WordPress 6.2.2 セキュリティリリース

以下の内容は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.2.2 Security Release」を日本語に訳したものです。

誤字脱字、誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2.2 が公開されました

6.2.2マイナーリリースでは、 1つのバグ と1つのセキュリティ問題に対処しています。これはセキュリティリリースであるため、すぐにサイトを更新することが推奨されます。WordPress 5.9 以降のすべてのバージョンも更新されています。

WordPress 6.2.2 は、6.2.1 のリグレッションに対応し、6.2.1 で対処した脆弱性にさらにパッチを当てる、迅速な対応リリースです。次のメジャーリリースは、2023年8月に予定されているバージョン6.3です。

自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは更新プロセスが自動的に開始されます。

手動での更新を行う場合は、WordPress.org から WordPress 6.2.2 をダウンロード、または WordPress ダッシュボードにて「更新」をクリックし、「バージョン 6.2.2-ja に更新」をクリックします。

さらに詳しい情報 HelpHub サイトを参照してください。

このリリースに含まれるセキュリティアップデート

セキュリティチームは、責任を持って脆弱性を報告し、このリリースで修正されることを可能にした次の人々に感謝します。

  • ユーザー生成データのショートコードを解析するブロックテーマ。この問題を報告してくれた WP Engine の Liam Gladdy 氏に感謝します。

上記の問題は、もともと6.2.1リリースで修正されたものですが、6.2.2でさらに強化する必要がありました。Coreチームは、6.2.1に対するコミュニティの反応と、6.2.2での適切な解決に向けた最善の道を見つけるための協力に感謝しています。6.2.2に携わった人々は、これをできるだけ早くリリースするために非同期で作業している間、皆さんのご理解に特に感謝しています。

コントリビューターの皆さんへ感謝を

このリリースは Jonathan Desrosiers によってリードされました。

WordPress 6.2.2は、次の方々の協力なしには実現できませんでした。セキュリティの修正を安定したリリースにするための彼らの非同期的な連携は、WordPress コミュニティの力と能力の証です。

Aaron JorbinAlex ConchaAnthony BurchellChloe Bringmannchriscct7Daniel RichardsDavid BaumwaldEhtisham S.Greg ZiółkowskiIsabel BrisonJb AudrasJeffrey PaulJohn BlackbournJonathan DesrosiersJosephaMarius L. J.Matias VenturaMike SchroderPeter WilsonRiad BenguellaRobert AndersonRyan McCueSamuel Wood (Otto)Scott Reilly, そして Timothy Jacobs

コントリビュートするには

WordPress のコア開発に参加するには、Trac に移動して チケットを選び#core#6-3-release-leads チャンネルで会話に参加してみてください。ヘルプが必要ですか? Core Contributor Handbook をご覧ください。

校正に協力してくれた @cbringmann@davidbaumwald@chanthaboune@jeffpaul に感謝します。

WordPress 6.2.1 メンテナンスとセキュリティのリリース

以下の内容は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.2.1 Maintenance & Security Release」を日本語に訳したものです。

誤字脱字、誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2.1 が公開されました

このマイナーリリースでは、コアの20のバグの修正ブロックエディターの10のバグの修正が行われています。このリリースに含まれるメンテナンスアップデートの概要は、リリース候補のアナウンスメントをご覧ください。

このリリースには、いくつかのセキュリティ修正も含まれています。セキュリティリリースですので、すぐにサイトをアップデートすることを推奨します。WordPress 4.1以降のすべてのバージョンも更新されています。

WordPress 6.2.1は、ショートサイクルのリリースです。次のメジャーリリースはバージョン6.3で、2023年8月にリリースが予定されています。

自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは、更新プロセスが自動的に開始されます。

手動での更新を行う場合は、WordPress.org から WordPress 6.2.1 をダウンロード、または WordPress ダッシュボードにて「更新」をクリックし、「バージョン 6.2.1-ja に更新」をクリックします。

さらに詳しい情報はバージョン 6.2.1 の HelpHub ドキュメンテーションページを参照してください。

このリリースに含まれるセキュリティアップデート

セキュリティチームは、責任を持って脆弱性を報告し、このリリースで修正することを可能にした次の人々に感謝したいと思います。

  • ユーザー生成データのショートコードを解析するブロックテーマ; この問題を報告してくれた WP Engine のLiam Gladdy氏に感謝します。
  • 添付ファイルのサムネイルを更新するCSRFの問題; WordPress セキュリティチームのJohn Blackbourn の報告による。
  • オープンエンベッドの自動検出による XSS を可能にする欠陥; Securitum の Jakub Żoczek により独自に、またサードパーティによるセキュリティ監査で報告されました。
  • 権限が低いユーザーのブロック属性におけるKSESサニタイズのバイパス; サードパーティのセキュリティ監査中に発見された。
  • 翻訳ファイルを介したパストラバーサルの問題; Ramuel Gall氏によって独自に報告され、サードパーティのセキュリティ監査で発見されました。

WordPress の協力者のみなさまに感謝します

このリリースは、Jb AudrasGeorge MamadashviliSergey BiryukovPeter Wilson.によってリードされました。

WordPress 6.2.1は、次の方々の協力なしには実現できませんでした。メンテナンスとセキュリティの修正を安定したリリースにするための彼らの非同期的な連携は、WordPress コミュニティの力と能力の証です。

Adam SilversteinAki HamanoaminAndrew OzzAndrew SerongAndréAri StathopoulosBirgit Pauli-HaackChirag RathodColin StewartDaniel RichardsDavid BaumwaldDavid BiňovecDennis SnelldevshagorDhrumil KumbhaniDominik SchillingEllaGeorge MamadashviliIsabel BrisonJb AudrasJoe DolsonJoen A.John BlackbournJonathan DesrosiersJuanMa GarridoJuliette Reinders FolmerKai HaoKailey (trepmal)MarcMarine EVAINMatt WiebeMukesh PanchalnendebNick DiegonickpapNik TsekourasPavan PatilPeter WilsonpouicpouicRiad BenguellaRyan WelcherScott ReillySergey BiryukovStephen BernhardttmatsuurTobiasBgTonya MorkUgyen DorjiWeston Ruter, and zieladam.

コントリビュートするには

WordPress のコア開発に参加するには、Trac に移動して チケットを選び#core#6-3-release-leads チャンネルで会話に参加してみてください。ヘルプが必要ですか? Core Contributor Handbook をご覧ください。

校正に協力してくれた @sergeybiryukov に感謝します。

WordPress 6.2 “ドルフィー”

以下の内容は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.2 “Dolphy”」を日本語に訳したものです。

誤字脱字、誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2 "Dolphy"

WordPress 6.2 “ドルフィー” をご紹介します。木管楽器のジャズ界の達人でありマルチ・プレーヤーでもあるエリック・アラン・ドルフィーJr.にちなんで名付けられました。 ドルフィーは、バスクラリネットをジャズシーンで注目させ、フルートの居場所を作り、アルトサクソフォンの語彙を拡張させたと絶賛されています。大陸をまたぐキャリアの中で、彼の芸術性は即興の境界、アンサンブル作品、そしてチャールズ・ミンガスやジョン・コルトレーンといった著名なアーティストとのパートナーシップを押し広げる最前線にいました。

この最新バージョンの WordPress は、サイトの編集体験を再構築し、サイトをスタイリングするためのより多くの方法を導入し、新しい「集中執筆モード」を提供します。あなたの創造的なビジョンを表現するために、より多くのコントロールと自由を与える改善を発見してみてください。コンテンツ作成者、開発者、サイトを構築する方、デザイナーなど、すべての人にとって特別な何かがある内容になっています。エリック・ドルフィーの音楽を聴きながら、6.2が提供するすべてをお楽しみください。

WordPress 6.2は2023年最初のメジャーリリースで、900以上の機能強化と修正が施されています。また、WordPress プロジェクトの開発ロードマップの転換期でもあり、カスタマイズから、ワークフローとコラボレーションの初期の探求へと焦点を移します。

主な内容

生まれ変わったサイトエディターをご紹介

Image inlay of the reimagined Site Editor. WordPress 6.2 Dolphy

飛び込んで探索する準備を: 6.2は、次世代の WordPress とブロックテーマができることを発見するための招待状です。

ベータ版を終了したサイトエディターは、インターフェイスが一新され、サイト全体を操作する新しい方法を提供します。テンプレートやテンプレートパーツのフルプレビューを確認した後、好きな場所からサイトの編集に取りかかれます。

ナビゲーションブロックで、より多くの方法でメニューを管理

Image inlay of menu management from the Navigation block

サイドバーの新しい UI により、メニュー項目の追加、削除、並び替えがより速く、サイトのナビゲーション編集がより簡単になりました。

ブロックインサーターがよりスムーズに

Image inlay of the Block Inserter

デザインが一新され、必要なコンテンツに簡単にアクセスできるようになりました。メディアタブを使えば、既存のメディアライブラリからコンテンツをすばやくドラッグ&ドロップできます。カテゴリーを移動しながらプレビューを一度に見られる分割画面で、パターンをすばやく見つけられます。

必要なときに必要なコントロールが見つかるように

Tab between settings and styles in the block settings sidebar

ブロック設定のサイドバーが、「設定」と「スタイル」のタブでより整理されました。必要なツールを簡単に特定、アクセスできるようになりました。

ブロックテーマ用のヘッダーとフッターで、より速く構築

ヘッダーとフッターのパターンの新しいコレクションを見つけてください。どのブロックテーマでも、あなたのサイトのテンプレートを素早く、高品質に仕上げるための出発点としてお使いください。

エディターから Openverse のメディアを探検

Openverse のライブラリは、7億点以上のフリーかつオープンライセンスのストック画像と音声をカタログ化していて、インサーターを通じて WordPress に直接統合されました。

集中執筆モードで執筆に集中

アイデアと二人きりになりたい時のために。パネルやコントロールをすべて隠して、コンテンツに命を吹き込むことができるようになりました。

新しいスタイルブックをご紹介

あなたのサイトのライブラリにあるすべてのブロックがどのように見えるか、完全な概要を把握できます。すべてを一度に一目でわかるように、サイトエディターで直接見ることができます。

スタイルのコピー&ペースト

1種類のブロックのデザインを完成させ、そのスタイルを他のブロックにコピー&ペーストすることで、思い通りのデザインに仕上げることができます。

カスタムCSS

デザインツールやカスタムCSSでサイトを思いのままにパワーアップし、ルック&フィールのコントロールを別のレベルまで引き上げ、創造性と芸術性を最大限に引き出したデザインを実現できます。

6.2のその他のハイライト

  • 固定ポジション: トップレベルのグループブロックを、訪問者がスクロールしてもページの上部に固定することができます。
  • ウィジェットのインポート: クラシックテーマからブロックテーマへ、お気に入りのウィジェットをインポートするオプションです。
  • テーマのローカルフォント: デフォルトの WordPress テーマには、Google Fonts が含まれるようになり、より良いプライバシーが提供されます。

WordPress 6.2についてさらに詳しく

WordPress の最新機能に関する簡単なハウツー動画、コース、その他のリソースについては、Learn WordPress を探索してみてください。また、無料のライブ対話型オンラインワークショップに参加することもできます。

WordPress 6.2フィールドガイドには、WordPress を使って構築し、最新リリースを最大限に活用するのに役立つ詳細な開発者向けメモが掲載されていますので、ご覧ください。インストール情報、アップデート、修正、ファイルの変更など、このリリースに関する技術的な詳細については、6.2リリースノートをお読みください。

6.2リリースチーム

6.2は、リリースを軌道に乗せ、前進させるために熱心に協力してくれた多くの人々によって実現されています:

協力者のみなさま、ありがとうございました

WordPress 6.2は、少なくとも50カ国、600人以上の協力者による無数の尽力と情熱がなければ、ここに存在し得ませんでした。特に、初めてリリースに参加された178名の新しい協力者の方々に感謝します。彼らの協力により、何百もの機能強化や修正が行われ、すべての人にとっての安定したリリースを確かなものとしました。これは WordPressコミュニティのパワーと能力の証と言えるでしょう。

[訳注: 紙幅の都合により貢献者一覧を割愛。英語版原文をご参照ください。]

リリース当日までに、70のロケールがWordPress 6.2の90%以上を翻訳しました。コミュニティの翻訳者のみなさんは、より多くの翻訳を確実にするために懸命に作業しています。WordPress 6.2を200の言語で利用できるようにするために協力してくれているすべての方に感謝します。

6.2 リリースの俳句

Six point two, so new
Shiny and ready for you
Congrats on hard work!

* エリック・アレン・ドルフィーJr.の肖像画は Openverse で発見しました。着色はD. Pountain、オリジナルは F. Wolff です。

eric dolphy” by dick_pountain is licensed under CC BY-NC-SA 2.0.

WordPress 6.2 リリース候補版 3

以下は、Jonathan Pantani による WordPress.org 公式ブログの記事 “WordPress 6.2 Release Candidate 3” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


最終カウントダウンがやってきました! WordPress 6.2の3つ目 (そして最後) のリリース候補 (RC3) の準備ができました!

WordPress 6.2のリリースは2023年3月28日に予定されており、あと1週間となりました。これが正式リリース前にテストできる最後の機会です。

今から参加しますか? 注目のハイライトや6.2の詳細については WordPress 6.2 RC1リリースのアナウンスでご確認ください。

このリリースにご協力いただいたベータ版およびRC版テスターのみなさんに感謝いたします。3月14日に RC2がリリースされて以来、TracGitHub では約21件の問題が解決されました。

みなさんのフィードバックとバグレポート報告のご協力のおかげで、WordPress の体験が安定した、スムーズで楽しいものになります。これは重要な作業であり、プロジェクトに貢献する素晴らしい方法です。

テスト用の RC3をインストールする方法

このバージョンの WordPress ソフトウェアは開発中ものです。本番サイトや重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストは避けてください。代わりに、テストサーバーとサイト上で RC3をテストすることをお勧めします。

WordPress 6.2 RC3をテストするには以下の三通りの方法があります:

方法その1WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。

方法その2: こちらから RCバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。

方法その3: WP-CLI を利用してテストする:

wp core update --version=6.2-RC3

プラグインやテーマの開発者へのシャウトアウト

WordPress が世界中のより多くの人々に、より多くのことを提供できるのは、あなたのプロダクトのおかげです。RC3に対して最新バージョンをテストしたら、プラグインの readme ファイルの「Tested up to」バージョンを確実に6.2に更新してください。互換性の問題が見つかった場合は、サポートフォーラムに詳細な情報を投稿してください。

このリリースの主な変更点のさらなる詳細については、WordPress 6.2 フィールドガイドをご確認ください。

WordPress の翻訳への支援

英語以外の言語を話せますか? WordPress を100以上の言語への翻訳にご協力ください

をバグフリーに保つ—テストにご協力を

みなさんのテストサポートがなければ、重要な成果のマイルストーンを達成することはより困難な挑戦となるでしょう。また、これはプロジェクトに協力する意義のある方法でもあります。初めての方も、久しぶりの方も、この詳細なガイドは頼りになる素晴らしい手助けとなるでしょう。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

俳句をリリース

わーい、もうすぐだ
テスト、テスト。さっさとリリースして。
RC4 はご勘弁。

この投稿に協力してくださった次の方々に感謝します: @laurlittle @marybaum @audrasjb @cbringmann @webcommsat

WordPress 6.2 リリース候補版 2

以下は、Jonathan Pantani による WordPress.org 公式ブログの記事 “WordPress 6.2 Release Candidate 2” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2の2番目のリリース候補(RC2)ができました!

WordPress 6.2のリリースは2023年3月28日に予定されており、それはあとわずか2週後です。まだ試されていない方は、今が絶好のチャンスです。みなさんからのフィードバックやバグの報告が WordPress の安定性、スムーズさ、快適さを維持しています。これは重要な作業であり、プロジェクトに協力するための素晴らしい方法なのです。

これまでベータ版と RC 版のリリースをテストしてくださったみなさまに感謝します。3月9日に RC1 がリリースされて以来、TracGitHubでは約36件の問題が解決されました。

WordPress 6.2 RC1リリースアナウンスでは、6.2の注目のハイライトをキャッチアップし、より深く探ることができます。

テスト用に RC2をインストールするには

このバージョンの WordPress ソフトウェアは未だ開発段階にあるものです。本番サイトや重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストは避けてください。代わりに、テストサーバーとサイト上で RC2をテストすることをお勧めします。

WordPress 6.2 RC2をテストするには以下の三通りの方法があります:

方法その1WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。

方法その2: こちらからRCバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。

方法その3: WP-CLI を利用してテストする:

wp core update --version=6.2-RC2

プラグインやテーマの開発者へのシャウトアウト

WordPress が世界中のより多くの人々に、より多くのことを提供できるのは、あなたのプロダクトのおかげです。RC2に対して最新バージョンをテストしたら、プラグインの readme ファイルの「Tested up to」バージョンを確実に6.2に更新してください。互換性の問題が見つかった場合は、サポートフォーラムに詳細な情報を投稿してください。

このリリースの主な変更点のさらなる詳細については、WordPress 6.2 フィールドガイドをご確認ください。

WordPress の翻訳への支援

英語以外の言語を話せますか? WordPress を100以上の言語への翻訳にご協力ください

バグハントに参加—テスト、テスト、テスト

みなさんのテストサポートがなければ、重要な成果のマイルストーンを達成することは、より大きな挑戦となるでしょう。また、プロジェクトに協力する意義のある方法でもあります。初めての方も、久しぶりの方も、この詳細なガイドは頼りになる素晴らしい手助けとなるでしょう。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

俳句をリリース

Listen, we are close
One step to final RC
Breathe, and keep going

この投稿に協力してくださった次の方々に感謝します: @laurlittle @marybaum @audrasjb @cbringmann

俳句: @sereedmedia

WordPress 6.2 リリース候補版 1

以下は、marybaum による WordPress.org 公式ブログの記事 “WordPress 6.2 Release Candidate 1” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2の最初のリリース候補(RC1)が公開され、テストができるようになりました。

リリースサイクルのこの部分に到達することは、重要なマイルストーンとなります。私たちはリリース候補を最終的なリリースの準備が整ったと考えていますが、コミュニティによる追加のテストと使用によって、より良いものにすることができます。

6.2の正式リリースは、3月28日とわずか3週間後に迫っています。オープンソースでは、「目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない」と言います。そこで、WordPress のエコシステム (テーマやプラグイン開発者、教育者、代理店、クリエイターなど) に属するすべての人に、テストに参加し、協力してもらうようお願いします。

このバージョンの WordPress ソフトウェアは未だ開発段階にあるものです。本番サイトや重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストは避けてください。代わりに、テストサーバーとサイト上でRC1をテストすることをお勧めします。

WordPress 6.2リリース候補版 1 をテストするには以下の三通りの方法があります:

方法その1WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。

方法その2: こちらからRCバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。

方法その3: WP-CLI を利用してテストする:

wp core update --version=6.2-RC1

テストは初めてですか? こちらのガイドを御覧ください

WordPress 6.2 RC1 の内容

このリリースには900以上の機能強化や修正が含まれており、2023年最初のメジャーリリースとなります。

WordPress 6.2には、あなたの作業をよりスムーズに、より速く、少しだけ刺激的にするための機能強化が盛り込まれています。

  • テンプレートの閲覧を容易にするサイトエディターのリフレッシュ
  • よりシンプルなメニュー管理のためのナビゲーションブロックの新しいサイドバーUI
  • 「設定」と「スタイル」のタブを分けて配置してブロックの設定を整理
  • Openverse や6億点以上のカタログ、メディアライブラリーを含むメディアを追加できる新デザインのインサーター
  • ブロックテーマのヘッダー・フッターのパターンを増やしました
  • サイト全体のルック&フィールを一度に表示する新しいスタイルブック
  • ブロックスタイルをコピー&ペーストすることで、サイト全体をより速く、よりシンプルにデザインするための新しいコントロール
  • 最後の仕上げを可能にする、ブロック単位でも全体でも追加できるカスタム CSS
  • スクロール時に重要なブロックが固定されるスティッキーポジション
  • 執筆に集中したいときに便利な「集中モード」。
  • クラシックテーマからブロックテーマへ特定のウィジェットをインポートできる新しいオプション
  • サイトエディターのベータ版ラベルの削除 – 次世代 WordPress へようこそ

この特集のハイライトを実際に見てみたいですか? 2023年3月2日に収録された WordPress 6.2 Demo をご覧ください。

技術的な仕様について深く知りたいですか? 以下の最近の投稿では、最新の技術的なアップデートをいくつか取り上げています。完全なリストではありませんが、まずはこちらをご覧ください。

また、これらをまとめた包括的な WordPress 6.2 フィールドガイドも公開しています。 

バグハントに出かけよう!

みなさんのテストサポートがなければ、重要な成果のマイルストーンを達成することは、より大きな挑戦となるでしょう。また、プロジェクトに協力する意義のある方法でもあります。初めての方も、久しぶりの方も、この詳細なガイドは頼りになる素晴らしい手助けとなるでしょう。

グローバルな視点から見ると、プレリリースバージョンをテストするたびに、WordPress の未来を守る手助けをすることになるのです。どのように? このソフトウェアが安定し、使いやすく、できるだけバグがないことをコミュニティが証明することが、その助けとなります。

全般的なリリースのテストについてもっと知りたいですか? Make Coreで行われているテストの取り組みについてフォローすることができます。また、Making WordPress Slack ワークスペース#core-test チャンネルに参加することもできます。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

Gutenberg の最新機能の詳細について興味がありますか? WordPress 6.1 (WordPress の前回メジャーリリース) 以降に搭載された機能をご確認ください。詳細は Gutenberg の新機能のこれらの投稿、15.115.014.914.814.714.614.514.414.3、そして 14.2 を御覧ください。

現時点での最新メジャーリリースである WordPress 6.0 の公開より後にリリースされた Gutenberg の機能について調べたい場合は、以下の What’s New In Gutenberg 投稿を参照してください。14.114.013.913.813.713.613.513.413.313.213.1

WordPress のプラグインとテーマの開発者に感謝します

あなたはプラグインやテーマを作っていますか? あなたのプロダクトは、WordPress が世界中のより多くの人々のために、より多くのことを行うための特別な役割を担っています。そして、WordPress コミュニティの人々が増えることは、より大きく、より堅牢なオープンウェブを意味します。

おそらく、すでに WordPress 6.2ベータ版に対して最新バージョンをテストしていることでしょう。RC1では、テストを終了し、プラグインのReadmeファイルの「Tested up to」バージョンを6.2に更新することをお勧めします。

互換性の問題が見つかった場合はサポートフォーラムで詳しい情報を共有してください。

WordPress の翻訳にご協力ください

あなたは英語以外の言語を話しますか? ¿Español? Français? Português? Русский? 日本語? WordPress の翻訳にご協力ください。このリリースをもってバージョン 6.2 の翻訳語句は凍結され、通常これ以上の変更が行われることはありません。

もっと知りたいですか?

WordPress 6.2 の開発についてもっと知りたいですか?6.2リリースサイクルMake WordPress Core ブログ、または6.2関連のあらゆるものを検索してください。

6.2のためのもうひとつの俳句-それは伝統です!

Beta has left us
The code sings such happy songs
Six point two RC

この投稿にご協力いただいた次のみなさんに感謝いたします。@laurlittle@cbringmann, @audrasjb, @jpantani。 俳句は @nomad-skateboarding-dev

WordPress 6.2 ベータ 1

以下は、Jonathan Pantani が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.2 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.2 ベータ 1 がダウンロード、テストすることができるようになりました!

このバージョンの WordPress ソフトウェアは未だ開発段階にあるものです。本番運用中の重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストの実施はリスクが大きいので絶対に避けてください。代わりに、テスト用のサーバー、サイトでベータ1をテストしてください。

WordPress 6.2 ベータ 1 をテストするには以下の三通りの方法があります:

  • 方法その1WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。
  • 方法その2: こちらからベータバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。
  • 方法その3: 以下の WP-CLI コマンドを利用する:
    wp core update --version=6.2-beta1

今のところ、WordPress 6.2 の正式版リリースは7週間ほど先の2023年3月28日を予定しています。このリリースのすべてを可能な限り最高のものにするためには、このバージョンの皆さんのテストへの協力が不可欠です。

概要は6.2 リリースサイクルで得られます。また、これからの数週間はさらなる詳細を6.2関連の投稿記事Make WordPress Core ブログでチェックしてください。

テストへのご協力を!

問題や課題へのテストは、すべてのソフトウェア開発において重要な部分であり、経験の有無に関わらず、誰でも協力できる有意義な方法です。もし、まだベータテストをしたことがなければ、この詳細なガイドが始めるのに最適な場所になるでしょう。

もしあなたが WordPress のためのプロダクトを作っているのなら、テーマ、プラグイン、パターンを使ってこのリリースを早くテストすればするほど、あなたのユーザーにシームレスな体験を提供するのが簡単になることを実感していることでしょう。

一般的なリリースのテストについてもっと知りたいですか? Make Core で行われているテストへの取り組みをフォローしてみてください。また、Making WordPress Slack ワークスペース #core-test チャンネルに参加することもできます。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

Gutenberg の機能に興味がありますか? 現時点での最新メジャーリリースである WordPress 6.1 (前回の WordPress のメジャーバージョン) の公開より後にリリースされた Gutenberg の機能について調べたい場合は、以下の What’s New In Gutenberg 投稿を参照してください: 15.0, 14.9, 14.8, 14.7, 14.6, 14.5, 14.4, 14.3, そして 14.2

このリリースには、WordPress 6.2コア向けの195以上のチケットを含む、エディター向けの292以上の機能強化と354以上のバグ修正が含まれています。

メジャーなプロジェクトマイルストーンのためのメジャーリリース

WordPress 6.2は、Gutenberg プロジェクトのロードマップにおけるフェーズ2最後のメジャーリリースとして計画されたものの1つです。このプラットフォームはこの数年で大きな進歩を遂げました。6.2のリリースは、その進歩を祝うと同時にこれまで以上に強力なツールを手にすることができるパブリッシングの未来を期待するものです。

次の段階は、コラボレーションツールなどのフェーズ3です!

注目のハイライト

WordPress バージョン 6.2の新機能を知りたいですか? では少しご紹介します。

  • ベータ版のラベルはなくなりました。これは、サイトエディタが安定し、誰でも探索、作成、試行できるようになったこと意味します!
  • 書くことにフォーカスされたクリアな集中モード。
  • 新しいサイトエディタのインターフェイスでは、テンプレートとテンプレートパーツのプレビューが最初に表示されるので、編集を開始する場所を正確に選択できます。
  • ブロックの設定を分割して表示することで、スタイルと設定のオプションが整理され、必要なものが簡単に見つかり、ブロックにできることがすべて明確になります。
  • 色分けされたラベルにより、リストビュー、ブロックツールバー、キャンバスなど、どこにいてもテンプレートパーツと再利用可能ブロックをすばやく見つけることができます。
  • 改善されたナビゲーションにより、ブロック設定サイドバーから簡単にメニューの作成と管理ができるようになりました。
  • ヘッダーやフッターなどから選択できるカテゴリーが増え、パターンの検索や挿入がより簡単になりました。
  • 新しいスタイルブックでは、すべてのブロックのスタイルを一度に確認でき、サイトのデザインの詳細を完全に把握できます。
  • 特定のブロックやサイト全体のカスタム CSS のサポートにより、どのように見せたいのかを別のレベルでコントロールできます。
  • Openverse との連携により、フリーでオープンなライセンスのメディアを直接コンテンツに取り込めるようになり、既存の自分のライブラリからも素早くメディアを挿入することができます。
  • クラシックテーマからブロックテーマへの切り替え時にウィジェットがテンプレートパーツになり、よりスムーズに移行できます。

このリストは最終リリースまでに変更される可能性があります。

6.2の俳句

Last of Phase 2 now
Let’s get the party started
WordPress turns 20

この投稿に協力してくれた以下のコントリビューターに感謝します: @marybaum@laurlittle@cbringmann, @webcommsat, @audrasjb, @annezazu, @bhp

WordPress 6.1.1 メンテナンスリリース

以下の内容は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.1.1 Maintenance Release」を日本語に訳したものです。

誤字脱字、誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.1.1 が公開されました

WordPress 6.1.1は 29 件のコアのバグフィックス21件のブロックエディターのバグフィックス含んだショートサイクルのメンテナンスリリースです。このリリースの重要な変更については 6.1.1 RC1 の告知を参照してください。

次のメジャーリリースであるバージョン 6.2 は2023年に公開される予定です。

自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは更新プロセスが自動的に開始されます。

手動での更新を行う場合は、WordPress.org から WordPress 6.1.1 をダウンロード、または WordPress ダッシュボードにて「更新」をクリックし、「バージョン 6.1.1-ja に更新」をクリックします。

さらに詳しい情報はバージョン 6.1.1 の HelpHub ドキュメンテーションページを参照してください。

コントリビューターの皆さんへ感謝を

(訳注: 紙幅の都合により日本語訳ではリリースリードと100名以上のコントリビューターへの言及は割愛します。ぜひ原文をご参照ください。)

コントリビュートするには

WordPress のコア開発に参加するには、Trac に移動して チケットを選び#core#6-1-release-leads チャンネルで会話に参加してみてください。ヘルプが必要ですか? Core Contributor Handbook をご覧ください。

WordPress 6.1「ミーシャ」

以下は、Matt Mullenweg による WordPress.org 公式ブログの記事 WordPress 6.1 “Misha” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


「ミーシャ」へようこそ

WordPress 6.1 「ミーシャ」が登場しました。ソビエト・ノルウェー出身のジャズピアニスト、ミハイル “ミーシャ” アルペリンの人生と作品にインスパイアされたリリースです。ミーシャは、ソビエト連邦のジャズアンサンブルの活動を世界的に紹介しました。また、モスクワ・アート・トリオの創設メンバーとしても知られています。

「ミーシャ」は、サイト構築の体験をさらに洗練されたものに進化させます。WordPress 6.1 では、これまで以上に直感的なサイト制作が可能になり、ユーザーのクリエイティビティをこれまでになく向上できるでしょう。ミーシャのジャズピアノを聴きながら、WordPress 6.1 の世界をお楽しみください。

これは2022年のメジャーリリースの第3弾です。ぜひ今すぐダウンロードしてください。このリリース時点で、WordPress は世界中のサイトの43%を支えています。

サイトオーナーや管理者の方は、安定性、パフォーマンス、およびユーザビリティの強化を最大限に活用するために、すぐにアップグレードすることをおすすめします。また、WordPress のコンテンツ制作者には、執筆やデザイン体験を向上させるための新機能の数々を楽しんでいただけるでしょう。

このリリースには、WordPress コミュニティがプロジェクト開始以来、最も待ち望んできた機能が含まれています。エディターに追加された機能拡張と改善により、サイトオーナーにはより多くのコントロールと簡単なカスタマイズが可能になり、ユーザーはより一貫性のある使い心地を体験できるようになります。このリリースには、文章に焦点を当てた多くの改良が含まれています。「声なき人に声を与える」ためには、文章を書く人々にフォーカスする必要があるからです。

私が特に気に入っている改善は、ブロック内の段落を部分的に選択できるようになったこと、リストビューをデフォルトで開いたままにできる設定、内部リンクを追加するキーボードショートカットがすべてのブロックに拡張されたことなどです。

Josepha Haden Chomphosy、エグゼクティブディレクター
「WordPress 6.1「ミーシャ」」の続きを読む→

WordPress 6.1 リリース候補版 3

以下は、Jonathan Pantani による WordPress.org 公式ブログの記事 “WordPress 6.1 Release Candidate 3 (RC3) Now Available” を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 6.1 リリース候補版 3 (RC3) がテスト可能になりました。WordPress 6.1 の正式版リリースは約1週間後の2022年11月1日 (火) を予定しています。

この RC3 リリースは、最終的なレビューとチェックを行うことで、6.1 リリースの適応性を保証するためのテストとサポートを行う最後の機会です。WordPress のエコシステムは広大で、何千ものプラグインやテーマで構成されているため、みなさんに時間をとってお手伝いしていただくことでプロジェクト全体が恩恵を受けることができます。

このバージョンの WordPress ソフトウェアは未だ開発段階にあるものです。本番運用中の重要なウェブサイトへのインストール、実行、テストの実施はリスクが大きいので絶対に避けてください。テスト専用のサーバーを立ち上げてその上でテストを実施することが推奨されます。

WordPress 6.1 リリース候補版 3 をテストするには以下の三通りの方法があります:

  • 方法その1: WordPress Beta Tester プラグインをインストールして有効化する (「最前線」チャネルと「ベータ / RC のみ」ストリーム設定を選択) 。
  • 方法その2: こちらからベータバージョンの zip ファイルを直接ダウンロードする。
  • 方法その3: WP-CLI を利用してテストする:
    wp core update --version=6.1-RC3

6.1 リリースサイクルに関する追加情報もご利用ください。

これからの数週間、Make WordPress Core ブログの 6.1 関連の開発者ノートにさらなる変更についての詳細が掲載されるのでチェックしてください。

WordPress 6.1 RC3 での変更点

RC 2 以降、約60件の項目が対処されました。

WordPress 6.1 は、今年の1月と5月にそれぞれリリースされたバージョン 5.9 と 6.0 に続く、2022年の3番目のメジャーリリースです。

エンドユーザーと開発者それぞれに向けた注目の変更について詳しく知りたい方は、RC1 の告知記事に目を通し、WordPress 6.1 フィールドガイドをご覧になってみてください。

プラグインとテーマ開発者のみなさんへ

プラグインとテーマの開発者のみなさんは WordPress 6.0 RC1 に対してテストを開始してください。問題なく動くようであればそれぞれの readme.txt の “Tested up to” ヘッダーを 6.1 に更新してください。互換性の問題が見つかった場合はサポートフォーラムで詳しい情報を共有してください。11月1日の最終リリースに先立って問題を解消できるようご協力をお願いします。

翻訳にご協力ください

WordPress 6.1 の翻訳にぜひご協力ください

バグのない WordPress を保つために – テストにご協力ください

WordPress の開発過程においてリリースの安定性を高める上でテストの実施が非常に重要になります。テストに協力することはまたプロジェクトへの大きな貢献にもなります。ベータリリースのテストにこれまでに参加したことがない方には、まず最初の一歩を踏み出すための足がかりとしてこちらの詳細なガイドが役に立つでしょう。

テストは、今回ならびに将来の WordPress リリースが可能な限り安定して問題のないものになることを確かにする上で不可欠な過程です。そして、テストは誰でも参加が可能です。WordPress コミュニティのメンバーであるあなたの協力が大きな支えになります。

今回のようなリリースのテストについてもっと知りたいなら、Make Core のテストについての呼びかけを参照してみてください。Making WordPress の Slack ワークスペース内の公開チャンネルで議論に参加することもできます。

問題に遭遇したかもと思った時は、まずサポートフォーラムのアルファ・ベータエリアに報告をしてください。再現可能なバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac への報告をお願いします。既知のバグの一覧も Trac で閲覧可能です。

現時点での最新メジャーリリースである WordPress 6.0 の公開より後にリリースされた Gutenberg の機能について調べたい場合は、以下の What’s New In Gutenberg 投稿を参照してください。14.114.013.913.813.713.613.513.413.313.213.1


RC3 の俳句

The time ticks forward
Release nears ever closer
Download and review


この投稿に協力してくださった Dan SoschinJonny Harris に感謝します。