WordPress 5.0 ベータ 5

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 5」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 5 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 のリリース予定日が変更になりました。現在のところ11月27日を予定しており、手助けを必要としています。ベータ 4から修正した大項目がこちらになります。

ブロックエディター

The block editor has been updated to match the Gutenberg 4.4 のリリースに合わせて、ブロックエディターを更新しました。主な変更点は以下の通りです。

さらに、やっかいなバグを修正しました。

すべての変更点は Gutenberg 4.4 のリリース投稿で確認できます。

PHP 7.3 のサポート

最後の既知の PHP 7.3 の互換性問題を修正しました。Make WordPress Core ブログの開発者ノートを確認することで、PHP 7.3 とWordPress について知る必要のあることを勉強し直すことができます。

Twenty Nineteen

Twenty Nineteen をプライムタイムの準備万端の状態に持っていく作業が GitHub レポジトリで続いています。この更新は多くの改良とバグ修正を含んでいます。

  • .button クラスのサポートを追加。
  • ヘッダーに対する font-weights の修正。
  • エディターの固定ツールバーに対するサポートの改善。
  • テキスト選択時のカスタムカラーに対する可読性の改善。
  • Gutenberg のメタボックス領域がコンテンツと重なってしまうのを防ぐようにエディターを修正。

手助けするには

英語以外の言語を話せますか ? WordPress を100以上の言語に翻訳するお手伝いをしてください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア(日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。

WordPress 5.0 ベータ 4

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 4」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 4 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 のリリース予定日が変更になりました。現在のところ11月27日を予定しており、手助けを必要としています。ベータ 3から修正した大項目がこちらになります。

ブロックエディター

Gutenberg 4.3 のリリースに合わせて、ブロックエディターを更新しました。主な変更点は以下の通りです。

  • プラグインで文脈のデータを追加できるようにする Annotations API
  • インターフェースの異なるエリアを行ったり来たりするのはもちろん、ブロック間においても、キーボードナビゲーションをより一貫したものに。
  • 追加のラベリングとアナウンスによる、アクセシビリティの改善。

さらに、ベータ 3で現れたバグを修正しました。

  • メタボックスをより高度に利用できるようにするプラグインに対するサポートの改善。
  • スクリプトの連結をサポート。
  • Ajax の呼び出しが時折 PHP エラーを引き起こす。

国際化

プラグインとテーマの JavaScript に含まれる文字列を翻訳する API を追加しました。ブロックエディターはこれを使用しており、ご利用いただくことができます。はじめるには、開発者ノートをご覧ください。

Twenty Nineteen

Twenty Nineteen はGitHub レポジトリで改良されています。この更新には多くの改良とバグ修正を含んでいます。

  • メニューで適切にキーボード・タッチ操作をサポート。
  • 2番目のページリンクにフッターメニューを追加。
  • WordPress の旧バージョンにおける下位互換性の改善。

デフォルトテーマ

Twenty Ten から Twenty Seventeen までの、古いデフォルトテーマすべてにおいて、ブロックエディターのスタイルを改善しました。

手助けするには

英語以外の言語を話せますか ? WordPress を100以上の言語に翻訳するお手伝いをしてください。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。


International-
isation is a word with
many syllables.

Meta boxes are
the original style block.
Old is new again.

WordPress 5.0 ベータ 3

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 3 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 は11月19日のリリースを予定しており、手助けを必要としています。ベータ 2から修正した大項目がこちらになります。

ブロックエディター

ブロックエディターを更新し、来たる Gutenberg 4.2 リリースのすべての機能とバグ修正を含めました。さらに、以下のような最新のバグ修正や機能もあります。

  • 「カスタムフィールド」メタボックスのサポートを追加。
  • REST API リクエストの信頼性を向上。
  • 無数の微調整や改善。

Twenty Nineteen

GitHub レポジトリから Twenty Nineteen を更新しました。このバージョンにはチェックするべき新しいお楽しみがいっぱいです。

  • カスタマイザーでの部分更新ウィジェットのサポートを追加。
  • レスポンシブな埋め込みのサポートを追加。
  • モバイル端末での可読性と機能性向上のための微調整。
  • ネストしたブロックが本来よりも広くなってしまうのを修正。
  • より古い PHP 環境と IE11 でのエラーの修正。

手助けするには

英語以外の言語を話せますか ? WordPress を100以上の言語に翻訳するお手伝いをしてください。

コーディングや変更点のテストに貢献できる方は、大量のバグ掃除を今週予定しており、報告されたバグをすべて請け負うことができるくらい多くの人々の注目をぜひとも集めたいと思っています。

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。


WordPress Five Point Oh
is just two short weeks away.
Thank you for helping!
💖

WordPress 5.0 ベータ 2

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 2 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 は11月19日のリリースを予定しており、手助けを必要としています。ベータ 1から修正した大項目がこちらになります。

ブロックエディター

プラグインのブロックエディターを最新バージョンに更新しました。こちらには新しい Format API、embed の改善、様々なバグの修正を含んでいます。

メタボックスには少しバグがあり、ブロックエディターでまったく表示されなかったので、修正して完成させました。

国際化

JavaScript の翻訳ファイルの登録と読み込みをサポートしました。

Twenty Nineteen

Twenty Nineteen レポジトリが活動の中心地となっており、大量のマイナーバグの一掃と主要な追加は以下の通りです。

  • ページのフッターにウィジェットエリアができました。
  • モバイル端末に対してナビゲーションのサブメニューが実装されました。
  • カスタマイザーに、テーマカラーとアイキャッチ画像のフィルターを変更するオプションが追加されました。

その他のすべて

REST API にはたくさんのバグ修正とパフォーマンスの改善がされています。PHP 7.3 の互換性も向上しています。


We’re fixing the bugs:
All the ones you’ve reported.
Some that we’ve found, too.

WordPress 5.0 ベータ 1

以下は、Gary Pendergast が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 5.0 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.0 ベータ 1 (英語版) がご利用いただけるようになりました。

このソフトウェアはまだ開発中ですので、本番サイトで使うことはおすすめしません。新しいバージョンを試すためにテストサイトを立ち上げることを検討してみてください。既存のテストサイトを使用する場合は、Gutenberg プラグインをバージョン4.1に更新してください。

WordPress 5.0 ベータ版をテストする方法は2つあります。WordPress Beta Tester プラグイン (「最新版ナイトリービルド」を選択 ) を利用するか、ベータ版の ZIP ファイルをこちらからダウンロードしてください。

WordPress 5.0 は11月19日のリリースを予定しており、手助けを必要としています。数週間のうちにできる限り多くのバグを見つけられるようにテストが必要な大項目がこちらになります。

ブロックエディター

新しい Gutenberg ブロックエディターはデフォルトの投稿エディターです。

ブロックエディターはモダンで、メディアを駆使した編集体験を提供します。コードを一行たりとも書くことなく、柔軟で美しいコンテンツを作ることができ、ブロックエディターが提供するモダンなプログラミング API に没頭できます。

WordPress 5.0 をインストールする前でも、こちらでブロックエディターを試すことができます。

もちろん、この変化に対する準備がまだできていないかもしれないことも認識しています。もしそうだとしたら、Classic Editor プラグインをインストールすれば、WordPress 5.0 にアップグレードした後も、慣れ親しんだエディターをデフォルトのままにすることができるでしょう。

Twenty Nineteen

ブロックエディターと一緒に、ブロックエディターの提供する新機能を活かすことができる、Twenty Nineteen と呼ばれる新しいデフォルトテーマもあります。

Twenty Nineteen については紹介記事でより詳しく知ることができ、GitHub repository で開発の過程を追うことができます。

デフォルトテーマ

もちろん、美しく新しいデフォルトテーマをリリースして、これまでの古いテーマのすべてをそのままにはできませんでした。はるか Twenty Ten まで遡り、新しいブロックエディターが似合うように、すべてのデフォルトテーマを更新しました。

手助けするには

英語以外の言語を話せますか ? WordPress を100以上の言語に翻訳するお手伝いをしてください。 既知の問題: ブロックが非ラテン文字を含む場合に、ブロックオートコンプリートが失敗します。プラス記号でブロックを追加すればうまくいき、このバグは Gutenberg 4.1 プラグインで修正されます。 🙂

バグを見つけたと思った場合は、サポートフォーラムのアルファ・ベータエリア (日本語) に投稿できます。情報をお待ちしています!もし再現可能なバグ報告を書けるなら WordPress Trac に報告してください。こちらでは既知のバグ一覧も見ることができます。


Minor bug fixes
Add up one by one by one
Then you change the world

WordPress 4.9.8 メンテナンスリリース

以下は、Paul Biron が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、WordPress 4.9.8 Maintenance Release を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9.8 がご利用いただけるようになりました。このメンテナンスリリースでは、46件のバグ修正、改善・”Blessed” タスクを行いました。同梱テーマ Twenty Seventeen の更新も含まれます。

以下は、利用できるようになった内容のハイライトです。

「Gutenberg を試そう」の呼びかけ

ほとんどのユーザーには、WordPress ダッシュボードに通知が表示されるようになります。この「Gutenberg を試そう」という呼びかけは、WordPress 5.0 でリリースされる前に、ユーザーが Gutenberg ブロックエディターを使用する機会を提供します。

WordPress 4.9.8 では、この呼びかけは以下のユーザーに表示されます。

  • もし Gutenberg プラグインをインストールしていない、または有効化していない場合は、シングルサイトの管理者とマルチサイトの特権管理者に表示されます。
  • もし Gutenberg プラグインをすでにインストール・有効化している場合は、寄稿者権限以上の人に表示されます。
  • もし Classic Editor プラグインをインストール・有効化している場合は、どのユーザーにも表示されません。

さらに詳しい情報は “Try Gutenberg” Callout in WordPress 4.9.8 で読んでいただけます。

プライバシー関連の修正と改善

このリリースには、4.9.6 で追加された新しいパーソナルデータツールの一貫性と柔軟性を確保することにフォーカスした18のプライバシー修正が含まれています。

  • 確認しようとしているリクエストの種類が、すべてのプライバシー確認メールの件名に含まれるようになりました。
  • マルチサイトでのプライバシーメールに使用されているサイト名の一貫性を向上しました。
  • プライバシーリクエスト管理画面のページ送りを調整できるようになりました。
  • 一部の主要プライバシー機能のテストカバレッジを向上させました。

更に詳しく知りたい方向けには、4.9.8 で修正されたすべての問題についての詳細がこちらの投稿にあります

WordPress 4.9.8 (日本語版) をダウンロードするか、「ダッシュボード」 → 「更新」へ行き「今すぐ更新」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは、すでに自動更新が始まっています。

WordPress 4.9.8に貢献してくれたみなさん、ありがとうございます。

1naveengiriAaron D. CampbellAaron JorbinAbdullah RamzanalejandroxlopezAllen SnookAndrea FerciaAndrew OzzAndrew TaylorArunAyesh KarunaratneBirgir Erlendsson (birgire)Birgit Pauli-HaackBjornWBoone GorgesBrandon KraftBurhan NasirChetan PrajapatiChris LemaCorey McKrillDaniel BachhuberDaniel JamesDavid HerreraDion HulseDominik Schilling (ocean90)dontstealmyfishdyrerFelipe EliaFelix ArntzFernando ClaussenGarethGarrett HyderGary PendergastGennady KovsheninGM_AlexHeather BurnsIan DunnibelangerimathJb AudrasJeremy PryJJJJoe McGillJoen AsmussenJohn BlackbournJonathan DesrosiersJonny HarrisJosephaJoshuaWoldJoyjrfK. Adam WhitekhaihongkjellrKonstantinos XenoslaurelfulfordlbenicioLeander IversenleemonmacbookandrewMarius L. J.Matias VenturaMel ChoycemensmaximusmermelmetalandcoffeemichelleweberMilan DinićMuhammad KashifNaoko TakanoNathan JohnsonOv3rflypalmiakPaul BironPrashant BaldhaPressTigersprogramminRafsun ChowdhuryredcastorRobin CornettSergey BiryukovSimon ProsserskoldinspyderbytesSubrata SarkarSébastien SERRETammie ListertharsheblowsThomas Patrick LevytimbowesohftTimothy JacobsTobias ZimpelTor-Bjorn FjellnerTowhidul IslamUsman KhalidwarmlaundryWilliam EarnhardtYuiYuriV.

WordPress 4.9.7 セキュリティ・メンテナンスリリース

以下は、Aaron D. Campbell が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、WordPress 4.9.7 Security and Maintenance Release を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9.7 がご利用いただけるようになりました。これは WordPress 3.7 以降のすべてのバージョンに対するセキュリティ・メンテナンスリリースとなります。今すぐにサイトの更新を行うことを強くおすすめします。

バージョン 4.9.6 以前の WordPress は、特定の権限を持つユーザーが uploads ディレクトリ外のファイルを削除できてしまう可能性のあるメディアの問題の影響を受けます。

問題を報告してくださった Slavco と 関連する問題の報告をしてくださった Matt Barry に感謝いたします。

WordPress 4.9.7 では、その他17個のバグが修正されました。特筆すべきは、下記となります。

  • タクソノミー: タームクエリーのキャッシュ処理の改善。
  • 投稿、投稿タイプ: ログアウト時に投稿パスワード Cookie をクリア。
  • ウィジェット: ウィジェット管理画面のサイドバーの説明にベーシックな HTML タグを許可。
  • コミュニティイベントダッシュボード: 複数のミートアップが行われている場合でも、常に最寄りの WordCamp を表示。
  • プライバシー: 管理者のコンテキスト外でリライトルールをフラッシュした時に、デフォルトのプライバシーポリシーの内容が致命的なエラーを引き起こさないことを確認。

WordPress 4.9.7 (日本語版) をダウンロード、または、「ダッシュボード」 → 「更新」へ行き「今すぐ更新」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは、すでに自動更新が始まっています。

なお、以前に予定されていた 4.9.7 は、4.9.8 となり、昨日公開されたリリーススケジュールに従ってリリースされる予定です。

WordPress 4.9.7 に貢献してくださったすべての方に感謝いたします:

1naveengiri, Aaron Jorbin, abdullahramzan, alejandroxlopez, Andrew Ozz, Arun, Birgir Erlendsson (birgire), BjornW, Boone Gorges, Brandon Kraft, Chetan Prajapati, David Herrera, Felix Arntz, Gareth, Ian Dunn, ibelanger, John Blackbourn, Jonathan Desrosiers, Joy, khaihong, lbenicio, Leander Iversen, mermel, metalandcoffee, Migrated to @jeffpaul, palmiak, Sergey Biryukov, skoldin, Subrata Sarkar, Towhidul Islam, warmlaundry, and YuriV.

WordPress 4.9.6 プライバシー・メンテナンスリリース

以下は、Allen Snook が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9.6 Privacy and Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9.6 がご利用いただけるようになりました。これはプライバシーとメンテナンスについてのリリースです。サイトの更新を行い、新しいプライバシー機能をご利用ください。

A decorative header featuring the text "GDPR" and a lock inside of a blue shield, on multicolor green background.

プライバシー

欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が5月25日に発効となります。GDPR は、個人情報の収集・使用・共有の方法について、企業とサイト所有者に透明性を要求します。また、個人には、自身の
個人情報が、収集・使用・共有される際により多くのアクセスと選択肢を提供します。

GDPR は欧州の規則ですが、その要件は、ビシネスの拠点にかかわらず、EU 住民の個人情報を収集・保管・処理するすべてのサイトとオンラインビジネスに適用されるということを理解することが重要です。

GDPR の詳細については、欧州委員会のデータ保護ページを参照してください。

私たちは、この重要な法律を遵守するために世界中のサイト運営者を支援する努力をしており、その取り組みの一環として、本リリースでは多数の新しいプライバシー機能を追加しました。

コメント

A screenshot of a comment form, where the new "Save my name, email, and website in this browser for the next time I comment" checkbox is featured.

ログアウト状態のコメント投稿者は、自身の名前、メールアドレス、ウェブサイトをブラウザーの Cookie に保存するかどうか選択できます。

プライバシーポリシーページ

A screenshot of the new Privacy Settings page.

サイト所有者がプライバシーポリシーページを指定できるようになりました。このページはログインページと登録ページに表示されます。ポリシーへのリンクは、ウェブサイトのすべてのページに手動で追加する必要があります。フッターメニューがあるなら、プライバシーポリシーを含める場所として最適です。

加えて、私たちは WordPress からの提案テキストとプラグインの個人データ取り扱いを含むガイドを作成しました。これらの提案テキストをコピーアンドペーストしてサイトのプライバシーポリシーを書き始めるのもよいでしょう。

データを収集するプラグインを開発している場合は、その情報を WordPress のプライバシーポリシーガイドに含めることをおすすめします。詳しくは、プラグインハンドブックのプライバシーセクションをご覧ください。

データの取り扱い

A screenshot of the new Export Personal Data tools page. Several export requests are listed on the page, to demonstrate how the new feature will work.

データエクスポート

サイト所有者は、WordPress とプラグインによって収集されたユーザーの個人データ・利用データを含む ZIP ファイルをエクスポートできます。

データ消去

サイト所有者は、プラ​​グインによって収集されたデータ含むユーザーの個人データを消去することができます。

こんにちは。

お持ちのアカウントに対し、次の操作を実行するようリクエストがありました。

個人データのエクスポート

確認のため、下記のリンクをクリックしてください。
https://.wordpress.org/wp-login.php?action=confirmaction…

この操作を希望しない場合は、このメールを無視し、削除してかまいません。

このメールは you@example.com へ送信されました。

よろしくお願いします。
WordPress 運営者一同
https://wordpress.org

サイト所有者には、個人データリクエストを確認するための新しい電子メールベースの方法が用意されています。このリクエスト確認ツールは、エクスポートと消去リクエストの両方に、また、登録ユーザーとコメント投稿者の両方に機能します。


メンテナンス

WordPress 4.9.6 では、上記以外に95個の更新が行われました。特筆すべきは、次となります。

  • 「所有」フィルターがメディアライブラリに追加されました。
  • 管理画面プラグインページで PHP の最低必要バージョンが表示されるようになりました。
  • 前方互換と適切な変数検証のため、新しい PHP polyfill が追加されました。
  • TinyMCE が最新版(4.7.11)に更新されました。

4.9.6 で修正されたすべての問題の詳細情報を知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください

WordPress 4.9.6 (日本語版) をダウンロード、または、「ダッシュボード」 → 「更新」へ行き「今すぐ更新」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは、すでに自動更新が始まっています。

現在 WordPress 4.9.3 をご使用の場合は、ただちにサイトを手動で更新してください。


WordPress 4.9.6 に貢献してくださったすべての方に感謝いたします:

Aaron D. Campbell, Aaron Jorbin, abdullahramzan, Adam Silverstein, Alain Schlesser, allendav, Andrea Fercia, Andrea Middleton, Andrew Ozz, Ayesh Karunaratne, Birgir Erlendsson (birgire), bridgetwillard, Burlington Bytes, Chetan Prajapati, claudiu, Corey McKrill, Daniel Bachhuber, David Herrera, Dominik Schilling (ocean90), Ella Van Dorpe, Eric Daams, Fernando Claussen, Garrett Hyder, Gary Pendergast, Heather Burns, Helen Hou-Sandi, herregroen, Ian Dunn, ibelanger, imath, Jb Audras, Jeffrey Paul, Jeremy Felt, Jesper V Nielsen, JJJ, Joe McGill, John Blackbourn, Jonathan Desrosiers, Josepha, jrf, Kåre Mulvad Steffensen, Laken Hafner, laurelfulford, lbenicio, macbookandrew, Marius L. J., Mel Choyce, Michael Nelson, Mike Jolley, Pascal Casier, pbrocks, postphotos, Prashant Baldha, PressTigers, programmin, Robin Cornett, Sergey Biryukov, Stefano Lissa, Stephane Daury (stephdau), Subrata Sarkar, Tammie Lister, teddytime, thomasplevy, Timothy Jacobs, Tobias Zimpel, Tom J Nowell, Tor-Bjorn Fjellner, Towhidul Islam, voneff, William Earnhardt, and Xenos (xkon) Konstantinos.

WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

以下は、Aaron D. Campbell が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9.5 Security and Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9.5 がご利用いただけるようになりました。これは WordPress 3.7 以降のすべてのバージョンに対するセキュリティ・メンテナンスリリースとなります。今すぐにサイトの更新を行うことを強くおすすめします。

バージョン 4.9.4 以前の WordPress は、3つのセキュリティ問題の影響を受けます。コアチームの継続的なセキュリティ強化の取り組みにより、4.9.5 では、次の修正が実装されました。

  1. デフォルトで localhost を同じホストとして扱わない。
  2. SSL が強制されている場合に、ログインページのリダイレクトに安全なリダイレクトを使用する。
  3. ジェネレータータグでバージョン文字列が正しくエスケープされていることを確認する。

これらの問題について、連携したセキュリティ情報開示を実践してくださった報告者、WordPress セキュリティチームの xknownNitin Venkatesh(nitstorm)、WordPress セキュリティチームの Garth Mortensen に感謝いたします。

WordPress 4.9.5 では、その他25個のバグが修正されました。特筆すべきは、以下となります。

  • キャプションショートコードで以前のスタイルが復元されました。
  • タッチスクリーンデバイスでクロッピングがサポートされるようになりました。
  • エラーメッセージなどの文字列がより明解となるよう更新されました。
  • アップロード中の添付ファイルのプレースホルダーの位置が修正されました。
  • REST API JavaScript クライアントのカスタムノンス機能が、コードベース全体で一貫したものとなりました。
  • PHP 7.2 との互換性が向上しました。

4.9.5 で修正されたすべての問題の詳細情報を知りたい場合は、こちらの記事をご覧ください

WordPress 4.9.5 (日本語版) をダウンロード、または、「ダッシュボード」 → 「更新」へ行き「今すぐ更新」をクリックしてください。自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでは、すでに自動更新が始まっています。

WordPress 4.9.5 に貢献してくださったすべての方に感謝いたします:

1265578519, Aaron Jorbin, Adam Silverstein, Alain Schlesser, alexgso, Andrea Fercia, andrei0x309, antipole, Anwer AR, Birgir Erlendsson (birgire), Blair jersyer, Brooke., Chetan Prajapati, codegrau, conner_bw, David A. Kennedy, designsimply, Dion Hulse, Dominik Schilling (ocean90), ElectricFeet, ericmeyer, FPCSJames, Garrett Hyder, Gary Pendergast, Gennady Kovshenin, Henry Wright, Jb Audras, Jeffrey Paul, Jip Moors, Joe McGill, Joen Asmussen, John Blackbourn, johnpgreen, Junaid Ahmed, kristastevens, Konstantin Obenland, Laken Hafner, Lance Willett, leemon, Mel Choyce, Mike Schroder, mrmadhat, nandorsky, Nidhi Jain, Pascal Birchler, qcmiao, Rachel Baker, Rachel Peter, RavanH, Samuel Wood (Otto), Sebastien SERRE, Sergey Biryukov, Shital Marakana, Stephen Edgar, Tammie Lister, Thomas Vitale, Will Kwon, and Yahil Madakiya.

WordPress 4.9.4 メンテナンスリリース

以下は、Dion Hulse が書いた WordPress.org 公式ブログの記事、「WordPress 4.9.4 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 4.9.4 がご利用いただけるようになりました。

このメンテナンスリリースは、自動バックグラウンド更新をサポートするサイトが自動更新されなくなる 4.9.3 の重大なバグを修正します。4.9.4 への更新は、ご自身(または、ホスティング会社)によるアクションを必要とします。

我々は、WordPress 3.7「Basie」で、ユーザー自身が行うことなくウェブサイトを安全かつバグフリーに保つ WordPress 自己更新機能を追加しました。その機能は、4年間にわたり、ほとんど問題もなく何百万もの更新インストールを助けてきました。残念なことに、昨日の 4.9.3 に深刻なバグが含まれていることがリリースの後にわかりました。このバグは、WordPress が 4.9.4 へ自己更新を行う際にエラーを発生させるため、WordPress のダッシュボード、または、ホスティング環境の更新ツールから更新を実行する必要があります。

顧客向けにアップデート版を自動インストールしている WordPress のマネージドホスティング会社では、通常どおりアップデート版をインストールできるでしょう。その他のホスティング会社については、可能な限り多くの顧客が WordPress 4.9.4 に自動更新できるよう協力したいと思います。

この問題の技術的詳細については、コア開発ブログの記事をご覧ください。全ての変更点については、チケットのリストを参照してください。

WordPress 4.9.4 (日本語版) をダウンロード、または、「ダッシュボード」 → 「更新」へ行き「今すぐ更新」をクリックしてください。