2020年版の WordPress ユーザー・開発者アンケートにご協力ください / 昨年版の結果を公開します

下は、Andrea Middleton が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Take the 2020 WordPress Annual Survey (and view the 2019 results)!」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


長年にわたって、WordPress ユーザーの皆さんにこのソフトウェアの利用経験や感じたことを共有していただくため、毎年アンケートにご協力いただいています。この調査から得られた興味深い結果は、毎年恒例の “State of the Word” 基調講演や WordPress ニュースで紹介しています。

この調査は、WordPress でサイトを構築している人たちにとって、WordPress がどのように、誰に使われているのかをより深く理解するのに役立ちます。また、WordPress オープンソースプロジェクトのリーダーがコントリビューター (オープンソースプロジェクト全般への貢献者) の経験をより深く知る一助にもなります。

2020年の調査結果にあなた自身の WordPress 利用体験を確実に反映させるために、アンケートにぜひご参加下さい。

このアンケートは英語フランス語ドイツ語ロシア語スペイン語でも回答可能です (訳注: 日本語で回答した場合は、他の言語では回答しないようにしてください)。アンケートは最低6週間受け付け、結果はこのブログでお知らせします。

2019年のアンケート結果

2019 WordPress.org アンケート結果のカバー画像

2019年の調査では、皆さんが WordPress を選択して使い続けている理由をよりよく理解するための新しい質問と、WordPress のコントリビューターに向けたセクションが含まれています。2019年に初めて、この調査はフランス語、ドイツ語、日本語、ロシア語、スペイン語という5言語に翻訳されました。

第1回目の WordPress コントリビューター調査は2015年に実施されましたが、その結果はまだ公表されていませんでした。本レポートでは、2015年と2019年の両方のコントリビューター調査の結果を掲載しています。

調査セグメント

調査対象となった主なグループは「WordPress プロフェッショナル」「WordPress ユーザー」「その他」です。

WordPress プロフェッショナル」グループは、サイトの設計や開発を行う企業に勤務している方、WordPress を使用してサイトやブログを構築している方、WordPress サイト用のテーマやプラグイン、その他のカスタムツールを設計・開発している方、WordPress を使用しているデザイナー、開発者、それ以外の Web 専門家の方を含みます。

この WordPress プロフェッショナルグループは、さらに WordPress 企業勤務者 (サイトのデザインや開発を行う会社に勤務する人) と WordPress フリーランサー/趣味利用者 (その他すべての職種) のサブグループに分かれています。

WordPress ユーザー」グループは、WordPress で構築したブログまたはサイトを所有や運営している方、そこで執筆や投稿をしている方、学校の先生として WordPress を利用している方、学生として学校で WordPress を利用している方、WordPress を利用したサイトの構築を学習中の方を含みます。

その他」グループは、「WordPress のご利用状況を最もよく表しているものは、次のうちどれですか ?」という質問の選択肢のどれにも当てはまらなかった方です。

2019 アンケート結果概要

調査対象者の間では、今後のプロジェクトのプラットフォームとしても WordPress が選ばれていることに変わりはありません。その理由としては、WordPress が圧倒的に人々にすでに知られている CMS であることと、それをサポートするコミュニティに価値があることが挙げられています。「プロフェッショナル」と「ユーザー」グループの回答者はどちらも似た度合いで、バージョン更新やブロックエディターに対する不満を報告しています。また、どちらのグループも WordPress の使いやすさを気に入っています。

クライアントへのカスタマイズ性の高い体験を提供するプロが大幅に増加したと見られる一方で、サイトの作成にかかる時間は減少したと報告されています。様々な機能への不満はともかく、使い勝手の良さが向上していることが伺えます。

利用者のセンチメント、利用状況、その他興味深いトピックの詳細は、レポートでご覧いただけます。

2020年版アンケートにご回答ください

WordPress を使う理由や使い方を知ることで、WordPress を構築している人が皆さんのニーズや好みを把握しておくことができるようになります。

すべてのデータは匿名化されており、公開結果にメールアドレスや IP アドレスが関連付けられることはありません。WordPress.org のプライバシーポリシーの詳細については、こちらのページをご覧ください。

昨年と同様に、2020年の調査は、WordPress.org 上のバナーや WordPress ユーザーの皆さんの力で広められる予定です。翻訳版のアンケートも今後、各言語の WordPress.org サイトのバナーで宣伝されます。WordPress を使っている友人やソーシャルメディアのフォロワーにもアンケートに参加するようにぜひすすめてください。

公平性とコミュニティの力

以下は、Josepha が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「Equity and the Power of Community」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


この一週間、ジョージ・フロイド (George Floyd)、ブレオナ・テイラー (Breonna Taylor)、アマド・オーブリー (Ahmaud Arbery) についてたくさん考えていました。白人至上主義、世界中で黒人女性や男性が立ち上がっている不当な仕打ち、そして私が知らない、見ていないすべての不平等について考えてきました。

WordPress のミッションはパブリッシングを民主化することであり、私にとって常にそれは、「自身を表現する自由」という以上の意味を持っています。パブリッシングの民主化とは、声なき人々に声を与え、不公平性に反対する人々の声を増幅させることを意味します。民主的なパブリッシングがなければ知り得なかったことを知ることを意味します。人種、富、権力、機会に関係なく、すべての声が耳を傾けられる可能性を与えられることを意味すると私は思います。WordPress は商業活動へのポータルであり、アイデンティティのキャンバスであり、変化のためのカタリストです。

オープンソースプロジェクトとしての WordPress には、不公平な司法制度を再構築したり、構造的な不平等を上書きしたりする力はないかもしれません。でもそれは、私たち WordPress コミュニティが無力であることを意味しているわけではありません。WordPress は白人至上主義を根絶することはできませんが、WordPress コミュニティは、代表者が少ない (= underrepresented) グループに対してリソースを投資し、公平に雇用することはできます。WordPress は偏見を根絶することはできませんが、WordPress コミュニティは、コミュニティ内の疎外された声のためにスペースを用意することができます。

闘わなければならない人種的、社会的、制度的な不公平はたくさんあります。時には、変化は不可能に思えるかもしれませんし、今までの動きがあまりにも遅いものだったことは確かです。しかし、WordPress コミュニティは世界を変えることができることを、私は心の中で知っています。

自分のコミュニティで変化をもたらす方法についてもっと知りたい方のために、皆さんと同じような WordPress コミュニティメンバーから集めたリソースをいくつかここに紹介します。

2019年版ユーザー・開発者アンケート

以下は、Andrea Middleton が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「2019 Annual Survey」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


毎年恒例のユーザー・開発者アンケートの時期となりました。WordPress をプライベートやお仕事でお使いの皆さんのフィードバックをいただければ幸いです。

アンケートの所要時間は10分未満で、WordPress をどのように使っているかをお伺いします。

今年は英語に加え、フランス語ドイツ語ロシア語スペイン語のアンケートもあります。翻訳に協力してくださったコミュニティボランティアの方々に感謝します (訳注: 日本語については @atachibana @shinyab さんがご協力くださいました。ありがとうございました)。

アンケート受付期間は4週間で、結果はこのブログで公開します。すべてのデータは匿名化され、メールアドレスや IP アドレスは公開する結果とは紐付けられません。WordPress.org のプライバシーポリシーはこちらでご覧いただけます。

5月27日、WordPress の15周年を祝いましょう

以下は、Andrea Middleton が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Celebrate the WordPress 15th Anniversary on May 27」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


2018年5月27日は、WordPress の最初のリリースから15年目の記念日です。お祝いするのがとても楽しみです !

パーティタイム !

お近くでパーティを計画し、世界中の WordPress ファンと共に15周年記念をお祝いしませんか。やり方は以下のとおりです。

  1. すでにあなたの町でイベントが企画されているかどうか、WordPress 15th アニバーサリーサイトで確認しましょう。もしあるなら、参加登録して知り合いも誘ってみましょう。
  2. まだないようなら、人が集まってワイワイやれる会場をどこか選びましょう。公園、居酒屋、誰かの家の庭など、どんな年代の人も歓迎される場所ならどこでもかまいません。
  3. イベントを Meetup.com に掲載し (下記訳注参照)、他の地域勉強会、IT 系・ブログ系グループ、プレスなどに告知して集客しましょう。
  4. 15周年記念スペシャル WordPress グッズをリクエストしましょう (注: 締切が4月27日までになっています。少量なら予備がある可能性もあるため、WordSlack #community チャンネルでお問い合わせください)。
  5. パーティの参加者に、#WP15 ハッシュタグを使って写真や動画などを投稿してもらいましょう。そして、世界中の人たちがシェアしているお祝いコンテンツをアニバーサリーサイトのソーシャルメディアストリームで見てしょう。

グローバルな WordPress のお祝いに参加するこのチャンスをお見逃しなく !

訳注: 上記のステップ3について、日本の場合ではこちらの Meetup.com アカウントに集約しています。開催予定の場合はこちらからご連絡ください。日本国内では現時点において、WordBench 男木島WordBench 東京WordBench 埼玉WordBench 羽田WordBench 長野WordBench岐阜、WordBench 三重、WordBench 大阪、WordBench 神戸、WordBench 福井、WordBench 長崎が記念イベントを開催予定です。

スペシャルグッズ

15周年記念に敬意を表して、スペシャルアイテムをグッズストアに追加しています。クーポンコード CELEBRATEWP15 を使えば、2018年末までこれらのアイテム (およびストア上のすべての商品) を15%オフで購入できます !

これから数週間の間に新しいグッズも追加していく予定です。

WordPress 15周年記念の T シャツ

シェアしよう

パーティ記念グッズWordPress があなたにとってどんな意味を持つのかについて投稿することなど、どんな形でお祝いするにしても、シェアする際には #WP15 ハッシュタグを必ずつけましょう。そして、WordPress 15周年記念投稿をチェックすることもお忘れなく。

インターネットの30%で使われているソフトウェアの特別な日は、きっとすばらしいものになるはずです。

2017年10月の WordPress イベント情報

2017年10月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では岐阜、埼玉、新潟、東京、京都、鹿児島、長崎、宮崎、新潟、富山、長野、群馬、愛知、岡山、兵庫で計18件のイベントが登録されています。

今月は三鷹(東京都)や川口(埼玉県)でも新しい勉強会がスタートしました。次回、ぜひご参加ください。

2017年10月1週目(終了)

2017年10月2週目(終了)

2017年10月3週目(一部終了)

2017年10月4週目

今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

「WordPress イベントとニュース」ダッシュボードウィジェット

WordPress 4.8で追加されたダッシュボードウィジェット「WordPress イベントとニュース」に都市名(都道府県名では一致しない場合があります)を入力しておくと、WordPress 管理画面にログインした際に近隣で開催されるイベント情報を受け取れます。

「WordPress イベントとニュース」ウィジェット

このウィジェットがダッシュボードに表示されない場合は、画面右上にある「表示オプション」から有効化できます。

ウィジェットでイベントをクリックすると meetup.com というサイトのイベント概要ページ()が表示されますが、現在こちらからは参加登録できません。必ずイベント参加登録ページへのリンクをクリックして、イベント自体の詳細ページから手続きを行ってください。

2017年7月の WordPress イベント情報

2017年7月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では愛知、北海道、長野、鹿児島、東京、兵庫、群馬、大阪、奈良で計12件のイベントが登録されています。

2017年7月開催の WordPress イベント

2017年7月2週目(終了)

7月8日(土)

2017年7月3週目

7月15日(土)

2017年7月4週目

7月22日(土)

2017年7月4週目

7月26日(水)

7月27日(木)

7月28日(金)

7月29日(土)

今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

「WordPress イベントとニュース」ダッシュボードウィジェット

WordPress 4.8より、新しいダッシュボードウィジェット「WordPress イベントとニュース」が追加されました。

「WordPress イベントとニュース」ダッシュボードウィジェット

鉛筆のアイコンをクリックして都市名を入力すると、近隣のイベント情報が表示されます(都道府県名ではなくて都市名を入力してください)。バージョン4.8以降にアップグレードしたサイトでこのウィジェットがダッシュボードに表示されない場合は、右上にある「表示オプション」から有効化できます。

ウィジェットでイベントをクリックすると meetup.com というサイトのイベント概要ページ()が表示されますが、現在こちらでは参加登録できませんので必ずリンクをクリックして詳細ページから手続きを行ってください。

Meetup.com イベントページ

2017年5月の WordPress イベント情報

2017年5月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では東京、鹿児島、福井、新潟、山口、長野で計11件のイベントが登録されています。

2017年5月1週目

5月7日(日)

2017年5月2週目

5月10日(水)

5月13日(土)

2017年5月3週目

5月18日(木)

5月20日(土)

2017年5月4週目

5月25日(木)

5月27日(土)


今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

2017年4月の WordPress イベント情報

2017年4月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では長野、東京、山口、愛知、鹿児島、新潟、埼玉、群馬、富山、兵庫、京都でのイベントが登録されています。


2017年4月1〜2週目

終了済みですが、WordBench長野・松本藩 WordPress もくもく勉強会 vol.15【初心者大歓迎!】WordPressもくもく勉強会 [秋葉原]WordBench山口 お花見だよ【WordBench Nagoya 4月度】クラウドでWordPressしてみようのイベントが開催されました。

お近くの方で、今後の開催情報を知りたいという場合は、リンク先のイベントサイトでグループ参加やフォローをしてみてください。

2017年4月3週目

4月12日

4月15日

4月16日

2017年4月4週目

4月20日

4月22日

4月25日

2017年4月5週目

4月26日

4月27日

4月29日


今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

2017年3月の WordPress イベント情報

今月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では愛媛、長崎、京都、東京、愛知、長野、福岡、群馬、鹿児島でのイベントが登録されています。


2017年3月1週目

終了済みですが、WordBench 富山・長岡合同勉強会WordBench 愛媛もくもく会長崎「ぺちぱな」WordBench 京都WordBench鹿児島 3月号のイベントが開催されました。

お近くの方で、今後の開催情報を知りたいという場合は、リンク先のイベントサイトでグループ参加やフォローをしてみてください。

2017年3月2週目

3月11日

2017年3月4週目

3月24日

3月25日

2017年3月5週目

3月30日


今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

第2回「世界 WordPress 翻訳の日」に参加しませんか

以下は、Petya が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「Join Us Again for Global WordPress Translation Day」を訳したものです。

国内でもオンラインイベント、オフラインイベント (東京大阪名古屋男木島)が開催される予定です。イベント開催または参加をご希望の方は、WordBench.org の記事で詳細をご覧ください。


WordPress ポリグロッツチームは、2回目となる世界 WordPress 翻訳の日 (Global WordPress Translation Day) を11月12日に開催予定です。誰でも、世界中のどこからでも参加できます。

翻訳は、WordPress に参加したり同プロジェクトに貢献したりするための最も簡単な方法のひとつです。世界 WordPress 翻訳の日は、WordPress 翻訳について学び、世界中の人達と出会い、WordPress を160以上の言語で翻訳する良い機会です。

11月12日、どこにいても参加できます

翻訳の日は11月12日 (土) の 0:00 UTC (協定世界時、日本時間で同日の午前9時) にスタートし、その後24時間続きます。お住まいの地域のタイムゾーンでいうと何時なのか、こちらで調べてみてください。オンラインでは最初から参加することもできますし、開催期間中の都合の良い時間だけ参加しても構いません。

何をするのですか ?

11月12日、WordPress プロジェクト、お気に入りのプラグインやテーマを翻訳するだけでもOKです。

世界各地で開かれるローカルなコントリビューターデイに行くのは、積極的に参加する良い方法です。近くで開催されているかどうかこちらの地図で確認してみてください。近所ではやっていないという場合は、ぜひイベント運営者として登録してみてください (訳注: 日本でのイベント開催をご希望の方は、前述の WordBench.org の記事もご覧ください)。数人集まってラップトップを開くだけでもローカルイベントとして十分です。

同時に、複数の言語で24時間ライブストリーミングされるリモートセッションもあります。ローカライゼーション、国際化、言語ごとの翻訳貢献方法などのトピックを予定しています。

どういった人向けのイベントですか ?

翻訳に参加するのが初めてでやり方を知りたい人、経験豊かな翻訳者であり、しっかりしたチームを作りたいという人、どんな方でもご参加いただけます。開発者の方でコードの国際化対応方法を知りたいとか、自分が作っているプラグインやテーマの翻訳者を募りたいという方にとっても役立つライブストリーミングセッションがあります。

英語しか話せなくても参加できますか ?

英語だけしか話せなくても、イギリス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどの異なるロケールもあります。 英語には世界中にたくさんの変化形があり、これらについて理解し、ユーザーにとってオプションを選択することがなぜ重要なのかをライブセッションで学ぶこともできます。

もし楽しみたければ WordPress を絵文字に訳してみませんか?そう、WordPress は絵文字にも翻訳されているんです 🌎🌍🌏

質問がある場合

Polyglots チームとイベント運営者が 英語版 Slack の #Polyglots チャンネルにいます。みんな、親切に助けてくれるはずです (訳注: 日本語版コミュニティの WordSlack #translate チャンネルもご利用ください) 。

イベントの公式サイトに登録して、参加を表明してみてください。