すべて標準で有効になります。
  • 子投稿と子固定ページをサポートします。アイテムを並べ替えると、そのアイテム間の親アイテムの関係が維持されます。

1.2.1

  • バグを修正しました

1.2.0

  • 視覚的にクリアされた並べ替え可能な UI。(カーソルの変更など)。
  • ソート可能なアイテムは垂直方向にのみドラッグできます。
  • クイック編集メニューが有効になりました。
  • 項目をドラッグするたびに、セルの幅が折りたたまれるわけではありません。

1.1.1

  • バグの修正

1.1.0

  • 1画面あたりのページ数は自動的に ‘999’に設定され、未設定よるトラブルを防ぎます。
  • ‘get_posts’ や ‘query_posts’ などで ‘order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリを除外します。

1.0.0

最初のリリース