State of the Word 2021 基調講演の日本語字幕動画とハイライト

以下は、Anjana Vasan が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「Highlights from State of the Word 2021」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


(字幕が英語の場合、歯車アイコンで日本語に切り替えられます)

WordPress 共同創設者であるマット・マレンウェッグによる恒例の基調講演 ”State of the Word 2021” が、米国時間12月14日に行われました。このハイブリッド形式イベントは、ワクチン接種の証明を持った少数の観客を招いてニューヨーク市にて行われました。マット氏いわく、「飛行機、電車、車で来場した人がいた」とのことでした。また、ライブイベントまで足を運ばなかった方々も、世界各地からライブ配信を視聴しました。

このイベントは WordPress コミュニティにとって心躍る時間であり、長らく開催されていなかった対面式の WordCamp がスペインのセビリアで開催されたことも、この場で祝福しました。

WordPress.tv でも録画をご覧いただけます (訳注: 日本語字幕あり。字幕書き起こしテキストはこちら)。

多くの Meetup 勉強会主催者が世界中でこの基調講演のウォッチパーティーを開催しました。11カ国で26のウォッチパーティーが開催され、計300人以上の方が参加表明をしました。

これまでの “State of the Word” と同様、今年もマットは幅広いトピックをカバーしました。WordPress の過去、現在、そして未来にスポットライトを当て、コントリビューターの増加、翻訳、最近のリリースマイルストーン、教育イニシアチブなど、さまざまな話題を取り上げました。

また、WordPress 5.9 の特徴であるフルサイト編集、ブロックパターン、グローバルスタイルオプション、画像コントロール強化などのデモを皆さんにご覧いただきました。

マットはこの場を使って、多言語のネイティブサポートやリアルタイムな共同サイト編集など、WordPress のロードマップを再確認しました。また、新機能の開発やテスト、普及や教育など、さまざまな取り組みを通じて、誰もがWordPress の進歩に貢献できることにも注目を促しました。

さらに、「WordPress のようなプログラムは、より多くの人が使えば使うほど良くなる」と、オープンソースソフトウェアが改良されていく方法を強調しました。

エネルギッシュなプレゼンテーションの締めとして、Web3、企業の M&A (吸収合併)、オープンソースソフトウェアの成長とサポートなど、幅広いトピックを取り上げました。

マルチメディアを活用した1時間のプレゼンの後、マットはインタラクティブな質疑応答セッションを行い、事前に寄せられた質問や、ライブストリームやスタジオの視聴者からの質問に答えました。

イベントの模様は上記の公式録画でご覧いただけます。 また、Twitter で #ILoveWP タグを使ってストーリーを共有したり、#StateOfTheWord でイベントの反応をチェックすることもできます。

この記事のレビューと編集に協力してくれた @dansoschin さん、ありがとうございます。


動画字幕の翻訳にご協力いただいた @mimitips @atachibana @h84m さん、どうもありがとうございました。

字幕の間違いなどがあった場合は、WordSlack#docs チャンネルでお知らせください。Amara.org 上で直接編集もできますが、修正を動画に反映するにはご連絡ください。

国内30回目の公式カンファレンス、WordCamp Japan 2021が開かれます

WordCamp は、2008年東京での開催以来、国内だけでもこれまでに29回行われてきた WordPress の公式カンファレンスです。すべてコミュニティによる運営で、登壇者や当日スタッフも含めて全員がボランティアとして協力しており、運営資金は主にスポンサー各社からの協賛金によって成り立っています。

その WordCamp が30回目を迎えるにあたって、国単位の規模、そして1週間という期間という初の形態でWordCamp Japan 2021」オンラインイベントが6月20日(土)から26日(日)に開催されます。

WordCamp Japan 2021 オンライン発表会(4月28日)の収録動画

どこからでも無料で参加可能

今回の WordCamp の大きな特徴は、オンラインで7日間開催という点です。お好きな時間に、お好きな場所から、より多くの方にご参加いただけるようにスケジュールを工夫しています。

どなたでも完全に無料でご参加いただけますが、交流会・懇親会やジョブボード、スポンサーブースなどイベント内のすべてのコンテンツにアクセスするにはチケット登録が必要です。

2日間のセッションデイズ

イベントの最初と最後の日は「セッションデイズ」として、ライブセッションと録画セッションの配信を行います。

セッションのラインアップは、ブロックエディターの使いこなし方サイト運用といった幅広いユーザーの方が気になるトピックから、ノーコード解析多言語プラグインECサイトマーケティングといったピンポイントなトピックまで、さまざまな分野で WordPress を使っている方が今知りたい内容を取り揃えたものとなっています。

また、テーマ・プラグイン開発者によるブロックエディターを使ったサイト開発やカスタムフィールドを考えるセッションや、WordPress デベロッパーリレーション担当者によるフルサイト編集の最新情報セッション(日本語字幕付き)といった WordPress のこれからを知ることができるコンテンツも用意されています。

5日間のコントリビューターデイズ

過去のオフライン WordCamp では、1日に同時並行で WordPress オープンソースプロジェクトのさまざまなチームにコントリビュート(貢献・参加)ができるテーブルが用意されていました。今回は会場がオンラインという特徴を最大限に活かし、5日間にわたって毎日少しずつ参加できる「コントリビューターデイズ」という試みを行います。

どんなものなのか少しだけ覗いてみたい、という方もお気軽にご参加ください(個別に Zoom 参加リンクをお送りするため、WordCamp Japan のチケットに加えて connpass での登録が必要になります)。

当日ボランティア募集中

今からでも運営を手伝いたい!という方も歓迎です。ライブセッションに字幕をつけたり、交流スペースでの当日ボランティアを募集していますので、こちらからお申し込みください。数時間程度、1日のみのお手伝いでもOKです。


WordPress の今、そしてこれからを知ることができるイベント WordCamp Japan 2021への皆さんのご参加をお待ちしています。

State of the Word 2020 オンライン基調講演のお知らせ

以下は、Josepha が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「State of the Word 2020」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


State of the Word は、プロジェクトの共同設立者であるマット・マレンウェッグが登壇する、毎年恒例の基調講演です。今年の基調講演は、日本時間12月18日(金)の午前1時 FacebookYouTubeTwitter でライブストリーミングします。

質疑応答の質問を動画で受け付けます

State of the Word の直後に、事前録画した動画を使った質疑応答を流す予定です。もしマットに質問があれば、パソコンかスマホを使って尋ねたい内容を英語で話し、録画してください。その際、ファイルは横長の形式になるようにお願いします。

動画には、ご自分のお名前と、WordPress を普段どんなふうに使っているかも含めてください。マットがなるべく多くの質問に答えられるよう、1分以下にまとめていただけるようお願いします。

質問を提出するには、非公開の動画としてアップロードし (YouTube などが適しています)、そのリンクを ask-matt@wordcamp.org にお送りください。

State of the Word を初めて見る予定の方へ

初めてこの基調講演を聞く方は、以下に公開している過去の録画を見てみてください。

5月27日、WordPress の15周年を祝いましょう

以下は、Andrea Middleton が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Celebrate the WordPress 15th Anniversary on May 27」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


2018年5月27日は、WordPress の最初のリリースから15年目の記念日です。お祝いするのがとても楽しみです !

パーティタイム !

お近くでパーティを計画し、世界中の WordPress ファンと共に15周年記念をお祝いしませんか。やり方は以下のとおりです。

  1. すでにあなたの町でイベントが企画されているかどうか、WordPress 15th アニバーサリーサイトで確認しましょう。もしあるなら、参加登録して知り合いも誘ってみましょう。
  2. まだないようなら、人が集まってワイワイやれる会場をどこか選びましょう。公園、居酒屋、誰かの家の庭など、どんな年代の人も歓迎される場所ならどこでもかまいません。
  3. イベントを Meetup.com に掲載し (下記訳注参照)、他の地域勉強会、IT 系・ブログ系グループ、プレスなどに告知して集客しましょう。
  4. 15周年記念スペシャル WordPress グッズをリクエストしましょう (注: 締切が4月27日までになっています。少量なら予備がある可能性もあるため、WordSlack #community チャンネルでお問い合わせください)。
  5. パーティの参加者に、#WP15 ハッシュタグを使って写真や動画などを投稿してもらいましょう。そして、世界中の人たちがシェアしているお祝いコンテンツをアニバーサリーサイトのソーシャルメディアストリームで見てしょう。

グローバルな WordPress のお祝いに参加するこのチャンスをお見逃しなく !

訳注: 上記のステップ3について、日本の場合ではこちらの Meetup.com アカウントに集約しています。開催予定の場合はこちらからご連絡ください。日本国内では現時点において、WordBench 男木島WordBench 東京WordBench 埼玉WordBench 羽田WordBench 長野WordBench岐阜、WordBench 三重、WordBench 大阪、WordBench 神戸、WordBench 福井、WordBench 長崎が記念イベントを開催予定です。

スペシャルグッズ

15周年記念に敬意を表して、スペシャルアイテムをグッズストアに追加しています。クーポンコード CELEBRATEWP15 を使えば、2018年末までこれらのアイテム (およびストア上のすべての商品) を15%オフで購入できます !

これから数週間の間に新しいグッズも追加していく予定です。

WordPress 15周年記念の T シャツ

シェアしよう

パーティ記念グッズWordPress があなたにとってどんな意味を持つのかについて投稿することなど、どんな形でお祝いするにしても、シェアする際には #WP15 ハッシュタグを必ずつけましょう。そして、WordPress 15周年記念投稿をチェックすることもお忘れなく。

インターネットの30%で使われているソフトウェアの特別な日は、きっとすばらしいものになるはずです。

2017年10月の WordPress イベント情報

2017年10月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では岐阜、埼玉、新潟、東京、京都、鹿児島、長崎、宮崎、新潟、富山、長野、群馬、愛知、岡山、兵庫で計18件のイベントが登録されています。

今月は三鷹(東京都)や川口(埼玉県)でも新しい勉強会がスタートしました。次回、ぜひご参加ください。

2017年10月1週目(終了)

2017年10月2週目(終了)

2017年10月3週目(一部終了)

2017年10月4週目

今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

「WordPress イベントとニュース」ダッシュボードウィジェット

WordPress 4.8で追加されたダッシュボードウィジェット「WordPress イベントとニュース」に都市名(都道府県名では一致しない場合があります)を入力しておくと、WordPress 管理画面にログインした際に近隣で開催されるイベント情報を受け取れます。

「WordPress イベントとニュース」ウィジェット

このウィジェットがダッシュボードに表示されない場合は、画面右上にある「表示オプション」から有効化できます。

ウィジェットでイベントをクリックすると meetup.com というサイトのイベント概要ページ()が表示されますが、現在こちらからは参加登録できません。必ずイベント参加登録ページへのリンクをクリックして、イベント自体の詳細ページから手続きを行ってください。

第3回 Global WordPress Translation Day (世界 WordPress 翻訳の日)

以下は、Hugh Lashbrooke が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Global WordPress Translation Day 3」を訳したものです。

WordBench.org にて告知の通り、国内では東京名古屋大阪香川 (男木島) でローカルイベントが開催される予定です。また、誰でも WordSlack の #translate チャンネルからリモート参加できます (WordSlack アカウント作成方法はこちら)。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


2017年9月30日、WordPress をできるだけたくさんの言語に翻訳することをミッションとしている Polyglots (多言語) チームは、3回目となる Global WordPress Translation Day を開催します。これはオンラインとオフライン両方を会場とする24時間連続の「マラソン」イベントで、Web サイト全体の28%を動かしている WordPress プラットフォームとそのエコシステムのローカリゼーションと国際化を目的としています。

ローカリゼーションのプロセスで WordPress とすべての関連プロダクト (テーマとプラグイン) が各地域の言語で利用できるようになることによって、アクセシビリティと使いやすさが向上し、より多くの人が無料のプラットフォームとサービスを利用できるようになります。

(完全にではないにしろ) 偶然にも、9月30日は国連が「国際翻訳の日」として宣言した日でもあります。これは、コミュニケーションと交流を可能にするあらゆる場所の翻訳者の偉大な貢献に敬意を表するためのものです。

このイベントでは、多言語ライブスピーチ (トレーニングセッション、チュートリアル、事例など) をストリーミング放送します。オーストラリアやアジア地域から始まり、米国西海岸で終わる予定です。

同じ24時間の時間枠内には世界中の多言語話者たちトレーニングや翻訳のスプリント、そして対面でのやりとりをするためにローカルイベントに集まります。物理的にチームに加わることはできない人たちは、リモートから参加できます。

これは楽しく役に立つ、そして気づきが多い1日となるでしょう。自ら力をつけたり、他の人を育てたりするための成長や与え合い、学びが入り混じったイベントとなるはずです。

以下は、過去2回のイベントからの数字です。

Global WordPress Translation Day 1

  • 全世界で448人の翻訳者
  • 全世界で50件のローカルイベント
  • 54ロケール (言語と地域の組み合わせ) が参加
  • 40,350個の文字列を翻訳
  • 597プロジェクト

Global WordPress Translation Day 2

  • 全世界で780人の翻訳者
  • 全世界で67件のローカルイベント
  • 133ロケール (言語と地域の組み合わせ) が参加
  • 60,426個の文字列を翻訳
  • 590プロジェクト
3回目の #WPTranslationDay をすばらしいものにし、翻訳者がコミュニティだけでなくすべての側面においてユニークかつ欠かせない役割を果たすのを助けるために、このニュースをぜひ広めてください。

プレスリリースの完全版や追加情報、ビジュアルアセットは wptranslationday.org/press から入手できます。

さらに何か情報が必要な場合は press@wptranslationday.org へお気軽にご連絡ください。

2017年5月の WordPress イベント情報

2017年5月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では東京、鹿児島、福井、新潟、山口、長野で計11件のイベントが登録されています。

2017年5月1週目

5月7日(日)

2017年5月2週目

5月10日(水)

5月13日(土)

2017年5月3週目

5月18日(木)

5月20日(土)

2017年5月4週目

5月25日(木)

5月27日(土)


今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

2017年4月の WordPress イベント情報

2017年4月開催の WordPress イベント情報をご紹介します。

現時点では長野、東京、山口、愛知、鹿児島、新潟、埼玉、群馬、富山、兵庫、京都でのイベントが登録されています。


2017年4月1〜2週目

終了済みですが、WordBench長野・松本藩 WordPress もくもく勉強会 vol.15【初心者大歓迎!】WordPressもくもく勉強会 [秋葉原]WordBench山口 お花見だよ【WordBench Nagoya 4月度】クラウドでWordPressしてみようのイベントが開催されました。

お近くの方で、今後の開催情報を知りたいという場合は、リンク先のイベントサイトでグループ参加やフォローをしてみてください。

2017年4月3週目

4月12日

4月15日

4月16日

2017年4月4週目

4月20日

4月22日

4月25日

2017年4月5週目

4月26日

4月27日

4月29日


今後もまた追加されると思いますので、カレンダー@jawordpressorg の Twitter もチェックしてみてください。

WordPress コミュニティ運営イベントの原則に沿ったものでしたら「もくもく会」や「お茶会」「読書会」など、気軽なイベントも積極的に掲載しています。掲載希望の方はこちらをお読みの上ご連絡ください。

第2回「世界 WordPress 翻訳の日」に参加しませんか

以下は、Petya が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「Join Us Again for Global WordPress Translation Day」を訳したものです。

国内でもオンラインイベント、オフラインイベント (東京大阪名古屋男木島)が開催される予定です。イベント開催または参加をご希望の方は、WordBench.org の記事で詳細をご覧ください。


WordPress ポリグロッツチームは、2回目となる世界 WordPress 翻訳の日 (Global WordPress Translation Day) を11月12日に開催予定です。誰でも、世界中のどこからでも参加できます。

翻訳は、WordPress に参加したり同プロジェクトに貢献したりするための最も簡単な方法のひとつです。世界 WordPress 翻訳の日は、WordPress 翻訳について学び、世界中の人達と出会い、WordPress を160以上の言語で翻訳する良い機会です。

11月12日、どこにいても参加できます

翻訳の日は11月12日 (土) の 0:00 UTC (協定世界時、日本時間で同日の午前9時) にスタートし、その後24時間続きます。お住まいの地域のタイムゾーンでいうと何時なのか、こちらで調べてみてください。オンラインでは最初から参加することもできますし、開催期間中の都合の良い時間だけ参加しても構いません。

何をするのですか ?

11月12日、WordPress プロジェクト、お気に入りのプラグインやテーマを翻訳するだけでもOKです。

世界各地で開かれるローカルなコントリビューターデイに行くのは、積極的に参加する良い方法です。近くで開催されているかどうかこちらの地図で確認してみてください。近所ではやっていないという場合は、ぜひイベント運営者として登録してみてください (訳注: 日本でのイベント開催をご希望の方は、前述の WordBench.org の記事もご覧ください)。数人集まってラップトップを開くだけでもローカルイベントとして十分です。

同時に、複数の言語で24時間ライブストリーミングされるリモートセッションもあります。ローカライゼーション、国際化、言語ごとの翻訳貢献方法などのトピックを予定しています。

どういった人向けのイベントですか ?

翻訳に参加するのが初めてでやり方を知りたい人、経験豊かな翻訳者であり、しっかりしたチームを作りたいという人、どんな方でもご参加いただけます。開発者の方でコードの国際化対応方法を知りたいとか、自分が作っているプラグインやテーマの翻訳者を募りたいという方にとっても役立つライブストリーミングセッションがあります。

英語しか話せなくても参加できますか ?

英語だけしか話せなくても、イギリス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどの異なるロケールもあります。 英語には世界中にたくさんの変化形があり、これらについて理解し、ユーザーにとってオプションを選択することがなぜ重要なのかをライブセッションで学ぶこともできます。

もし楽しみたければ WordPress を絵文字に訳してみませんか?そう、WordPress は絵文字にも翻訳されているんです 🌎🌍🌏

質問がある場合

Polyglots チームとイベント運営者が 英語版 Slack の #Polyglots チャンネルにいます。みんな、親切に助けてくれるはずです (訳注: 日本語版コミュニティの WordSlack #translate チャンネルもご利用ください) 。

イベントの公式サイトに登録して、参加を表明してみてください。

コントリビューターウィークエンド: サポートフォーラム

以下は、 Jen が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「Contributor Weekend: Support Forums」を訳したものです。

訳注: 現在のところ、この週末に日本語フォーラム独自の活動を行う予定はありませんが、ボランティア回答者としての協力をしてみたい方はぜひ日本語版ドキュメンテーションもご覧ください。

1月29日編集: WordPress 日本語コミュニティにおける非公式な取り組みとして、日本語 Slack チャットでのフォーラムボランティアによる質問受け付けなどが行われます。詳細は、Okamoto Hidetaka さんによるこちらのフォーラム投稿をご覧ください。


WordPress 初の世界的コントリビューターウィークエンドを来週末 (1月30日〜31日) に行います。皆さんにぜひ参加していただきたいと思っています。

現在活動中のコントリビューターの多くは、WordCamp におけるコントリビューターデイや地元の WordPress Meetup (訳注: 日本での WordBench などのコミュニティ勉強会にあたるもの) イベントで WordPress への貢献・参加をスタートしました。しかし、そのような機会が今までになかった人もいるため、似たようなリアルタイムのサポートや集団力学を提供できるオンラインの経験を作ろうと考えました。1日だけのイベントではなく週末を通して「チャレンジ」と称した作業を行うことで、世界中の WordPress ユーザーが煩わしい時差に悩まされることなく参加できるようになっています。各チャレンジは、対面式のコントリビューターデイと同様に、数時間で完了できるように設計されています。

初開催のコントリビューターウィークエンドはサポートチームにフォーカスします。サポートチームは、サポートフォーラム (日本語版) や IRC でボランティアとして時間を費やし、WordPress の質問に回答して他のユーザーに手を貸している人たちです。2日の間、フォーラムモデレーターはオンラインで新しいコントリビューターを助け、必要に応じて質問に答えます。今月のチャレンジは「20個の質問」というもので、(挑戦することを選んだ場合の) ミッションは、週末の間にフォーラムで20個のサポート質問に回答して WordPress ユーザーを助けてあげることです。

1人で参加することもできますし、地元の勉強会などで一緒に参加することを見つけてもよいでしょう。オフラインで一緒に作業をするのは楽しいので、できれば誰かを集まれる人たちを探してみるのをおすすめします。実際に集まるのが難しい場合でも、オンラインで参加者とつながることができます。どちらのやり方であっても、これは WordPress プロジェクトに貢献しつつ他の人を助けることができるすばらしい機会です。

興味があるという方は、こちらで詳細をご覧ください (リンク先は英語) 。

来週お会いできるのを楽しみにしています !