WordPress 6.6 ベータ 1

以下は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.6 Beta 1」の翻訳です。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.6ベータ1がリリースされました。ダウンロードして、テストをお願いします。

この WordPress ソフトウェアのベータ版は開発中です。このバージョンの WordPress を本番環境やミッションクリティカルなウェブサイトでインストール、実行、テストしないでください。深刻なエラーが生じる可能性があります。

代わりにローカルサイトやテスト環境に、以下の4つの方法のどれかでインストールしてください。

プラグインWordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する。設定では「最前線」チャンネルと「ベータ / RC のみ」ストリームをそれぞれ選択します。
直接ダウンロードベータ1バージョンの zip ファイルをダウンロードして WordPress ウェブサイトにインストールする。
コマンドライン次の WP-CLI コマンドを実行する。wp core update –version=6.6-beta1
WordPress Playground6.6 Beta 1 WordPress Playground インスタンスを使用する。ブラウザで直接ソフトウェアをテストできます。おそらく最も簡単な方法で、個別のサイトやセットアップは必要ありません。クリックするだけで起動します !

WordPress 6.6の最終リリース日は2024年7月16日を予定しています。今後6週間、ベータ版とRC版のテストにご協力いただくことは、最終リリースを安定した、パワフルで直感的なものにするために必要不可欠です。

あなたのテストが重要です !

のベータリリースの機能は、現在から最終版までの間に変更される可能性があります。あなたのようなテスターが発見し、報告した問題に対して、開発者はバグを修正し、使いにくい部分を改善します。

したがって経験の有無にかかわらず初期バージョンでのテストは、WordPress に貢献するかけがえのない方法です。

問題をみつけたら

問題に遭遇したと思ったときは、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

WordPress リリースのテスト全般について知りたければ、Make Core におけるテスト関連タスクをフォローし、Making WordPress Slack#core-test チャンネルに参加してください。

2018年の WordPress 5.0以降のすべてのバージョン同様、WordPress 6.6も最新の Gutenberg プラグインから新しい機能を統合しています。WordPress 6.5以降のGutenberg の更新については一連の What’s new in Gutenberg 投稿 ( 17.8, 17.9, 18.0, 18.1, 18.2, 18.3, 18.4。最終バージョンでは Gutenberg 18.5も含まれる予定です。ベータ2の告知ではそちらもリンクする予定です) を参照してください。

WordPress 6.6 ベータ 1にはエディターに関する約97件の拡張と101件のバグ修正、約206件の WordPress 6.5コアチケットが含まれます。

ベータ1期間中は脆弱性報告報奨金が2倍に

WordPress コミュニティは未発表のセキュリティ脆弱性の報告に対する報奨金をスポンサーしています。6月4日のベータ1から6月25日に予定されている最終のリリース候補版 (RC版) までの期間、この報奨金は2倍になります。報告は HackerOne のページならびにセキュリティ白書に記載のセキュリティプラクティスとポリシーに沿った責任ある情報公開手順に従って適切に行なってください。

WordPress 6.6の新機能

今年2回目のメジャーリリースは、磨き上げと技巧がテーマです。過去数回のリリースで登場した機能に、新たな柔軟性とスムーズな操作フロー、いくつかの新しい機能が追加されています。そして、もちろん、完全な新機能も加わっています。

データビューの更新

データビューは、フェーズ3の前準備の一環として、サイトエディターでの情報操作のエクスペリエンスを新しく改善しました。新しいレイアウトでは、パターンとテンプレートパーツが統合され、より少ないクリックで汎用の管理ビューにアクセスできるようになり、さまざまな改良が加えられました。

上書き可能な同期パターン

もしも同期パターンを挿入したすべての場所でパターンの見た目やスタイルを保持しながら、異なるコンテンツを持たせたければどうすればよいでしょう ?

例えば、レシピのパターンを作っているとします。理想的には、レシピが掲載されたすべての投稿で、レシピカードの全体デザインは一貫性を保ちたいところです。しかし一方で、レシピそのもの、たとえば材料、手順、注意すべきポイントは、レシピごとに異なるでしょう。

また将来、他の人がレシピパターンのデザインを変更したくなるかもしれません。このとき既存のレシピのコンテンツはそのまま保持したいはずです。

WordPress 6.6の同期パターンの上書きは、こうしたニーズに応えてくれます。

すべてのブロックを表示

これまでは、ブロックを選択した状態でブロックインサータを開くと、選択したブロックに追加可能なブロックだけが表示されていました。では、他のブロックはどこにいったのでしょう ?

WordPress 6.6では、ブロックを選択すると、2つのリストが表示されます。まず、選択したブロックに挿入可能なブロックのリスト。続いて、その他のすべてのブロックのリストが表示されます。このため、選択したブロックの中で何が使えるか、そして他のエリアでどんなブロックが使えるかが分かります。ここで2番目のリストからブロックを選択すると、WordPress 6.6は選択したブロックの下に追加して、次の構築フローへの下準備となります。

新しい公開フロー

WordPress 6.6では、投稿エディターとサイトエディターがこれまで以上に接近しました。投稿エディターで記事を書く場合でも、サイトエディターでページを書く場合でも、操作性はほとんど変わりません。

スタイルバリエーション

ブロックテーマにスタイルバリエーションが付属していれば、WordPress 6.6では、インストールや構成の手間を一切かけずに、デザインの選択肢を大きく広げられます。テーマがインストールしているバリエーションからカラーパレットとタイポグラフィのスタイルセットを取り出し、自由に組み合わせてクリエイティブな表現を広げられます。

セクションスタイル

あなたはテーマの作成者ですか ? インナーブロックを含む複数のブロックの個別セクションに、スタイルオプションを定義できます。

ユーザーはブロックスタイルのバリエーションをブロックのグループ全体に適用し、サイト全体でキュレーションできる、サイト独自のセクションを効果的に作成できます。

CSSの詳細度に関する注意

バリエーションがグローバルスタイルのCSSを上書きしやすくするために、これらのスタイルは :root でラップされます。このため詳細度が制限されます。完全な議論については GitHub を参照してください

ネイティブのグリッドレイアウト

グリッドはグループブロックの新しいバリエーションで、ブロック内のブロックをグリッドとして並べられます。今までプラグインを使用していた人も、これでネイティブにグリッドを作成できます。

クラシックテーマ内での改良されたパターン管理

驚きましたか ? クラシックテーマでも、ブロックテーマで可能なすべてをパターンで行えます。利用可能なすべてのパターンを単一ビューで表示し、その場でパターンを挿入できます。

ネガティブマージン

ネガティブマージンがサポートされました。マイナスのマージン値を設定することで、デザインの中でオブジェクトをオーバーラップできます。安全のため、マイナスのマージンを設定するには、スライダーを使用するのではなく、実際に負の数値を入力する必要があります。これは、意図しない負の値の追加を防止するためです。

自動更新のロールバック

これで、すべてのプラグインを自動アップデートに設定できる利便性と、何か問題が発生しても WordPress 6.6がロールバックしてくれるという安心感の両方が手に入ります。自動的に。

この記事は、2024年6月4日現在の最新の変更点を反映したものです。

繰り返しになりますが、この最初のベータ版の機能は、あなたのようなテスターの発見に基づいて変更される可能性があります。

6.6のリリースサイクルの概要と、今後数週間の Make WordPress Core ブログ6.6関連記事をチェックして、追加の詳細情報を確認してください。

あなたのためにベータ 1で一句

Negative margins
Embellish all the new ways
To design and build

ネガティブマージン
新しい方法ですべてを飾る
デザインとビルドのため

この投稿のレビューとコラボレーションに対して感謝します。@meher, @audrasjb, @fabiankaegy, @colorful-tones, @dansoschin, @desrosj, @atachibana, @ehtis, @adamsilverstein, @joedolson, and @webcommsat

State of the Word 2023 日本語吹き替え動画

State of the Word は、WordPressプロジェクトの共同創設者である Matt Mullenweg が毎年行う基調講演で、オープンソースプロジェクトの発展を祝い、その未来を垣間見ることができます。

AI 吹き替え付きの日本語版動画

2023年のイベントは、WordPressのYouTubeチャンネルを通じてライブストリーミングされ、今年2月にはスペイン語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、日本語の 5言語に翻訳されました。翻訳にはコミュニティレビューとともに、各言語の吹き替えが AI によって生成されました。

本編と質疑応答ともにYouTube にて公開されていますので、ぜひご覧ください。

また、動画と合わせて振り返り記事もご覧ください。

State of the Word 2023 の総括

https://ja.wordpress.org/2023/12/12/state-of-the-word-2023-recap/

2024年の State of the Word について

先日の WordCamp Asia で、State of the Word 2024年の開催都市が東京になることが発表されました。

このイベントはプロジェクトリーダーが基調講演を行う年次行事で、昨年初めてアメリカ国外で開催されました。スペインのマドリードに次いで、WordPress コミュニティやプロジェクトにとっての重要な都市として東京が選ばれました。

日本での開催となり、現地での参加に関心をお持ちいただいてる方も多いと思います。2024年も昨年に続いて招待制のイベントとなり、Five for the Future などを通じてプロジェクトに貢献している個人や企業などへ招待が送られる予定です。

ライブストリーミングは無料で公開されますので、例年は時差等の関係で見逃してしまった方も今年はぜひリアルタイムでご覧ください。

お楽しみに!

WordPress 6.5「レジーナ」

以下は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.5 “Regina”」の翻訳です。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.5 "Regina"

WordPress 6.5「レジーナ」をご紹介します。この名前はダイナミックな多才で知られるジャズ・ヴァイオリニスト、レジーナ・カーター (Regina Carter) にインスパイアされています。数々の受賞歴を誇るアーティストであり、著名なジャズ教育者でもあるレジーナはジャンルを超えた活動で知られ、クラシック音楽の技術的基礎とジャズへの深い理解により、ヴァイオリン演奏の限界を大胆に超えていきます。 

レジーナのジャンルを超えるサウンドの素晴らしいツイストと繊細な旋律に驚嘆しつつ、WordPress 6.5のすべてを探求していきましょう。

WordPress の最新バージョンでは細部に注力しています。新しく提供する改良された方法により、サイト構築体験は拡張、きめ細かく調整され、自分の希望どおりにサイトをコントロールできます。新しいサイトのタイポグラフィ管理、より多くの場所で使える包括的なリビジョン、サイトエディターの数々の更新、そして感動的なパフォーマンスの向上により、これまで以上にスムーズに、高速に操作できます。

「Regina」ではまた、いくつかの画期的な開発者ツールも導入します。魅力的な体験創造のため、ブロックの使用や拡張における変革が始まります。Interactivity API はクリエイティブなフロントエンドの可能性を広げ、Block Bindings API はブロックとデータ間をシームレスに、動的に接続します。これらの API を含む開発者向けの改良と更新により WordPress での構築は進化します。

WordPress 6.5の新機能

サイト全体へのフォントの追加と管理

新しいフォントライブラリを使用すると、サイトデザインに必要不可欠な部品「タイポグラフィ」を、コーディングや追加の手順なしにコントロールできます。任意のブロックテーマでサイト全体にローカルフォントや Google フォントを簡単にインストール、削除、有効化できます。カスタムタイポグラフィコレクションを追加して、サイト制作者や公開者がコンテンツをスタイリングする際の選択肢を広げます。

リビジョンからもっと情報を。テンプレートやテンプレートパーツのリビジョンも追加

クリエイティブなプロジェクトにおいて、どの作業が完了し、どの作業をどこまで戻せるか、より包括的に把握できます。タイムスタンプ、クイックサマリー、全リビジョンのページ付きリストなど、リビジョンの詳細情報を得られ、またスタイルブックからリビジョンを表示して、変更が各ブロックにどのように影響するかを確認できます。リビジョンは、テンプレートとテンプレートパーツでも利用できるようになりました。

拡張された背景と影のツール

  • グループブロックの背景画像のサイズ、繰り返し、フォーカルポイントオプションをコントロールし、繊細な方法や派手な方法でレイアウトに視覚的な面白みを添えられます。
  • カバーブロック画像のアスペクト比を設定し、選択した画像から自動的に色を取得するカラーオーバーレイを簡単に追加できます。
  • さらに多くのブロックでボックスシャドウがサポートされ、視覚的に奥行きのあるレイアウトを作成したり、デザインにちょっとした個性を加えられます。

新しいデータビューの発見

サイトのあらゆる部品には情報とデータのライブラリが付属し、必要なものをすばやく見つけ、自由に整理できます。ページ、テンプレート、パターン、テンプレートパーツのデータビューでは、データをテーブルまたはグリッドビューで表示でき、フィールドの切り替えや一括変更も可能です。

スムーズなドラッグ & ドロップ

ドラッグによる項目の移動にも変化があります。視覚的な調整により、リストビューで項目をドラッグすると他の項目が動きに合わせて移動します。またワークスペースの先頭から最後まで任意の場所で、自由にドラッグできます。

リンクコントロールの改良

合理化された UI やリンクをコピーするショートカットなど、より直感的なリンク構築体験が提供され、簡単にリンクを作成、管理できます。

WordPress 6.5の開発者向け新機能

Interactivity API によるブロックへのインタラクションの導入

Interactivity API は、ブロックにインタラクティブなフロントエンド体験をもたらす標準の方法を開発者に提供します。最適なパフォーマンスを維持しながら、外部ツールへの依存を減らし、プロセスを簡素化します。検索結果を即座に取得したり、訪問者がリアルタイムでコンテンツと対話できるようにするなど、記憶に残るユーザー体験を作成できます。

ブロックとカスタムフィールドやその他の動的コンテンツとの接続

コアブロックの属性とカスタムフィールドをリンクし、カスタムブロックを作成せずにカスタムフィールドの値を使用できます。Block Bindings API により、開発者はこの機能を拡張し、ブロックをカスタムフィールドだけでなく、任意の動的コンテンツと接続できます。データが別の場所に保存されていても、新しいソースとブロックを簡単に、わずか数行のコードで関連付けできます。

クラシックテーマへの外観ツールの追加

クラシックテーマを使用しているデザイナーやクリエイターも、アップグレードされたデザイン体験を得られます。スペース、ボーダー、タイポグラフィ、色のオプションが theme.json なしでサポートされます。いったんサポートを有効化すると、以後、利用可能になったオプションは自動で追加されます。

プラグイン体験の向上

プラグインの依存関係をより簡単に管理できるようになりました。プラグインの作者は新しい Requires Plugins ヘッダーに必要なプラグインのスラッグをカンマ区切りでリストし、ユーザーに対してインストールと有効化が必要なプラグインのリンクを提示できます。

さらなら高速化 – パフォーマンスの更新

このリリースには110以上のパフォーマンスアップデートが含まれ、投稿エディターとサイトエディター全体のスピードと効率が飛躍的に向上しました。読み込みは WordPress 6.4より2倍以上速く、入力処理速度は5倍速くなりました。

 このリリースでは Performant Translations により、翻訳サイトのロード時間が最大25%改善されました。その他のパフォーマンスのハイライトとして、AVIF イメージのサポートと、コールバックによるブロックバリエーションの登録の改善があります。

インクルージョンの伝統

このリリースではプラットフォーム全体で65以上のアクセシビリティの改善が含まれ、これまで以上にアクセシビリティが向上しています。たとえばスクリーンリーダーやキーボードで操作するユーザーも管理画面のサブメニューにアクセスできるようになる重要な修正や、管理画面のフォーカス状態における色のコントラスト、要素の位置、カーソルのフォーカスなど、すべての人々の WordPress 体験を向上する修正が追加されています。

WordPress 6.5についてさらに学ぶ

新しい WordPress 6.5のページをチェックしてください。今回のリリースで拡張された数々の機能についての詳細を確認できます。ハイライト機能のいくつかについては短いデモもあります。

Learn WordPress にあるハウツー型のショート動画、オンラインワークショップ、その他の無料リソースを利用して、WordPress の知識とスキルをレベルアップしましょう。

WordPress 6.5フィールドガイドには WordPress での構築を支援し、今回のリリースを最大限に活用する詳細な技術情報や開発者向けノートがあります。開発者ブログの購読もお忘れなく。開発者向け最新情報、機能のチュートリアル、その他、開発者観点で役立つ WordPress コンテンツを入手できます。

インストール、ファイルの変更、修正、その他のアップデートについての詳細は、6.5リリースノートを参照してください。

WordPress 6.5リリースチーム

すべてのリリースには多くの可動パーツがあり、それぞれに勝利と挑戦があります。タスクを軌道に乗せ、円滑に進めるには、熱心なコントリビューターから構成された献身的なチームが必要です。WordPress 6.5の実現は、常にアイデアを支持し、障害を取り除き、問題を解決する、枠を超えたコントリビューターグループによる成果です。

コントリビューターのみなさん、ありがとう

WordPress はパブリッシングの民主化とオープンソースに付属する自由を信じています。この考えを支えているのは、ソフトウェアの強化に協力しているグローバルで多様な人々のコミュニティです。

WordPress 6.5には、少なくとも57カ国、約700人のコントリビューターの数え切れないほどの努力と情熱が反映されています。またその中には、150人以上の初めてのコントリビューターが含まれています !

全員の協力により、2,500件以上の機能強化や修正が行われ、すべての人々に安定したリリースを提供することができました。これは WordPress オープンソースコミュニティの力と可能性の証です。

70以上の地域で、WordPress 6.5の文字列の90%以上がその地域の言語に翻訳されています。コミュニティの翻訳者たちは、より多くの翻訳ができるように努力しています。WordPress を200の言語で利用できるようにした皆様に感謝します。

そして最後になりましたが、サポートフォーラムにおいて世界中の WordPress ユーザーからの質問に答えているボランティアの方々に感謝します。

参加と貢献

WordPressへの参加はコードに限りません。貢献してみたいとお思いであれば、簡単に詳細を調べ、参加することができます。Make WordPress に集まっているチームを参照し、このインタラクティブなツールを使用して自分に合ったチームを選んでください。

もう一句

6.5 is here!
Play, interact, build better,
Stronger and faster.

6.5がやってきた !
実行も、対話も、構築も、
より良く、より強く、より速く。

この翻訳では以下の方にご協力いただきました。ありがとうございます。
@nukaga

Twenty Twenty-Four の紹介

以下は WordPress.org 公式ブログの記事「Introducing Twenty Twenty-Four」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


ウェブサイトをデザインしようという話になると皆さん痛感することでしょうが、誰にもフィットするフリーサイズなんてものはこの世には存在しません。意欲に溢れるアントレプレナー、情熱的なフォトグラファー、多作なライター、あなたの属性が何であれ、WordPress ユーザーのそれぞれに固有のニーズとゴールがあるのだということを私たちは理解しています。そんなわけで、史上最高レベルの多目的デフォルトテーマ Twenty Twenty-FourWordPress 6.4 に同梱しあなたに届けられることに興奮を抑えられない気分です。

あらゆるスタイルに向けたテーマ

過去のデフォルトテーマでは特定のトピックやスタイルに焦点を当てた設計が採用されてきました。Twenty Twenty-Four はその伝統から脱却し、ウェブサイトの種類を問わずどのようなサイトにも適用できるよう考えられた設計が行われています。このテーマでは3通りの異なるユースケースについて掘り下げられています。まずアントレプレナーとスモールビジネス向け、次にフォトグラファーとアーティスト向け、最後にライターとブロガー向けのユースケースです。Twenty Twenty-Four の持つ多面的な特質と適応性により、どのようなプロジェクトにも完璧にフィットすることが期待できます。

Twenty Twenty-Four が備えるテンプレートとパターン群について詳しく知ることで、いかにサイトエディター機能がシームレスにサイト構築を変革するかを実感できるでしょう。

どのステップにもパターンを

Twenty Twenty-Four ならアバウトページ、作品ショーケース、出欠確認ページ、心をつかむランディングページ等々に幅広く対応。用意された35種類以上もの美しいパターンのコレクションから選択し、あなたのニーズに合わせましょう。

このテーマではトップページ、アーカイブページ、検索ページ、投稿個別ページ、投稿一覧ページ等、テンプレート向けの全ページパターンを初めて採用しています。その一部はテンプレート切り替えと作成の過程においてのみ利用できるようになっており、必要な場面で適切なオプションが提示されます。

加えて、FAQ、顧客からの評価、価格表など、ページセクションのための様々なパターンを活用してサイトの要件を満たすことが可能になります。

この多彩なパターンライブラリにより、Twenty Twenty-Four はページをスクラッチから始めることなく迅速に構成することを可能にする柔軟なキャンバスを提供します。時間とエネルギーの浪費を減らし、創造的活動に集中しましょう !

Screenshots of Twenty Twenty-Four patterns.

サイト編集を最良の形で

WordPress の最新のサイト編集機能を集約する Twenty Twenty-Four はブロックテーマの新時代を先導します。グループブロックの背景画像のサポートや縦書きテキストなど、読者の心をつかむインタラクティブなコンテンツを作成する直感的で効率的な方法を提供する新しいデザインツールを試しましょう。

画像プレースホルダーとあらかじめ定義されたパターン内の縦横比設定により、スペースにぴったり収まる画像の挿入が可能になります。さらに一歩進んで、ライトボックスの有効化により双方向的なビジュアル表現を実現します。ギャラリーや画像作品集に理想的なこの機能は、画像の拡大表示やフルスクリーンモード表示をビジター側の操作で行うことを可能にします。サイト上のすべての画像に適用することも、また特定の画像に限定して適用することも可能です。

クエリーループブロック内で「強制ページリロード」設定を無効化することにより、サイトのブラウジング体験をよりスムーズなものにできます。これにより、異なるページ間での切り替えが生じる際に、全ページの再読み込みを必要とせず、必要なコンテンツが動的に読み込まれるようになります。

意義ある優美さ

Twenty Twenty-Four は多用途であるだけでなく、現代的なデザイントレンドから着想を得た審美性をも兼ね備え、ウェブサイトを艶つけたモダンな見た目ばします。デザインの鍵となるのは以下に挙げる要素です:

  • ヘッドラインでの Cardo フォントの使用: Cardo フォントはサイトに優美さを与え、洗練されたビジュアル体験を形づくります。
  • 段落でのサンセリフ体システムフォントの使用: サンセリフ体のフォントはテキストをくっきりと見やすくさせ、全体的な可読性を向上します。
  • 8種類のスタイルバリエーション: デフォルト状態の Twenty Twenty-Four では感じが良く清潔感のある明るめのカラーパレットが採用されていますが、さらに7種類のスタイルバリエーションが用意されていてカスタマイズが可能になっています。それぞれのスタイルごとにフォントと色合いが慎重に設定されており、パターンとテンプレートと美しく調和します。
  • サンセリフ体のバリエーション: デフォルトのスタイルの他に2種類のサンセリフ体のバリエーションを用意しています。サイトで利用できるタイポグラフィーに選択肢を提供します。

デザインだけでなく、Twenty Twenty-Four はパフォーマンスにも細心の注意を払って最適化しています。これにより単に見栄えが良いウェブサイトではなく速くて効率的なユーザー体験を届けるウェブサイトを実現します。

さらに詳しい情報は以下のリンクを参照してください:

Twenty Twenty-Four テーマは Beatriz Fialho により設計され、120名超の貢献者の情熱と不断の取り組みにより実現されました。

WordPress 6.4.1 メンテナンスリリース

以下は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.4.1 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.4.1 が公開されました !

このマイナーリリースは4件のバグ修正を実施するものです。このリリースで行われるメンテナンス更新の概要についてはリリース候補版のお知らせを参照するか Trac のチケット一覧をご覧ください。

WordPress 6.4.1 はショートサイクルリリースです。自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは更新プロセスが自動的に始まるでしょう。自動更新に対応していないサイトでもダッシュボードからの更新が可能です。

WordPress 6.4.1 は WordPress.org からダウンロードできます。または、WordPress ダッシュボードに移動して、「更新」をクリック、次いで「今すぐ更新」をクリックします。

本リリースについてのより詳細な情報は HelpHub サイトでご確認ください。

WordPress コントリビューターの皆さんに感謝

本リリースは Aaron JorbinTonya Mork の主導で実施されました。RC と 6.4.1 のテストに参加し報告を提出してくださった皆さんに感謝をお伝えします。

(訳註: WordPress 6.4.1 の貢献者一覧については日本語訳から割愛します。ぜひ原文記事をご覧ください。)

貢献するには

WordPress コアの開発に参画するには、Trac にアクセスしチケットを選択、そして #core チャンネルの会話に参加することです。手助けが必要ですか ? Core Contributor Handbook をご確認ください。

WordPress 6.4「シャーリー」

以下は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.4 “Shirley”」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


Record cover with an image of Shirley Horn, a record sliding down the right side, and the words Shirley WordPress 6.4.

WordPress 6.4「シャーリー」をご紹介します。伝説的ジャズアーティスト、シャーリー・ホーンにちなんで名付けられました。その独特な歌声と非凡なピアノ演奏は、同時代の代表的ジャズミュージシャンとしての確たる評価を彼女に与えました。ワシントン D.C. のジャズシーンから始まり国際的なステージへと至るホーンの旅路は、彼女の献身とたゆまぬ努力の証左と言えるでしょう。その影響はトラディショナルなジャズの領域に止まらず、境界を打ち破り世界中のオーディエンスに刺激を与えてきたのです。

シャーリー・ホーンの名曲の数々をお楽しみいただきながら、6.4 が取り入れるすべての項目について学びましょう。

この WordPress の最新版は新しい、そして多用途のデフォルトテーマと一連のアップグレードを導入し、あなたの創造性のあらゆるステップに命を吹き込みます。またさらなる執筆体験の向上によりシームレスなコンテンツ制作が可能になります。強化されたツール群はビジョンを形にし効率的なサイト編集を実現するための新たな可能性を提供します。「シャーリー」のもたらす新機軸は WordPress 初心者と経験豊富なクリエイターの双方にとって有益なものになるはずです。ブロックによる比類ない柔軟性を体験し、アイデアを飛翔させましょう。

WordPress 6.4 の新機能と機能強化の多くは「小さいけれど強力な」のカテゴリーに分類されるものでしょう。Twenty Twenty-Four テーマの適応的美しさを含むこれらの更新は、これまで必要だった時間と労力を縮小し、コンテンツクリエイターとサイト開発者の双方に等しく価値をもたらします。皆が待ち望んだ苦労の要らない WordPress 体験の到来です。

Josepha Haden Chomphosy、WordPress 最高責任者

WordPress 6.4 の概要

こんにちは Twenty Twenty-Four

Twenty Twenty-Four で最高水準のサイト編集を体験してください。この新しく多角的なデフォルトテーマは、執筆者、アーティスト、そしてアントレプレナーという3つの異なるユースケースを意識して作り上げられました。35点以上ものテンプレートとパターンからなる広範なコレクションを利用して時間と労力を抑えましょう。そしてクリエイティブな可能性の世界をわずかなカスタマイズで解き放ちましょう。優れた柔軟性を備えた Twenty Twenty-Four はどのようなサイトにも理想的にフィットします。こちらのデモで確認してください。

Cropped screenshots of the Twenty Twenty-Four theme, showing its diverse use cases for photographers, bloggers, and small businesses.

流れるような執筆体験

新しい機能強化により、コンテンツ作成の旅がスムーズになりました。リストビューの新しいキーボードショートカット、洗練されたリストマージ、リンク設定の拡張されたコントロールをご覧ください。ナビゲーション、リスト、引用ブロックの凝縮されたツールバー体験では、必要なツールオプションで効率的に作業できます。

Screenshot of a Quote block showing its improved toolbar and the text "Études has saved us thousands of hours of work and has unlock insights we never thought possible."

さらに良くなったコマンドパレット

WordPress 6.3 で最初に導入されたコマンドパレットは、探しものを見つけ、効率的にタスクを実行し、構築ワークフローをスピードアップする強力なツールです。6.4 で刷新されたデザインと新たなコマンドを利用してブロック固有のアクションを実行しましょう。

Screenshot of the refreshed UI of the Command Palette. It displays a search bar with the words "Search for commands" and a variety of shortcuts listed below, including "Add new page," "Preview in a new tab," and "Patterns."

パターンのカテゴリー分けと絞り込み

パターンの利用により、ブロックの可能性が引き出され、サイト構築プロセスを簡略化できます。WordPress 6.4 ではパターンをカスタムのカテゴリーによって整理できるようになります。さらにインサーターのパターンセクションで高度なフィルタリングを使うことで、より直感的なパターン検索が可能になります。

Screenshot of the Site Editor's patterns view which shows a list of patterns with custom categories, such as "About," "Banners," and "Call to Action," patterns.

より多くのデザインツールでクリエイティブに

拡張されたデザインツールで美しく機能的なレイアウトを実現しましょう。グループブロックの背景画像を指定してデザインに個性を与えましょう。プレースホルダーの縦横比を指定して画像寸法の一貫性を保ちましょう。ナビゲーションブロックのボタンもコーディング不要で簡単に追加できます。

Decorative image with text "Background images in Group blocks."

画像を映えさせる

ライトボックス機能を有効化して、インタラクティブなフルスクリーン画像をクリックひとつで楽しめるようにしましょう。全体または特定の画像に適用して表示体験をカスタマイズできます。

Decorative photo of a triangular building structure with a "click to expand" icon on the right top corner.

グループブロック名の変更

グループブロックにカスタム名を設定してコンテンツの領域を整理し、区別しやすくしましょう。グループ名はリストビューで表示されます。

Screenshot of the List View tool. It shows a Group block renamed as "Hero Area" with inner Group blocks also with custom names, such as "Content," "Images," and "Call to action."

リストビューの画像プレビュー

リストビューにおけるギャラリーブロックとイメージブロックのための新しいプレビューが導入されます。リスト項目の視認性を高め、画像がコンテンツのどの位置にあるか一目で確認できるようになります。

Screenshot of the List View tool, showing the new image previews for the Image and Gallery blocks.

サイト間でのパターンの共有

カスタムパターンを他のサイトでも利用できるようになります。サイトエディターのパターンビューから、カスタムパターンを JSON ファイルの形式でインポート、エクスポートしましょう。

Screenshot showing the "Import pattern from JSON files" option from the Site Editor's patterns view.

ブロックフックの導入

ブロックフックにより開発者が指定した位置に自動で動的ブロックを挿入できるようになり、プラグインを介したブロックテーマの拡張が可能になります。この機能自体は開発者が利用するものですが、ユーザーの希望する設定を尊重し、必要に応じた自動挿入ブロックの追加、削除、そしてカスタマイズの完全な制御の実現を目的としています。

Cropped screenshot showing a mini shopping cart (in a red dotted circle) inserted into a navigation menu by Block Hooks.

パフォーマンス

より高速で効率的なユーザー体験を実現するための100件以上のパフォーマンス関連更新が行われています。Twenty Twenty-Four を含むテーマにおけるテンプレート読み込みパフォーマンス、コア、ブロック、テーマにおけるスクリプト読み込みストラテジー「defer」と「async」の使用、オートロードオプションの最適化に特に重点を置いています。

アクセシビリティ

WordPress はそのすべてのリリースにおいて、誰にとっても使いやすいプロダクトを実現するための努力を重ねています。WordPress 6.4 ではリストビューの改善、ナビゲーションブロックにおける aria-label のサポート等が実施されています。管理者ユーザーインターフェースではボタン配置、「新規追加」メニュー項目のコンテキスト、サイトヘルスの音声メッセージに対する機能強化が行われています。アクセシビリティ改善を目的としたすべての更新について学びましょう

その他の重要な変更

  • WordPress 6.4 の推奨 PHP バージョンは PHP 8.1 と 8.2 です。PHP のサポートについての詳細はこちらの投稿で確認してください。
  • WordPress 6.4 より新規インストール環境で添付ファイルページが無効になります。

WordPress 6.4 についてさらに学びましょう

新たに開設された WordPress 6.4 のページをチェックして 6.4 の機能強化と新機能についてさらに学びましょう。

Learn WordPress が提供するハウツー動画、オンラインワークショップ、その他の無料リソースを利用して WordPress の知識とスキルをレベルアップしましょう。

6.4 での変更点に関する詳細な技術的ノートをお探しでしたら WordPress 6.4 フィールドガイドをチェックしましょう。開発アップデート、チュートリアル、その他の最新情報をまとめている Developer Blog の購読もお忘れなく。

インストール、修正、ファイルの変更についての情報は 6.4 のリリースノートを参照してください。

6.4 リリース部隊

WordPress 6.4 のリリースは過小評価ジェンダー・リリース部隊がお届けしています。多様な声を歓迎し力づける WordPress オープンソースプロジェクト内の小グループです。

6.4 のリリースコーディネーションチームに参加することで、その複雑なリリースプロセスを間近で観察する機会を得ることができました。そこではあらゆる詳細について、大きなものでも小さなものでも関係なく、細心の注意を払って対応する必要があります。それをパフォーマンスや後方互換性のようなさまざまな因子を考慮しつつ同時に進めるのです。まだまだ学ばなければならないことは多くありますが、この機会を通じて WordPress に貢献できたことは幸運なことだと感じています。

Akshaya Rane、WordPress 6.4 リリースコーディネーターチーム

何週間もの長期にわたり 6.4 リリース部隊は共同作業をリードし、アイデアを結び合わせ、障害物を取り除き、軌道を外れないよう注意しながらリリースを前進させてきました。

(訳註: 6.4 リリース部隊のメンバー一覧については日本語訳から割愛します。ぜひ原文記事をご覧ください。)

貢献者にありがとう

パブリッシングを民主化すること、そしてオープンソースに付属する自由という考えを WordPress は信奉しています。そしてこのソフトウェアプロジェクトを支え協力し合う人々のグローバルで多様性のあるコミュニティがこの考えを支援しています。

WordPress 6.4 は56か国からの600名を超える貢献者による数え切れないほどの努力と情熱の反映です。それには170名以上の初参加の貢献者が含まれます。

彼らのコラボレーションにより1,150件以上もの機能強化と修正が実現し、すべての皆さんにとって安定したリリースをお届けすることができました。これは WordPress オープンソースコミュニティの力と可能性の証と言えるでしょう。

(訳註: WordPress 6.4 の貢献者一覧については日本語訳から割愛します。ぜひ原文記事をご覧ください。)

60以上のロケールで WordPress 6.4 の90%以上の翻訳が完了しています。コミュニティ翻訳者たちはより多くの翻訳を提供できるよう今なお懸命に取り組んでいます。WordPress が200もの言語で利用可能になるよう支援してくださった皆さんに感謝します。

そして最後に、世界中の WordPress ユーザーからの質問に回答してくださるサポートフォーラムのボランティアの皆さんに感謝します。

参加しよう

WordPress に参加するというのは何もコード開発に限ったことではありません。貢献することが魅力的に思えるなら、さらに学んで輪に加わるのは難しくないはずです。Make WordPress の各チームの活動について学びましょう。そしてこちらのインタラクティブなツールを利用してどの活動が自分に合いそうか確かめてみましょう。

未来を見据えて

過去20年間、WordPress はデジタルパブリッシングの様相を転換し、手作りの個人的ストーリーから世界を一変させるムーブメントまで、何かを作り共有したいと考えるすべての人々に力を与えてきました。

WordPress の現在そして未来は、個人にも企業に対しても、あらゆる人々にとってエキサイティングな機会を与えます。ロードマップフェイズ3に向けた基礎的な取り組みは続きます。そこではリアルタイムコラボレーションの涵養、そしてクリエイターとチームによる WordPress 上での共同作業を改善するパブリッシングフローの合理化に重点が置かれます。

WordPress NewsWP Briefing ポッドキャストを購読して、最新のニュースと貢献機会について常時把握に努めましょう。

リリース俳句

The smooth feel of jazz
The cutting-edge of the web
Install 6.4

2023年版 WordPress 年次アンケートに参加して、WordPress の未来に声を届けよう

毎年、WordPress コミュニティのユーザー、サイト構築者、開発者、コントリビューターは年次アンケートを通して、貴重なフィードバックを行っています。その結果は、今後注意を払うべきエリアの特定に利用され、WordPress プロジェクトの方向性に影響を与えます。また毎年行われるアンケートは長期的なトレンドの追跡にも役立ち、重要なポイントはしばしば “State of the Word” の講演で取り上げられます。

  このアンケートにより WordPress の制作者らは、WordPress が誰に、どのように使用されているのかを、より深く理解できます。また WordPress オープンソースプロジェクトのリーダーたちは、コントリビューターの体験についてより詳しく知ることができます。

あなたの WordPress 体験が 2023 年のアンケート結果に反映されるように、今すぐアンケートにご協力ください。

アンケートは英語以外の日本語等でも回答できます。上部のリンクを使用して言語を切り替えてください。WordPress Polyglot のコントリビューターに感謝します。

アンケート期間は5週間です。結果は12月初旬に News ブログで発表されます。

今年も昨年同様、アンケートの流れや設問に改良が加えられています。新しいプラットフォームも試験的に導入され、インターフェイスの刷新、多言語対応の強化、結果の分析、可視化ツールの拡充などが行われました。新しいプラットフォームにはまたアクセシビリティとプライバシーの管理機能も組み込まれ、WordPress コミュニティの多様なニーズに対応します。

拡散にご協力ください

このアンケートをあなたのネットワーク、Slack や SNS で共有し、拡散してください。より多くの人がアンケートに回答し、WordPress での体験を共有することで、プロジェクト全体が将来的な利益を得られます。

セキュリティとプライバシー

データのセキュリティとプライバシーは、WordPress プロジェクトとコミュニティにとって最重要事項です。このことを念頭に置いて、すべてのデータは匿名化されます。電子メールアドレスや IP アドレスが公開された結果と関連付けられることはありません。WordPress.org のプライバシー保護についての詳細は、プライバシーポリシーをご覧ください。

Thank you

質問作成、戦略、調査構築、翻訳など、年次調査プロジェクトにご協力いただいた以下の WordPress コントリビューターの方々に感謝します。

adamsilversteinadurasjbalvarogóisatachibanabjmcsherrychanthabounedansoschineidolonnightfiereverefxbénardhassantafreshijuliagasparyankittmediamanudavidosnaonilovelezrmartinezduque, tobifjellner

HostingerJetpackWordPress.com の各クライアントの皆様にアンケートの宣伝にご協力いただき、ありがとうございました。

このアンケートはに終了します。

WordPress 6.3「ライオネル」

以下は、Matias Ventura による WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.3 “Lionel”」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.3「ライオネル」は、著名なアメリカ人ジャズアーティスト、ライオネル・ハンプトンにちなんで名付けられました。多作なジャズヴィブラフォン奏者、ピアニスト、パーカッショニストであるハンプトンは、チャールズ・ミンガスからクインシー・ジョーンズまでの偉大なミュージシャンたちとハーモニーを奏で、その名を冠したライオネル・ハンプトン・オーケストラのバンドリーダーとして有名になりました。彼の芸術性と慈善活動は、グラミー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星、ナショナル・メダル・オブ・アーツで評価されています。

音量を上げて、ライオネル・ハンプトンの音楽スタイルに耳を澄まし、「ライオネル」のすべてを発見してください。

「ライオネル」を使えば、美しく魅力的なサイトをこれまで以上に効率的に作成できます。コーディングなしでサイト全体を構築したい方も、細部までカスタマイズしたい開発者の方も、WordPress 6.3 の機能には興味をそそられるはずです。この最新リリースを開いて中を探索すると、より少ない労力で作業や制作ができるように設計されたアップデートされた機能やナビゲーション、レイアウトをより自由にコントロールできるデザインツール、サイト構築体験を豊かにする追加機能などを発見できるでしょう。

「ライオネル」は、表現ツールとしての WordPress の進化における重要なチャプターとなります。それは、数多くの貢献者による長年の作業の集大成であり、ブロックを使ってサイトを作成するための、より強力でまとまりのある編集体験を提供します。Web パブリッシングを身近なものにすることの探求、これはその新たな始まりでもあります !

WordPress 6.3 リリースリーダー Matías Ventura

主な内容

この記念すべきリリースは、デザイナー、クリエイター、開発者のクリエイティブな表現に新たな可能性を開きます。パワフルなツールと洗練されたコントロールは、ユーザーに自信を与え、サイト管理を容易にします。

サイトエディターですべて完結

WordPress 6.3では、コンテンツ、テンプレート、パターンが初めてサイトエディターに統合されました。ページの追加、スタイルバリエーションの閲覧、同期パターンの作成、ナビゲーションメニューのきめ細かなコントロールをお楽しみください。これからは、異なるサイト領域を切り替える無駄もなく、最も重要なことに集中できるようになります。作成から完成まで、すべてを1つの場所で。

Image titled "Do everything with the Site Editor"
サイトエディターですべて完結

ブロックテーマのプレビュー

切り替えてサイトエディターでプレビューする前にブロックテーマを体験できます。新しいテーマを有効化せずに直接カスタマイズするオプションもあります。

Image about previewing block themes titled Previewing Themes depicting "Previewing: Organizer"
切り替えて作業する前に新しいブロックテーマをプレビュー

パターンの作成と同期

ブロックを配置し「マイパターン」セクションに保存してサイト全体で利用しましょう。パターン (以前は「再利用ブロック」と呼ばれていた) を同期させ、1つの変更がサイト内のすべての箇所に適用されるよう指定することもできますし、インスタンスごとにカスタマイズ可能なパターンを手始めに利用することもできます。

Image showing the new My Patterns section in the CMS.
マイパターン: すべての自分のパターンを1箇所に

コマンドパレットでスピードアップ

新しいツールを使用して素早く特定のテンプレートを切り替え、エディターの設定を開き、拡張された機能にアクセスできます。シンプルなキーボードショートカット (Mac では ⌘+k、Windows ではctrl+k)、サイトビューのサイドバー検索アイコンのクリック、またはタイトルバーのクリックで起動し、目的の場所に移動し、一瞬で必要なタスクを実行できます。

Image depicting the new Command Palette
新しいコマンドパレットを知る

新しいツールでデザインを洗練

新しいデザインコントロールはきめ細かい調整のために多様な機能を提供します。キャプションをコーディングすることなくスタイルインターフェイスからカスタマイズする機能に始まり、サポートするブロックに対してデュオトーンフィルターをスタイルで管理でき、テーマで提供されるオプションから選択したり、完全に無効にできます。カバーブロックは、テキストカラー、レイアウトコントロール、ボーダーオプションの設定を追加し、強力なブロックがさらに便利になりました。

Image representing the new design tools in the Site Editor
新しいデザインツール

スタイルリビジョンでデザイン変更を追跡

新しい監査記録では、過去にサイトがどのような見た目だったか、日時ごとに確認できるようになりました。変更履歴をタイムラインで視覚化し、1クリックで以前のスタイルに戻せます。

Image titled "Style Revisions"
スタイルリビジョン: スタイル修正の履歴を見る

脚注ブロックで注釈を追加

脚注ブロックは、コンテンツ全体を通して機能する便利な注釈を追加します。任意の段落に対して脚注を追加し、リンクすることができるようになりました。

Image depicting the new Footnotes Block
新しい脚注ブロックで脚注を簡単に追加

詳細ブロックでコンテンツの表示 / 非表示を切り替え

詳細ブロックを使えば、ネタバレを防止したり、Q&A セクションを作成したり、見出しの下に長文を隠すことができます。

Image depicting the new Details Block
新しい詳細ブロックでコンテンツの表示 / 非表示を切り替え

パフォーマンスが向上

WordPress 6.3には、Scripts API の defer および async サポート、画像の fetchpriority サポート等、170以上のパフォーマンスアップデートが含まれています。これらの改善に加えブロックテンプレートの解像度、画像の遅延読み込み、絵文字ローダーにより、訪問者が感じるサイトの読み込み時間が大幅に改善されました。

アクセシビリティは重要な焦点

WordPress 6.3では、プラットフォーム全体で50以上のアクセシビリティの改善が行われ、これまで以上にアクセシビリティが向上しました。改善されたラベル、最適化されたタブと矢印キーのナビゲーション、改善された見出しの階層、管理画面の画像エディターにおける新しいコントロールにより、支援技術を使用している方でもより簡単に操作できるようになりました。

その他のハイライト

画像のアスペクト比を設定

パターンで画像を使う時、アスペクト比を指定してデザインの整合性を高めてください。

気が散らないサイト構築

サイトエディター内で、気が散ることなくデザインできるようになりました。

トップツールバーの再発見

刷新されたトップツールバーには、ネストされたブロックの親ブロックを選択するためのセレクター、複数ブロックを選択した際のオプション、新機能を考慮したインターフェースがタイトルバーに埋め込まれています。

リストビューの改良

更新されたリストビューでは、すべてのコンテンツレイヤーにドラッグ & ドロップし、任意のブロックを削除できます。

パターンでテンプレートを構築

ユニークなパターンを作成し、テンプレート作成を加速しましょう。新しいモーダルでは、パターン選択にアクセスできます。

PHP サポートの変更点

PHP 5のサポートは終了しました。PHP の新しい最低サポートバージョンは7.0.0です。

更新失敗時の安全策

WordPress は、手動アップデートに失敗し、何か問題が発生した場合に、以前にインストールしたプラグインやテーマのバージョンを自動復元するようになりました。


WordPress 6.3の詳細

Learn WordPress では、ハウツービデオやオンラインワークショップなど、WordPress の最新機能の知識をレベルアップするためのリソースを提供しています。

WordPress 6.3 フィールドガイドでは、WordPress での構築や、最新リリースを最大限に活用するための詳細な開発者向けノートをご覧いただけます。機能概要、インストール情報、ファイルの変更点、修正点、アップデートなど、このリリースの技術的な詳細については、6.3のリリースノートをお読みください。

開発者ブログでは、さらに役立つ WordPress コンテンツを提供しています。

WordPress はグローバルなソフトウェアプラットフォーム

61のロケールが WordPress 6.3の90パーセント以上をそれぞれの言語に翻訳しました。コミュニティ翻訳者たちは、より多くの翻訳ができるよう懸命に作業しています。Thank you、gracias、ありがとう、धन्यवाद、ευχαριστώ、WordPress を200の言語で利用できるようにご協力くださっているすべての方に感謝します。

WordPress への貢献

WordPress は、パブリッシングの民主化とオープンソースがもたらす自由を信じています。この考えを支えているのは、ソフトウェアを強化するために協力している人々の大きなコミュニティです。WordPress を作ってくれているすべての人に心から感謝します。

私たちの貢献者コミュニティは、常に WordPress を素晴らしいものにしてきました。プロジェクトが成功し、ソフトウェアが安全で、使いやすく、インパクトのあるものであり続けることができるのは、皆さまのおかげです。Web (と世界) をより良い場所にするためにご協力くださり、本当にありがとうございます !

WordPress.org エグゼクティブ・ディレクター Josepha Haden Chomphosy

WordPress 6.3は、少なくとも52カ国、650人以上の貢献者の情熱と努力の結晶です。このリリースには205人以上の初めての貢献者も含まれています !

6.3リリースチーム

6.3リリースは、立ち上げから開始まで、多くの分野から集まった積極的な貢献者たちによって主導されました。数週間にわたり、彼らはアイデアをつなぎ、問題を解決し、障害を取り除くことで、リリースを軌道に乗せ、前進させ続けました。

6.3 の貢献者

リリースチームを補完しているのは、何百もの機能強化や修正をグローバルな協力体制で提供し、すべての人々のための安定したリリースを保証した、WordPress コミュニティのパワーと能力の証である多様な貢献者グループです。

[訳注: 貢献者一覧は、英語版原文を参照してください。]

WordPress サポートフォーラム

世界中の WordPress ユーザーからの質問に答えてサポートフォーラムに貢献してくれているコミュニティボランティアの方々に感謝します。

今すぐ参加する

WordPress への貢献に魅力を感じたなら、詳細を学び、参加することは簡単です。Make WordPress に集まったチームと、コア開発ブログの製品ロードマップを確認してください。また、対話型ツールを使って、どのチームが自分に適しているかを判断することもできます。

未来に向けて

20年前の5月、WordPress は最初のバージョン0.7をリリースしました。共同創設者マット・マレンウェッグのブログ投稿と、それに続く共同創設者マイク・リトルのコメントから始まった WordPress は、やがて世界で最も人気のある Web パブリッシングプラットフォームへと進化しました。

WordPress ソフトウェアは、強固で多様なユーザーコミュニティのニーズと要望に基づいて繰り返し進化を続けます。今回のリリースは、WordPress 開発ロードマップフェーズ2の完成形です。コミュニティの展望への期待に伴い、すべての努力は6.4に向けられ、その後は、サイト作成と管理体験にパワフルなコラボレーションツールを導入する予定のフェーズ3へと移行します。


6.3の Haiku

A capstone release
Ships tools for building great sites
Collaboration

WordPress 6.2 “ドルフィー”

以下の内容は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.2 “Dolphy”」を日本語に訳したものです。

誤字脱字、誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2 "Dolphy"

WordPress 6.2 “ドルフィー” をご紹介します。木管楽器のジャズ界の達人でありマルチ・プレーヤーでもあるエリック・アラン・ドルフィーJr.にちなんで名付けられました。 ドルフィーは、バスクラリネットをジャズシーンで注目させ、フルートの居場所を作り、アルトサクソフォンの語彙を拡張させたと絶賛されています。大陸をまたぐキャリアの中で、彼の芸術性は即興の境界、アンサンブル作品、そしてチャールズ・ミンガスやジョン・コルトレーンといった著名なアーティストとのパートナーシップを押し広げる最前線にいました。

この最新バージョンの WordPress は、サイトの編集体験を再構築し、サイトをスタイリングするためのより多くの方法を導入し、新しい「集中執筆モード」を提供します。あなたの創造的なビジョンを表現するために、より多くのコントロールと自由を与える改善を発見してみてください。コンテンツ作成者、開発者、サイトを構築する方、デザイナーなど、すべての人にとって特別な何かがある内容になっています。エリック・ドルフィーの音楽を聴きながら、6.2が提供するすべてをお楽しみください。

WordPress 6.2は2023年最初のメジャーリリースで、900以上の機能強化と修正が施されています。また、WordPress プロジェクトの開発ロードマップの転換期でもあり、カスタマイズから、ワークフローとコラボレーションの初期の探求へと焦点を移します。

主な内容

生まれ変わったサイトエディターをご紹介

Image inlay of the reimagined Site Editor. WordPress 6.2 Dolphy

飛び込んで探索する準備を: 6.2は、次世代の WordPress とブロックテーマができることを発見するための招待状です。

ベータ版を終了したサイトエディターは、インターフェイスが一新され、サイト全体を操作する新しい方法を提供します。テンプレートやテンプレートパーツのフルプレビューを確認した後、好きな場所からサイトの編集に取りかかれます。

ナビゲーションブロックで、より多くの方法でメニューを管理

Image inlay of menu management from the Navigation block

サイドバーの新しい UI により、メニュー項目の追加、削除、並び替えがより速く、サイトのナビゲーション編集がより簡単になりました。

ブロックインサーターがよりスムーズに

Image inlay of the Block Inserter

デザインが一新され、必要なコンテンツに簡単にアクセスできるようになりました。メディアタブを使えば、既存のメディアライブラリからコンテンツをすばやくドラッグ&ドロップできます。カテゴリーを移動しながらプレビューを一度に見られる分割画面で、パターンをすばやく見つけられます。

必要なときに必要なコントロールが見つかるように

Tab between settings and styles in the block settings sidebar

ブロック設定のサイドバーが、「設定」と「スタイル」のタブでより整理されました。必要なツールを簡単に特定、アクセスできるようになりました。

ブロックテーマ用のヘッダーとフッターで、より速く構築

ヘッダーとフッターのパターンの新しいコレクションを見つけてください。どのブロックテーマでも、あなたのサイトのテンプレートを素早く、高品質に仕上げるための出発点としてお使いください。

エディターから Openverse のメディアを探検

Openverse のライブラリは、7億点以上のフリーかつオープンライセンスのストック画像と音声をカタログ化していて、インサーターを通じて WordPress に直接統合されました。

集中執筆モードで執筆に集中

アイデアと二人きりになりたい時のために。パネルやコントロールをすべて隠して、コンテンツに命を吹き込むことができるようになりました。

新しいスタイルブックをご紹介

あなたのサイトのライブラリにあるすべてのブロックがどのように見えるか、完全な概要を把握できます。すべてを一度に一目でわかるように、サイトエディターで直接見ることができます。

スタイルのコピー&ペースト

1種類のブロックのデザインを完成させ、そのスタイルを他のブロックにコピー&ペーストすることで、思い通りのデザインに仕上げることができます。

カスタムCSS

デザインツールやカスタムCSSでサイトを思いのままにパワーアップし、ルック&フィールのコントロールを別のレベルまで引き上げ、創造性と芸術性を最大限に引き出したデザインを実現できます。

6.2のその他のハイライト

  • 固定ポジション: トップレベルのグループブロックを、訪問者がスクロールしてもページの上部に固定することができます。
  • ウィジェットのインポート: クラシックテーマからブロックテーマへ、お気に入りのウィジェットをインポートするオプションです。
  • テーマのローカルフォント: デフォルトの WordPress テーマには、Google Fonts が含まれるようになり、より良いプライバシーが提供されます。

WordPress 6.2についてさらに詳しく

WordPress の最新機能に関する簡単なハウツー動画、コース、その他のリソースについては、Learn WordPress を探索してみてください。また、無料のライブ対話型オンラインワークショップに参加することもできます。

WordPress 6.2フィールドガイドには、WordPress を使って構築し、最新リリースを最大限に活用するのに役立つ詳細な開発者向けメモが掲載されていますので、ご覧ください。インストール情報、アップデート、修正、ファイルの変更など、このリリースに関する技術的な詳細については、6.2リリースノートをお読みください。

6.2リリースチーム

6.2は、リリースを軌道に乗せ、前進させるために熱心に協力してくれた多くの人々によって実現されています:

協力者のみなさま、ありがとうございました

WordPress 6.2は、少なくとも50カ国、600人以上の協力者による無数の尽力と情熱がなければ、ここに存在し得ませんでした。特に、初めてリリースに参加された178名の新しい協力者の方々に感謝します。彼らの協力により、何百もの機能強化や修正が行われ、すべての人にとっての安定したリリースを確かなものとしました。これは WordPressコミュニティのパワーと能力の証と言えるでしょう。

[訳注: 紙幅の都合により貢献者一覧を割愛。英語版原文をご参照ください。]

リリース当日までに、70のロケールがWordPress 6.2の90%以上を翻訳しました。コミュニティの翻訳者のみなさんは、より多くの翻訳を確実にするために懸命に作業しています。WordPress 6.2を200の言語で利用できるようにするために協力してくれているすべての方に感謝します。

6.2 リリースの俳句

Six point two, so new
Shiny and ready for you
Congrats on hard work!

* エリック・アレン・ドルフィーJr.の肖像画は Openverse で発見しました。着色はD. Pountain、オリジナルは F. Wolff です。

eric dolphy” by dick_pountain is licensed under CC BY-NC-SA 2.0.

WordPress 6.2 リリース候補版 3

以下は、Jonathan Pantani による WordPress.org 公式ブログの記事 “WordPress 6.2 Release Candidate 3” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


最終カウントダウンがやってきました! WordPress 6.2の3つ目 (そして最後) のリリース候補 (RC3) の準備ができました!

WordPress 6.2のリリースは2023年3月28日に予定されており、あと1週間となりました。これが正式リリース前にテストできる最後の機会です。

今から参加しますか? 注目のハイライトや6.2の詳細については WordPress 6.2 RC1リリースのアナウンスでご確認ください。

このリリースにご協力いただいたベータ版およびRC版テスターのみなさんに感謝いたします。3月14日に RC2がリリースされて以来、TracGitHub では約21件の問題が解決されました。

みなさんのフィードバックとバグレポート報告のご協力のおかげで、WordPress の体験が安定した、スムーズで楽しいものになります。これは重要な作業であり、プロジェクトに貢献する素晴らしい方法です。

テスト用の RC3をインストールする方法

このバージョンの WordPress ソフトウェアは開発中ものです。本番サイトや重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストは避けてください。代わりに、テストサーバーとサイト上で RC3をテストすることをお勧めします。

WordPress 6.2 RC3をテストするには以下の三通りの方法があります:

方法その1WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。

方法その2: こちらから RCバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。

方法その3: WP-CLI を利用してテストする:

wp core update --version=6.2-RC3

プラグインやテーマの開発者へのシャウトアウト

WordPress が世界中のより多くの人々に、より多くのことを提供できるのは、あなたのプロダクトのおかげです。RC3に対して最新バージョンをテストしたら、プラグインの readme ファイルの「Tested up to」バージョンを確実に6.2に更新してください。互換性の問題が見つかった場合は、サポートフォーラムに詳細な情報を投稿してください。

このリリースの主な変更点のさらなる詳細については、WordPress 6.2 フィールドガイドをご確認ください。

WordPress の翻訳への支援

英語以外の言語を話せますか? WordPress を100以上の言語への翻訳にご協力ください

をバグフリーに保つ—テストにご協力を

みなさんのテストサポートがなければ、重要な成果のマイルストーンを達成することはより困難な挑戦となるでしょう。また、これはプロジェクトに協力する意義のある方法でもあります。初めての方も、久しぶりの方も、この詳細なガイドは頼りになる素晴らしい手助けとなるでしょう。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

俳句をリリース

わーい、もうすぐだ
テスト、テスト。さっさとリリースして。
RC4 はご勘弁。

この投稿に協力してくださった次の方々に感謝します: @laurlittle @marybaum @audrasjb @cbringmann @webcommsat