コメント

コメント機能を使うと、Web サイトの訪問者がお互いにディスカッションすることができます。有効にした固定ページと投稿では、WordPress がコンテンツのあとにテキストボックスを表示させてユーザーがコメントを送信できるようにします。1度コメントを承認すると、コンテンツの下に表示されます。ご希望に応じて、コメントの受け取り方をカスタマイズしたり表示方法を調整したりするためのオプションが WordPress には用意されています。

コメントを構成するもの コメントを構成するもの

サイトの設定次第では、コメントの見た目は多少異なって表示されます。基本的なコメントフォームには、

  • コメント
  • 名前
  • メールアドレス
  • ウェブサイト

が含まれます。

訪問者がコメントを送信すると、WordPress は設定に従ってコメントを保留して承認待ちにするか、すぐにコメントにします。

トップ ↑

ディスカッション設定 ディスカッション設定

投稿や固定ページでコメントを有効にする前に「設定 > ディスカッション」のオプションを確認しておくと、モデレーターとしての作業がより楽に行えます。「設定 > ディスカッション」には、WordPress がコメントをどう処理するかの選択肢のリストがあります。これらの設定を試すことで、スパムや関連性の低いコメントの量を減らすためのコメントを制限とサイト上でのユーザーの活動の奨励のバランスをとることができます。

通知 通知

  • 記事からリンクされているブログへの通知を試行: このオプションを使うと、リンクしたサイトに自動的に通知することができます。また、他のサイトからリンクされたことを、トラックバックやピンバックでユーザーに伝えることもできます。
  • 他のブログからのリンク通知を許可する(トラックバックとピンバック): これは先ほどのオプションと似ていますが、立場が逆になります。自分のサイトから他のサイトへの通知するのではなく、他のサイトから自分のサイトへの通知を許可することになります。このオプションを有効にすると、ピンバックとトラックバックはコメントと同じように管理されます。

トップ ↑

コメント投稿者のルール コメント投稿者のルール

  • 新しい投稿へのコメントを許可する: 今後の投稿すべてにコメントを有効化します。最も簡単にコメントスパムを避けるにはコメントを禁止します。コメントが不要なら、このオプションのチェックを外してデフォルトでコメントを禁止できます。
  • 名前とメールアドレスの入力を必須にする: 匿名のコメントを禁止します。(ただ、偽の名前やメールアドレスを入力できます。)
  • ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする: あなたのサイトに登録済みのユーザーだけがコメントを投稿できるようにします。
  • _____日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる: アクティブでなくなった投稿のコメントを閉じるのはスパムコメントを抑える良い方法です。このオプションはあなたのサイトにそれを自動的に行わせます。

トップ ↑

コメント表示 コメント表示

  • コメントを_____階層までのスレッド (入れ子) 形式にする: スレッド形式のコメントを有効にすると、ユーザーは各コメントへ返信できます。コメントへの返信はオリジナルのコメントの下に「入れ子」で表示されます。あなたのサイトが何レベルまでの返信を許すか(返信への返信)を、このオプションを変更することにより制限できます。
  • 1ページあたり____件のコメントを含む複数ページに分割し、____のページをデフォルトで表示する: このオプションはコメントのページ分け方法を変更します。ページ毎のコメント数と、最初と最後のどちらから表示するかをセットできます。
  • _____コメントを各ページのトップに表示する: 各ページに新しいコメントから順に表示するか、古い順にするかをセットします。

トップ ↑

コメント管理 コメント管理

  • 自分宛のメール通知 … コメントが投稿されたとき / コメントがモデレーションのために保留されたとき: 頻繁にサイトをチェックしない人は、この機能を使ってコメントを最新の状態に保つことができます。
  • コメントを手動で承認する: このオプションにチェックを入れないと、コメントが勝手にサイトに表示されてしまいます。これでは、スパムコメントが混入するだけでなく、投稿後すぐに記事やページに表示されてしまいます。このボックスにチェックを入れると、サイトのコメントを最大限にコントロールすることができます。
  • すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする: このオプションを使うと、承認しなければならないコメントの数を減らすことができます。ある投稿者のコメントを一つ承認すると、同じ投稿者のコメントは次から自動的に承認されます。

トップ ↑

コメントスパム コメントスパム

  • _____個以上のリンクを含んでいる場合は承認待ちにする: スパムコメントは、トラフィックを他のサイトへ誘導するために、ユーザーにリンクをクリックさせるよう設計されています。従って、多くのスパムコメントは複数のリンクを含みます。2個以上のリンクを含むコメントを承認待ちとするためにこのオプションをセットすると、より多くのスパムを捕らえる助けになります。
  • コメントモデレーション と コメントブラックリスト: この機能を使って、特定の単語が含まれていたり、特定のIPアドレスから投稿されたスパムを捕捉することができます。ブラックリストに登録されたコメントは削除されず、スパムフォルダに移動されます

トップ ↑

アバター アバター

「アバター」の設定では、コメントの横に表示される画像を制御します。Gravatars については、WordPress レッスン「How to Use Gravatars in WordPress」をご参照ください。

トップ ↑

コメントスパム コメントスパム

ウェブ上にはスパムが蔓延しているため、あなたが受け取るコメントの中にはスパムが含まれている可能性が高いでしょう。しかし、WordPress の開発者や管理者は、あなたのサイトにスパムコメントが表示されるのを防ぐための戦略をすでにいくつも開発しています。「設定 > ディスカッション」でさまざまなオプションを試すだけでなく、Akismet などの WordPress プラグインをインストールしたり、その他の変更を加えたりすることで、スパムコメントを抑制することができます。

トップ ↑

サイト上でコメントを有効にする サイト上でコメントを有効にする

ディスカッション設定からコメントを有効にできます。すべての投稿やページに有効にしなくても、特定の投稿やページだけで有効にする方法もあります。

トップ ↑

個別の投稿やページのコメントをオンにする 個別の投稿やページのコメントをオンにする

コメントを有効にしたい記事やページの編集画面に移動した後、パネル内の「ディスカッション」の設定ボックスを見つけて、「コメントを許可」にチェックを入れます。 (「ディスカッション」ボックスが表示されていない場合は、ブラウザウィンドウの右上にある3つの点が並んでいる「オプション」ボタン>「設定」>「パネル」>「文書設定」で、「ディスカッション」をオンにしてください。)

「公開」、「下書き保存」、「更新」のいずれかをクリックして変更内容を保存します。

トップ ↑

「投稿」または「ページ」画面からコメントをオンにする 「投稿」または「ページ」画面からコメントをオンにする

「投稿」または「ページ」の画面に移動します。ページまたは投稿の一覧で、設定を変更したいもののタイトルにカーソルを合わせます。タイトルの下にいくつかのリンクが表示されますので、「クイック編集」をクリックし、「コメントを許可」にチェックを入れます。「更新」をクリックすると、その投稿やページのコメントがオンになります。

トップ ↑

複数の投稿やページでのコメントをオンにする 複数の投稿やページでのコメントをオンにする

投稿されたコメントの管理「投稿」か「ページ」画面で、コメントを有効にしたい投稿やページの横にあるボックスにチェックを入れます。「一括操作」のドロップダウンボックスで「編集」を選択し、「適用」をクリックします。次に、「コメント」のドロップダウンボックスで「許可」を選択し、最後に「更新」をクリックします。

自分のサイトにコメントが寄せられるようになったら、ダッシュボードや管理バー、ナビゲーションメニューを見れば、コメントの状況をすぐに確認することができます。ログインすると、ダッシュボードの「アクティビティ」ボックスに、コメントのステータスが表示されます。コメントの上にカーソルを置くと、モデレーションのオプションが表示されます。「コメントのアクティビティ」では、コメントの承認、返信、編集、スパムとしてマーク、ゴミ箱に入れることができます。また、管理バーのコメント欄の横に数字が表示されていたり、左のナビゲーションの「コメント」に数字が表示されていたりします。この数字は、注意が必要な保留中のコメントの数を表しています。

トップ ↑

コメント画面でのコメント管理 コメント画面でのコメント管理

WordPress ではユーザーのコメントを簡単に管理することができます。「コメント」画面では、それぞれのコメントに関する基本的な情報が表示され、そのコメントをどう処理するかを決めることができます。

コメント画面は、「作成者」、「コメント」、「返信」の3つの列に分かれています。それぞれの列には、そのコメントに関する情報が異なるカテゴリーで表示されます。

  1. 投稿者の Gravatar
  2. 投稿者の名前
  3. 投稿者の Web サイト URL
  4. 投稿者のメールアドレス
  5. 投稿者の IP アドレス
  6. コメントのテキスト
  7. コメントのモデレーションオプション。
    ワンクリックでコメントを「承認」(承認済みの場合は「承認を解除」)、「スパム」、「ゴミ箱へ移動」に分けることができます。「返信」、「クイック編集」、「編集」では、新しい画面が開き、コメントへの返信を書いたり、コメントを編集することができます。
  8. コメント先の投稿名。
    クリックすると、投稿の編集ページに移動します。
  9. クリックすると、コメント先の投稿を表示できます。
  10. コメント先の投稿に対するコメント数、コメントを見るためのリンク
  11. コメントされた日時

コメントの一括編集 コメントの一括編集

「投稿」画面や「ページ」画面と同様に、コメント画面にも「一括編集」のドロップダウンボックスが用意されています。編集したいコメントを選択し、ドロップダウンから「承認しない」「承認する」「スパムとしてマークする」「ゴミ箱に移動する」のいずれかを選択して「適用」をクリックします。

トップ ↑

サポートリソース サポートリソース

この記事は役に立ちましたか ? どうすればさらに改善できますか ?