Shortcoder — Create Shortcodes for Anything

説明

Shortcoder プラグインは、HTML、JavaScript、およびその他のスニペットのカスタムショートコードを作成できます。作成したショートコードは投稿、固定ページで使用でき、スニペットとして置き換えられます。

✍ ショートコードを簡単に作成

  1. 作成するショートコードに名前をつけます
  2. 作成したいショートコードの HTML / JavaScript / CSS コードをペーストします。
  3. 保存します。
  4. これで、作成したショートコードを[sc name="my_shortcode"]として投稿や個別ページに挿入できます。
  5. 出来上がり ! 投稿で HTML / Javascript / CSS スニペットが使えるようになりました。

✨ 特徴

  • カスタムショートコード を簡単に作成し、ショートコードがサポートされているところならどこでも使用することができます。
  • HTMLJavascriptCSS のショートコードが作成できます。
  • ショートコードに カスタム変数 が挿入できます。
  • ショートコードに WordPress 変数 が挿入できます。
  • 複数のエディターに対応: コード、ビジュアル、テキストモード。
  • 作成したショートコードが不要な場合、グローバルで無効化できます。
  • ショートコードをモバイル端末やデスクトップで無効化できます。
  • 投稿エディターにショートコードを選択、挿入するボタンが追加されます。
  • Gutenberg サポート。

🎲 使用例

  1. Shortcoder 管理ページで “adsenseAd” という名前のショートコードを作成します。
  2. 表示されたボックスに AdSense コードを貼り付けて保存します。
  3. 投稿や個別ページで [scname = "adsenseAd"] を使用します。
  4. ジャジャーン !!! これでショートコードが広告コードに置き換えられ、投稿に表示されます。
  5. これで、広告コードを1か所で編集することができ、ショートコードが使用されているすべての場所でコードが更新されます。

同じように、頻繁に使用されるスニペットもショートコードを作成できます。

You can also add custom parameters (like %%id%%) inside the snippets, and change it’s value like [sc name="youtube" id="GrlRADfvjII"] when using them.

リンク

スクリーンショット

  • Shortcoder 管理ページ。
  • ショートコードの編集。
  • ショートコードを選択して挿入するためのポップアップ。
  • 投稿に挿入されたショートコード。
  • Gutenberg エディターの Shortcoder ブロック。
  • Shortcoder を投稿で確認。

ブロック

このプラグインは1個のブロックを提供します。

  • Shortcoder — Create Shortcodes for Anything

インストール

  1. zipファイルを解凍し、Shortcoderr フォルダーを /wp-content/plugins/ ディレクトリにアップロードします。
  2. WordPress メニューの プラグイン から有効化します。
  3. ナビゲーションメニューの “Shortcoder” リンクから管理ページを開きます。

FAQ

Please visit the plugin documentation page for complete list of FAQs.

ショートコード名に使える文字列は何ですか ?

使用できる文字列は、アルファベット、数字、ハイフンとアンダースコアです。

ショートコードがページビルダーで機能しません !

ショートコードが使用されているブロック / 場所 / エリアがショートコードを実行可能かどうかをページビルダープラグインで確認してください。 実行可能な場合、ショートコードは通常の WordPress ショートコードと同じように機能するはずです。

ショートコードが機能しません !

ショートコードの内容が期待通りに出力されない場合は、以下をご確認ください。

  • ショートコードの内容が出力されているかを確認してください。 ショートコードの内容が出力されていない場合は、ショートコードの設定をチェックして、ショートコードが出力される場所とタイミングを制限する設定が有効になっているかどうかを確認してください。 また、ショートコード名が正しく、ショートコードに重複する 名前 属性がないかどうかを確認します。
  • ショートコードが出力されても期待通りでない場合は、独立した環境でショートコードを試して、ショートコードが期待通りに正しく機能しているかどうかを確認してください。 テーマなどの外部要因である場合もあれば、使用されているショートコードと競合するプラグインがある場合もあります。
  • ショートコードAPIには既知の制限事項として、閉じられていないショートコードと閉じられたショートコードの組み合わせがある場合があります。 詳細については、このドキュメントを参照してください。

ショートコードに PHP を挿入できますか?

いいえ、現在、このプラグインがサポートしているショートコードは HTML、Javascript、CSS のみです。

評価

2020年10月1日
Very fast help when needed this does exactly what it says straight out of the box!
2020年8月20日
Just wanted to add, that everything works fine now. Thanks Aakash for your quick help. Best support I've ever had from any plugin provider.
184件のレビューをすべて表示

貢献者と開発者

Shortcoder — Create Shortcodes for Anything はオープンソースソフトウェアです。以下の人々がこのプラグインに貢献しています。

貢献者

“Shortcoder — Create Shortcodes for Anything” は7ロケールに翻訳されています。 翻訳者のみなさん、翻訳へのご協力ありがとうございます。

“Shortcoder — Create Shortcodes for Anything” をあなたの言語に翻訳しましょう。

開発に興味がありますか ?

コードを閲覧するか、SVN リポジトリをチェックするか、開発ログRSS で購読してみてください。

変更履歴

5.3.3

  • New: Support for post slug as the new shortcode parameter under WordPress information.
  • New: Codemirror has been updated to latest version.
  • Fix: Handle code editor loading issue when there is any collision.
  • Fix: Handle input fields which have empty id attribute.
  • Fix: Handle issue of $post object being undefined at some cases.
  • Fix: Renamed usages of __class__ to __CLASS__

5.3.2

  • New: In code editor, shortcodes will be highlighted and code editor font size is slightly bigger.

5.3.1

  • New: Code editor is now made the default editor.
  • Fix: Minor changes to admin UI.

5.3

  • New: Added support for underscores in custom parameters.
  • New: Getting ready for internationalization of the plugin.
  • Fix: Insert shortcode popup shows duplicate available parameters in case of same parameter with different case.

5.2.1

  • Fix: Custom parameters being not replaced in some scenarios.
  • Fix: Minor enhancement to insert custom parameter form.

5.2

  • New: Default values can now be provided to custom parameters.
  • Fix: Script tags, custom field placeholder and backslash being stripped after saving the shortcode sometimes.
  • Fix: Rel attribute being modified for links.
  • New: Added “Manage shortcodes” link to plugin list page for easy access after activation.

5.1

  • New: Import/Export link added to the shortcoder list page.
  • Fix: empty() was throwing error at some places for users using PHP 5.5 below as function return value was passed to it.
  • Fix: Shortcoder QTTags button was loading in frontends.
  • Fix: “Insert shortcode” popup was hidden behind in theme customizer page.
  • Fix: array_key_exists array but bool given warning.
  • Fix: Hide comments metabox in shortcode edit page as it was shown in certain conditions.

5.0.4

  • Fix: script and style tags stripped after 4.x upgrade. New migration will run in this version and shortcode content will now be fixed.

5.0.3

  • Fix: Shortcode content is not escaped when code editor is used. This is requirement because post_content behaves strangely when user has rich editing enabled.

5.0.2

  • Fix: Shortcodes inside shortcode content not getting executed.
  • Fix: Disable Gutenberg block for older not supported WordPress versions.

5.0.1

  • Fix: Code editor escaping HTML characters.
  • Fix: get_current_screen() undefined.
  • Fix: Code editor breaks if there is any other plugin which loads codemirror.
  • Fix: tools.php is not found.

5.0

  • New: Brand new version. Plugin rewritten from scratch.
  • New: Shortcoder block for the block editor.

4.4

  • New: Insert shortcode automatically adds “closing tag” if the shortcode has enclosed content parameter.
  • Fix: Codemirror has been updated to latest version.

4.3

  • New: Edit shortcode name after creating.
  • New: Post modified date parameter added.
  • Fix: Date parameters now display in site language.

4.2

  • Fix: Some plugins fail to fire onload JS event since it was overwritten by shortcoder.
  • Fix: Javascript in insert shortcode popup not working in IE 11.
  • Fix: Missing parenthesis while calling is_year.
  • Fix: Widgets page not loading insert shortcode popup.
  • Fix: Removed settings emoji icon from plugin actions list.
  • Fix: Load latest version 5.42.0 of codemirror.
  • Fix: Updated minimum required WordPress version.

4.1.9

  • Fix: Minor UI refinements for better experience.
  • Fix: Import error where some exported JSON files have 0 as EOF.

4.1.8

  • New: Insert custom fields in shortcode content.
  • Fix: Removed comments in shortcode output

4.1.7

  • New: Categorize, search and filter shortcodes using “tags”.
  • New: Last used shortcode editor will be saved along with shortcode.
  • New: Enclosed shortcode content can now be used as shortcode parameter.
  • New: Active line highlight has been enabled for code editor.
  • Fix: Codemirror has been updated to latest version.
  • Fix: Minor admin interface enhancements.

4.1.6

  • New: Date variables can noe be added into shortcode content.
  • Fix: Error “trying to get property of non-object” is handled.

4.1.5

  • New: Bloginfo variables can now be added into shortcode content.

4.1.4

  • New: Codemirror powered syntax highlighted shortcode content code editor (beta).

4.1.3

  • Fix: Shortcode names with not-allowed characters cannot be edited/deleted.
  • New: Shortcode imports made can now be fresh or overwritten.
  • New: Only users with manage_options capability will see “edit shortcode” option in insert window.
  • Fix: Import failure with UTF-8 characters.
  • Fix: Case sensitive search in admin pages.
  • Fix: Minor admin interface changes.

4.1.2

  • New: Search box for shortcodes in admin page.

4.1.1

  • Fix: HTTP 500 error because of syntax error in import module.

4.1

  • New: Import/export feature for shortcodes.
  • Fix: Visual editor is now disabled by default.
  • Fix: Added instructions in admin page.

4.0.3

  • New: Added feature to sort created shortcodes list.
  • Fix: HTML errors in admin page

4.0.2

  • Fix: Sometimes get_current_screen() was called early in some setups.

4.0.1

  • Fix: Servers with PHP version < 5.5 were facing HTTP 500 error because of misuse of PHP language construct in code.

4.0

  • New: Plugin rewritten from scratch.
  • New: Brand new administration page
  • New: Shortcode visibility settings, show/hide in desktop/mobile devices
  • New: Insert WordPress information into shortcode content.
  • Fix: Insert shortcode window is not loading.
  • Fix: Unable to delete the shortcodes

(Older change logs are removed from this list)