このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

Intuitive Custom Post Order

説明

WordPress の設定メニューの「直感的なCPO」メニューからソート可能な項目を選択します。
直感的に、注文項目 (投稿、ページ、カスタム投稿タイプ、カスタム分類、サイト) をドラッグアンドドロップソート可能な JavaScript を使用して。
テーマのパラメータ (orderby = menu_order、order = ASC) を使用します。

自動変換されたパラメータ (順序と順序) を上書きすることもできます。
注意: ‘get_posts()’ を使用してデフォルトの順序に再上書きする場合にのみ (orderby = 日付、順序 = DESC )、独自のカスタムパラメータ ‘orderby = default_date’ を使用する必要があります。

このプラグインは GitHub に掲載されています。

スクリーンショット

  • 設定
  • 投稿の並べ替え
  • タクソノミーの並べ替え
  • (マルチサイト用) ネットワーク設定
  • (マルチサイト用) サイトを並べ替える

インストール

  1. /wp-content/plugins/ディレクトリに ‘intuitive-custom-post-order’フォルダーをアップロードします。
  2. 「プラグイン」メニューからプラグインを有効化します。
  3. WordPress の設定メニューの「直感的なCPO」メニューからソート可能な項目を選択します。

FAQ

‘orderby’ と ‘order’ のパラメータを上書きする方法

サブクエリ

‘WP_Query’ を使用すると、パラメータを再上書きできます。

WP_Query

<?php $query = new WP_Query( array(
    'orderby' => 'ID',
    'order' => 'DESC',
) ) ?>

get_posts()

<?php $query = get_posts( array(
    'orderby' => 'title',
) ) ?>

注意: ‘get_posts()’ を使用してデフォルトの順序 (orderby = date、order = DESC) に上書きする場合にのみ、独自のカスタムパラメータ ‘orderby = default_date’ を使用する必要があります。

<?php $query = get_posts( array(
    'orderby' => 'default_date',
    'order' => 'DESC',
) ) ?>

メインクエリ

‘pre_get_posts’ アクションフックまたは ‘query_posts()’ を使用すると、パラメータを再上書きできます。

pre_get_posts

function my_filter( $query )
{
    if ( is_admin() || !$query->is_main_query() ) return;
    if ( is_home() ) {
        $query->set( 'orderby', 'date' );
        $query->set( 'order', 'DESC' );
        return;
    }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'my_filter' );

query_posts()

<?php query_posts( array(
    'orderby' => 'rand'
) ); ?>

最初のページの上に2ページ目の投稿を移動する方法.

「画面オプション」に移動し、「1ページあたりの項目数:」を変更します。

評価

2021年4月13日
sehr einfach und effektiv. hab ich gesucht, jetzt gefunden - spontan glücklich.
2019年9月19日
Each time you update the order when you have thousands of posts it will literally destroy your disks IOPS. If you wondered why your AWS RDS was running out of IOPS, this plugin is the reason it is happening, it will update each and every posts menu_order meta, which if you have 15k posts is 15k queries to the DB. Having a news site and 2-3 authors posting new stories every 30min to an hour will equal 45 000 queries to your db, rapidly eating your IOPS and your site will fall over. if you are using a hosting provider and they keep pestering you to update and charge you more, this is the reason why. If you have a small site with few posts, this is fine. If you have a huge site, do not use this plugin or if you plan on having a huge site do not use this plugin until they fix the indexing.
2019年8月6日
I wanted to alphabetize job listings by job title. This plugin made the task quick and easy. It worked perfectly first try. Thank you to the author!
134件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Intuitive Custom Post Order はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Intuitive Custom Post Order” は18ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Intuitive Custom Post Order” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

3.1.3

  • 重複した注文を修復する機能を追加。

3.1.2.1

  • このプラグインがテストされた WordPress のバージョンを更新。

3.1.2

  • ドラッグ & ドロップのソート中にレイアウトが崩壊するという問題を解決。

3.1.1

  • 廃止された関数 ‘secreen_icon()’ を削除。

3.1.0

  • サイトをサポートする。
  • アクティベーションの改善。

3.0.8

  • ‘get_posts()’ の場合でも、’order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリが推奨されます。
    注意: ‘get_posts()’ を使用してデフォルトの順序に再上書きする場合にのみ (orderby=date, order=DESC)、独自のカスタムパラメータ ‘orderby=default_date’ を使用する必要があります。

3.0.7

  • このプラグインは上記のtranslate.wordpress.org翻訳システムにインポートされます。完全に翻訳されたローカルの言語パックも、このプラグインで有効になります(100%)。

3.0.6

  • ‘next_post_link()’ や ‘previous_post_link()’ などをサポート。
    • パラメータ ( $in_same_term、 $excluded_terms、$taxonomy ) は完全に機能します。

3.0.5

  • バグ修正
    • ページの menu_order を初期化。( orderby=menu_order, post_title, order=asc )

3.0.4

  • ‘order’ または ‘orderby’ パラメーターを使用するカスタム クエリが推奨されます。
    クエリのパラメータを優先するには、’WP_Query()’ または ‘query_posts()’ を使用する必要があります。
    除外された ‘get_posts()’。
  • バグ修正
    • 並べ替え可能な JavaScript を有効にする決定。
    • ページの menu_order を初期化。( orderby=post_title, order=asc )

3.0.3

  • アクティベーションのパフォーマンス向上。
  • カスタムタクソノミーの初期化を追加します。
  • 更新方法のバグを修正。
  • 注文を上書きし、注文が改善されました。(@newashと@anriettec のおかげ)

3.0.1 & 3.0.2

  • バグの修正

3.0.0

  • カスタムタクソノミー順番をサポート。
    ( wp_list_categories, get_categories, the_terms, the_tags, get_terms, get_the_terms, get_the_term_list, the_category, wp_dropdown_categories, the_taxonomies)
  • 管理 UI で並べ替えを行います。
    並べ替え中に、ドラッグ アンド ドロップの並べ替え可能な Javascript は実行されません。
  • 非公開オブジェクトをサポート (show_ui = true、show_in_menu = true)
  • 日本語翻訳を追加。

2.1.0

  • バグ修正: ‘order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリが優先されます。
  • 引数の指定方法に依存しません ( パラメータ )。
    ( $args = ‘orderby=&order=’ または $args = array( ‘orderby’ => ”, ‘order’ => ” ) )
  • 2.0.7, 2.0.8, 2.0.9に存在した不具合が改善されました!
  • 2.0.6から2.1.0に更新してください。

2.0.9

  • 管理者のパフォーマンスの向上。
    致命的なパフォーマンスの問題が大幅に改善されました。
  • バグ修正: アタッチメントオブジェクトは壊れていません。
  • バグ修正: マルチサイトの警告表示が解決されました。
  • バグを修正: まず項目を有効にする場合、項目の ‘メニュー順序’ が壊れにくい。
  • ‘order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリが優先されます。

2.0.8

  • 管理者のパフォーマンスの向上。
    リフレッシュ方法 (すべてのメニュー順序を再構成する) は、アクティブなオブジェクトのリストページでのみ実行されます。

2.0.7

  • バグ修正: WordPress 3.8用
  • スウェーデン語の翻訳を追加する(by Thomas)

2.0.6

  • ver.2.0.5を修正。

2.0.5

  • ‘next_post_link()’ と ‘previous_post_link()’ をサポート (シングルからシングル)。

2.0.4

  • バグの修正

2.0.3

  • 直感的なCPO設定ページが[設定]メニューに移動しました。

2.0.2

  • バグの修正

2.0.0

  • ソートする対象を選択します。 (投稿、固定ページ、カスタム投稿)
  • 固定ページと階層型カスタム投稿をサポート。
  • ソート可能なアイテムのステータスは「公開」だけでなく、他のすべてのステータス(「保留」、「下書き」、「非公開」、「予約投稿」)です。
  • ページングでは、それはすべて正常にアクティブ化されています。だから、’screen-per-page’ はユーザーのようなものです。
  • カテゴリ (カテゴリ、タグ、タクソノミー) を並べ替えたリストでは、すべて標準で有効になります。
  • 子投稿と子固定ページをサポートします。アイテムを並べ替えると、そのアイテム間の親アイテムの関係が維持されます。

1.2.1

  • バグを修正しました

1.2.0

  • 視覚的にクリアされた並べ替え可能な UI。(カーソルの変更など)。
  • ソート可能なアイテムは垂直方向にのみドラッグできます。
  • クイック編集メニューが有効になりました。
  • 項目をドラッグするたびに、セルの幅が折りたたまれるわけではありません。

1.1.1

  • バグの修正

1.1.0

  • 1画面あたりのページ数は自動的に ‘999’に設定され、未設定よるトラブルを防ぎます。
  • ‘get_posts’ や ‘query_posts’ などで ‘order’ または ‘orderby’ パラメータを使用するカスタムクエリを除外します。

1.0.0

最初のリリース