WordPress 5.7.1 セキュリティとメンテナンスのリリース

以下は、Peter Wilson が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7.1 Security and Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7.1 が利用可能になりました。

これは2点のセキュリティ修正と26点のバグ修正を含んだセキュリティとメンテナンスのリリースです。セキュリティ修正を含むものですので、今すぐサイトを更新することを勧めます。WordPress 4.7 以降の全メジャーバージョンの更新も併せて行われています。

WordPress 5.7.1 は短いサイクルでのセキュリティとメンテナンスのリリースです。次のメジャーバージョンリリースは 5.8 になります。

WordPress 5.7.1 は WordPress.org からダウンロードするか、ダッシュボード > 更新 メニューで 今すぐ更新 をクリックして更新できます。

自動バックグラウンド更新がサポートされたサイトではすでに更新のプロセスが始まっているでしょう。

セキュリティ更新

バージョン 4.7 から 5.7 までのすべての WordPress に影響する2点のセキュリティ問題が修正されました:

  • SonarSource により報告された、PHP 8 環境で発生するメディアライブラリの XXE 脆弱性。
  • Mikael Korpela により報告された、REST API のデータ露出脆弱性。

非公開での脆弱性情報提供にご理解くださった報告者の皆さんに感謝します。それによってセキュリティチームは時間を稼ぐことができ、実際に WordPress サイトが攻撃を受けるより前に脆弱性を修正することができました。

これらの問題に関して、Adam Zielinski、Pascal Birchler、Peter Wilson、Juliette Reinders Folmer、Alex Concha、Ehtisham Siddiqui、Timothy Jacobs、そして WordPress セキュリティチームの多大な貢献がありました。

より詳しい情報は、Trac 上の変更点の完全なリストを参照、または 5.7.1 の HelpHub ドキュメンテーションページを確認してください。

感謝と称賛を

(翻訳者より: 日本語版では貢献者全員の名前を載せることができませんので、オリジナルの英語版リリース告知をぜひ参照してください。)

WordPress 5.7 “エスペランサ”

以下は、Matt Mullenweg が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7 “Esperanza”」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7 エスペランサ

管理画面に導入された新しいカラーパレット。よりシンプルな操作を可能にするエディター。適切な場所に配置されたコントロール。WordPress 5.7 はあなたがコンテンツに集中できる環境を作ります。

2021年最初の WordPress リリース、「エスペランサ」を紹介します。「エスペランサ」は現代の天才的ミュージシャン、エスペランサ・スポルディングにちなんで名付けられました。彼女の音楽家としての事績は多岐に渡り、気持ちを奮い立たせます。エスペランサ・スポルディングについてもっと知ってください。そして彼女の音楽を聴いてみてください !

この新しいバージョンではエディターの色設定を整理し、これまでコードを書いたり、プロを雇ったりすることなく変更することはできなかった箇所での操作が可能になりました。よく使うコントロールをさらに多数の必要な場所へ配置し、レイアウト変更もさらにシンプルになりました。

エディターがもっと使いやすくなりました

より多くの場所でのフォントサイズ調整: リストブロックとコードブロックでフォントサイズの制御が必要な時には、ブロック内でできるようになりました。この変更を行うためだけに別の画面に移動する必要はもうありません。

再利用可能ブロック: いくつかの機能強化により、再利用可能ブロックがより安定し、使いやすくなりました。また、「更新」ボタンをクリックすると、投稿時に自動保存されるようになりました。

インサーターのドラッグ & ドロップ: インサーターから直接、ブロックとブロックパターンを投稿にドラッグできます。

カスタムコーディング無しでできることがさらに多く

最大高の配置: カバーブロックのようなブロックを、ウィンドウ全体に表示できるようになりました。

ボタンブロック: 縦または横のレイアウトを選択できます。また、ボタンの幅を事前に設定したパーセンテージに設定できます。

ソーシャルアイコンブロック: アイコンのサイズを変更できるようになりました。

よりシンプルなデフォルトカラーパレット

この新しく効率化されたカラーパレットでは、WordPress のソースコードに含まれていたすべての色を、白と黒に対してWCAG 2.0AA 推奨コントラスト比を満たす7つのコアカラーと56の色調範囲にまとめました。

デフォルトの WordPress ダッシュボード配色の新しい配色を、テーマやプラグイン、またはその他のコンポーネントを作成するときに使用しましょう。詳細についてはカラーパレットの開発メモをご覧ください。

ワンクリックで HTTP から HTTPS へ

これからは、ワンクリックでサイトを HTTP から HTTPS へ切り替えられます。切り替えを行うと、WordPress はデータベースの URL を自動更新します。探したり推測したりする必要はもうありません。

新しい Robots API

新しい Robots API では robots メタタグにフィルターディレクティブを含めることができ、API には max-image-preview: large ディレクティブがデフォルトで含まれています。つまり、検索エンジンはより大きな画像プレビューを表示できます。これがトラフィックを後押ししてくれることもあるでしょう (サイトが not-public、つまり非公開とマークされている場合を除く)。

iframe の遅延読み込み

簡単に iframe を遅延読み込みできます。幅と高さの両方を指定すると、デフォルトで WordPress は iframe タグに loading="lazy" 属性を追加します。

jQuery 3.5.1 へのアップデート後の継続的なクリーンアップ

長年 jQuery は、ベーシックなツールではできなかった画面上の物に動きをつけるのを支援してきましたが、それは変化し続けており、jQuery もまた変化しています。

5.7では jQuery はさらに焦点を絞って干渉することが減り、コンソール内のメッセージも少なくなりました。

詳細はフィールドガイドを参照してください。

WordPress フィールドガイドの最新バージョンを参照してください。各変更の開発者向けノートをまとめた必読のガイドです。WordPress 5.7 フィールドガイド

リリースチーム

WordPress 5.7 は経験豊富な少数精鋭のリリースチームの主導によりリリースされました:

  • Release Lead: Matt Mullenweg
  • Triage Lead: Tonya Mork
  • Release Coordinator: Ebonie Butler
  • Core Tech Lead: Sergey Biryukov
  • Editor Tech Lead: Robert Anderson
  • Design Lead: Tim Hengeveld
  • Accessibility Lead: Sarah Ricker
  • Documentation Lead: Jb Audras
  • Test Lead: Monika Rao

このリリースは総勢481名のボランティア貢献者たちのハードワークの賜物です。GitHub では約250件のチケットと約950件のプルリクエストが作成され、活発な協働が行われました。(翻訳者より: 日本語版では貢献者全員の名前を載せることができませんので、オリジナルの英語版リリース告知をぜひ参照してください。)

WordPress 5.7 RC 2

以下は、Ebonie Butler が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7 Release Candidate 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7 のリリース候補第2版 (RC 2) が利用可能になりました ! 🎉

WordPress 5.7 RC をテストする方法は二通りあります:

ベータおよび RC リリースをテストしてフィードバックをくださったコントリビューターのみなさん、ありがとうございます。バグのテストはリリースを万全に行う上で不可欠な要素です。

プラグイン・テーマ開発者のみなさんへ

自作のプラグインやテーマを WordPress 5.7 でテストして、問題なければ readme.txt の Tested up to バージョンを 5.7 に更新してください。互換性の問題を発見した場合はサポートフォーラムへ投稿してください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで)。そうすれば最終リリースの前までに解決できるかもしれません。

WordPress 5.7 Field Guide に主要な変更に関するより詳しい情報があるので参照してください。

ご協力ください

英語以外の言語話者の方はぜひ WordPress の翻訳にご協力ください

バグを見つけたと思ったときはサポートフォーラムの Alpha/Beta エリアに投稿してお知らせください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで) 。再現条件を含むバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac までご報告ください。既知のバグのリストも Trac で確認できます。

WordPress 5.7 RC

以下は、Ebonie Butler が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7 Release Candidate」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7 の最初のリリース候補版 (RC) が利用可能になりました ! 🎉

最終リリースへと続くコミュニティの重要なマイルストーンを一緒にお祝いしましょう !

「リリース候補」というのはつまり、新バージョンのリリース準備はあらかた済んでいるものの、とは言っても何百万人ものユーザーがいて何千種ものプラグインやテーマがある環境にこれから放り込もうというのですから、何かしら見落としがあってはいけません。WordPress 5.7 は3月9日にリリースを予定していますが、それにはあなたの手助けが必要です。まだ 5.7 を試していないなら今がその時です !

WordPress 5.7 RC をテストする方法は二通りあります:

ベータリリースをテストしてフィードバックをくださったコントリビューターのみなさん、ありがとうございます。バグのテストはリリースを万全に行う上で不可欠な要素です。

WordPress 5.7 で何が変わるの ?

  • ロボット API とメディア検索エンジン可視性
  • HTTPS サポートの検出
  • 遅延ロード iframe
  • jQuery migrate 関連非推奨通知のクリーンアップ
  • 管理画面カラーパレットの標準化
  • 最新版の Gutenberg プラグイン

プラグイン・テーマ開発者のみなさんへ

自作のプラグインやテーマを WordPress 5.7 でテストして、問題なければ readme.txt の Tested up to バージョンを 5.7 に更新してください。互換性の問題を発見した場合はサポートフォーラムへ投稿してください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで)。そうすれば最終リリースの前までに解決できるかもしれません。

WordPress 5.7 Field Guide に主要な変更に関するより詳しい情報があるので参照してください。

ご協力ください

英語以外の言語話者の方はぜひ WordPress の翻訳にご協力ください。WordPress 5.7 の翻訳対象語句はこの RC において確定され、今後の変更はない見込みです。

バグを見つけたと思ったときはサポートフォーラムの Alpha/Beta エリアに投稿してお知らせください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで) 。再現条件を含むバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac までご報告ください。既知のバグのリストも Trac で確認できます。

WordPress 5.6.2 メンテナンスリリース

以下は、Jonathan Desrosiers が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.6.2 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.6.2が利用可能になりました。

今回のメンテナンスリリースでは、5個のバグ修正が行われています。これらのバグは WordPress バージョン 5.6.1 に影響を与えますので、アップグレードをお勧めします。

WordPress 5.6.2は直接ダウンロード可能です。または、管理画面メニュー「ダッシュボード」→「更新」から「今すぐ更新」をクリックします。自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトではすでに更新プロセスが始まっていることでしょう。

WordPress 5.6.2は、ユーザー側の問題を修正することに焦点を当てた小規模なメンテナンスリリースです。次のメジャーリリースはバージョン5.7で、いまのところ、2021年3月9日のリリースを予定しています。

変更のすべてのリストは閲覧するには Trac のリストを参照するか、5.6.2 RC1 についての投稿をお読になるか、5.6.2ドキュメントページを開いてみてください。

感謝と敬意を!

5.6.1 は@desrosj によってリードされました。ブロックエディター関連の修正の準備を手伝ってくれた@isabel_brison@talldanwp、その他のリリース関連のタスクを手伝ってくれた@audrasjb@sergeybiryukov に感謝します。

WordPress 5.6.2のリリースに関わってくれたみなさまに感謝します:

aaronrobertshaw, Addie, André Maneiro, archon810, Ari Stathopoulos, bartosz777, Bernhard Reiter, Daniel Richards, David Anderson, dbtedg, glendaviesnz, hmabpera, ibiza69, Isabel Brison, Jason Ryan, Jb Audras, Juliette Reinders Folmer, Kai Hao, Kerry Liu, Konrad Chmielewski, Jorge Costa, magnuswebdesign, Marius L. J., Matt Wiebe, Mukesh Panchal, Paal Joachim Romdahl, Prem Tiwari, Q, Riad Benguella, Robert Anderson, roger995, Sergey Biryukov, Sergey Yakimov, Steven Stern (sterndata), Takashi Kitajima, tonysandwich, worldedu, Yui.

WordPress 5.7 ベータ 3

以下は、Ebonie Butler が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7 Beta 3」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7 ベータ 3 をテストする準備が整いました ! 🗣

ベータバージョンはこのソフトウェアが未だ開発途上にあることを意味します。従って、このバージョンを本番運用中のサイトで利用することは推奨されません。テスト用の環境を設けてそこで試用することをお勧めします。

WordPress 5.7 ベータ 3 をテストする方法は二通りあります:

現時点で設定されている正式リリース日は3月9日です。正式リリースをできる限り問題の少ないものにできるよう、ぜひご協力をお願いします。

ベータ 3 の主な変更

ベータ 2 のリリース後、27件のバグ修正が行われました。いくつかの主要な変更を以下に整理します:

  • 管理画面の多数のボタンで色コントラストの調整を実施しアクセシビリティと可読性を改善 (#52402)
  • Twenty Twenty-One テーマの修正 (#52287, #52377, #52431, #52500, #52502, #52412)
  • エディターの使用書体をシステムフォントに置き換えることでプライバシーとパフォーマンスを改善 (#46169)
  • register_block_type_from_metadata 関数に国際化のサポートを追加 (#52301)
  • メディアアップロード時のエラーのアクセシビリティを改善 (#47120)
  • paginate_links 関数を利用して出力されるページネーションリンクに変更を加えるための新しいフィルター (#44018)

ご協力ください

これからの数週間にわたって 5.7 関連の開発者ノートが Make WordPress Core ブログに掲載されますので目を通してください。

これまでのところ WordPress 5.7 で171件のチケットが貢献者のみなさんの協力により解決されました。これには64件の新機能と機能強化が含まれ、さらに多数のバグ修正が進行中です。

テストをしましょう !

バグのテストはベータステージにあるリリースを磨き上げる上で特に重要な意味を持つ貢献です。✨

バグを見つけたと思ったときはサポートフォーラムの Alpha/Beta エリアに投稿してお知らせください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで) 。再現条件を含むバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac までご報告ください。既知のバグのリストも Trac で確認できます。

WordPress 5.7 ベータ 2

以下は、Ebonie Butler が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7 Beta 2」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7 ベータ 2 をテストする準備が整いました ! 🗣

ベータバージョンはこのソフトウェアが未だ開発途上にあることを意味します。従って、このバージョンを本番運用中のサイトで利用することは推奨されません。テスト用の環境を設けてそこで試用することをお勧めします。

WordPress 5.7 ベータ 2 をテストする方法は二通りあります:

現時点で設定されている正式リリース日は3月9日です。正式リリースをできる限り問題の少ないものにできるよう、ぜひご協力をお願いします。

ベータ 2 の主な変更

ベータ 1 のリリース後、38件のバグ修正が行われました。いくつかの主要な変更を以下に整理します:

  • アクセシビリティと可読性の向上のため、イタリック体のテキストを削除 (#47326)
  • メディアモーダルを閉じる際に再生中のメディアを停止する (#48562)
  • Content-Security-Policy スクリプトローダーを追加 (#39941)
  • Twenty Twenty-One テーマのいくつかの修正 (#50454#52432#52433#52473#52477, #52374)
  • Gutenberg エディターで custom-spacing をサポートする (#51760)
  • 中〜大サイズのスクリーンにおけるメニュー UI の問題を解決 (#49576)
  • 管理画面 UI カラーパレット: すべてのインタラクティブ要素に適切なコントラスト比を持たせる (#52402)

ご協力ください

これからの数週間にわたって 5.7 関連の開発者ノートが Make WordPress Core ブログに掲載されますので目を通してください。

これまでのところ WordPress 5.7 で157件のチケットが貢献者のみなさんの協力により解決されました。これには68件の新機能と機能強化が含まれ、さらに多数のバグ修正が進行中です。

テストをしましょう !

バグのテストはベータステージにあるリリースを磨き上げる上で特に重要な意味を持つ貢献です。✨

バグを見つけたと思ったときはサポートフォーラムの Alpha/Beta エリアに投稿してお知らせください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで) 。再現条件を含むバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac までご報告ください。既知のバグのリストも Trac で確認できます。

WordPress 5.7 ベータ 1

以下は、Ebonie Butler が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.7 Beta 1」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.7 ベータ 1 をテストする準備が整いました ! 🗣

ベータバージョンはこのソフトウェアが未だ開発途上にあることを意味します。従って、このバージョンを本番運用中のサイトで利用することは推奨されません。テスト用の環境を設けてそこで試用することをお勧めします。

WordPress 5.7 ベータ 1 をテストする方法は二通りあります:

現時点で設定されている正式リリース日は3月9日です。正式リリースをできる限り問題の少ないものにできるよう、ぜひご協力をお願いします。

で、5.7 で何が変わるの ? 🤔

コアの改良

iframe の遅延読み込み
フロントエンドの iframe タグに loading="lazy" 属性を追加することで iframe の遅延読み込みが実現できるようになります。

HTTP から HTTPS への移行をより効率よく
WordPress サイトを HTTP から HTTPS に切り替えるというのは誰にとっても苦労の大きい作業です。WordPress アドレスとサイトアドレスを更新するだけでは不十分で、HTTP の URL が埋め込まれた本文がそのままデータベースに残ってしまいます。5.7 では HTTPS へのサイト移行がワンクリックでできるようになります。WordPress アドレスとサイトアドレスの両方が HTTPS を使用している場合に、データベース中の URL が自動置換されます。さらに、サイトヘルスに HTTPS ステータスチェックが加わります。

管理画面 CSS: 統一感のあるカラーパレット標準
CSS 中のすべての色指定を再考し、青、緑、赤、黄、グレー、黒、白の各色で利用可能な色調の一つに指定しなおします。新しいカラーパレットは、現行のアクセシビリティガイドラインに従って明色系と暗色系それぞれに大きなコントラストを設定することにより、可読性の高いコンポーネント構築をより簡単なものにします。

jQuery 3.5.1 へのアップデート後の継続的なクリーンアップ
WordPress コアと同梱テーマにおける jQuery の非推奨化された使用の頻度が大幅に減り、通知はよりユーザーにとって理解しやすいものになります。

新しいロボット API
新しいロボット API により、‘robots’ メタタグに含まれるディレクティブをフィルタリングすることが可能になります。また、max-image-preview:large ディレクティブがデフォルトでインクルードされるようになり、検索エンジンで大きな画像のプレビューを表示することが可能になります(ブログの設定で検索エンジンでの表示を制限している場合を除く)。

ブロックエディターの改良

  • ブロックやブロックパターンを直接ドラッグして投稿本文に挿入することが可能になります。
  • 全高アラインメント: Cover ブロックその他のブロックでビューポート全体を覆う程度まで拡大させるオプションがサポートされます。
  • ブロックバリエーション: ブロックバリエーションのアイコンと説明がブロックインスペクターに表示されます。ブロックインスペクターにドロップダウンが新たに導入され、ブロックバリエーション間の切り替えが可能になります。
  • 再利用ブロック: 再利用ブロックのユーザビリティと安定性にいくつかの改良が加えられました。また、再利用ブロックの保存が投稿の保存と同時に行われるようになります。
  • ボタンブロック: ボタンブロックが垂直整列をサポートします。また、ボタンの幅を規定のパーセント値に設定できるようになります。
  • ソーシャルアイコンブロック: ソーシャルアイコンブロック内のアイコンの大きさが変更可能になります。
  • フォントサイズ指定の対象が拡大: リストブロックとコードブロックで新たにフォントサイズの指定が可能になります。
  • その他多数の改良とバグ修正があります。詳細は Gutenberg 各リリース投稿を参照してください: 9.39.49.59.69.79.89.9

ご協力ください

これからの数週間にわたって 5.7 関連の開発者ノートが Make WordPress Core ブログに掲載されますので目を通してください。

これまでのところ WordPress 5.7 で143件のチケットが貢献者のみなさんの協力により解決されました。これには68件の新機能と機能強化が含まれ、さらに多数のバグ修正が進行中です。

テストをしましょう !

バグのテストはベータステージにあるリリースを磨き上げる上で特に重要な意味を持つ貢献です。✨

バグを見つけたと思ったときはサポートフォーラムの Alpha/Beta エリアに投稿してお知らせください (日本語での投稿は開発版フォーラムまで) 。再現条件を含むバグ報告の作成に慣れている方は WordPress Trac までご報告ください。既知のバグのリストも Trac で確認できます。

WordPress 5.6.1 メンテナンスリリース

以下は、Jb Audras が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.6.1 Maintenance Release」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


WordPress 5.6.1が利用可能になりました。

今回のメンテナンスリリースでは、20個のバグ修正とブロックエディタの7個の問題修正が行われています。これらのバグは WordPress バージョン 5.6 に影響を与えますので、アップグレードをお勧めします。

WordPress 5.6.1は直接ダウンロード可能です。または、管理画面メニュー「ダッシュボード」→「更新」から「今すぐ更新」をクリックします。自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトではすでに更新プロセスが始まっていることでしょう。

WordPress 5.6.1 は短期のメンテナンスリリースです。次のメジャーリリースはバージョン5.7になる予定です。

変更のすべてのリストは閲覧するには Trac のリストを参照するか、5.6.1 RC1 についての投稿をお読になるか、5.6.1 ドキュメントページを開いてみてください。

感謝と敬意を!

5.6.1 は @audrasjb, @desrosj, @sergeybiryukov そして @whyisjake によってリードされました。バグスクラブを受け持ってくれた @metalandcoffee@hellofromtonya 、また、リリース記事を手伝ってくれた @planningwrite@davidbaumwald にも感謝します。

WordPress 5.6.1 のリリースに関わってくれたみなさまに感謝します:

aaribaud, Aaron D. Campbell, Ahmed Saeed, Andrew Ozz, Anthony Burchell, archon810, Ari Stathopoulos, Ayesh Karunaratne, basscan, carloscastilloadhoc, Carolina Nymark, celendesign, Christopher Finke, Copons, Dan Farrow, Daniel Richards, david.binda, Denis Yanchevskiy, Dilip Bheda, Dominik Schilling, Ebonie Butler, Felix Arntz, Florian TIAR, Garrett Hyder, gKibria, Greg Ziółkowski, Helen Hou-Sandi, Ian Dunn, ifnoob, Isabel Brison, Ismail El Korchi, Jake Spurlock, James Huff, Jason LeMahieu (MadtownLems), Jb Audras, John Blackbourn, Jonathan Desrosiers, Jonathan Stegall, Jorge Costa, Josepha, Justin Ahinon, Kai Hao, Kelly Choyce-Dwan, Kjell Reigstad, Konstantinos Xenos, litemotiv, lucasbustamante, Mahdi Akrami, majhajob, Manzur Ahammed, Marius L. J., Matt Wiebe, Maxime Pertici, Mel Choyce-Dwan, Michael Babker, Mukesh Panchal, NicolasKulka, Nik Tsekouras, oakesjosh, Peter Wilson, Prem Tiwari, Riad Benguella, Richard Tape, Robert Anderson, Rodrigo Primo, SeBsZ, Sergey Biryukov, Slava Abakumov, Stephen Bernhardt, t-p, Takashi Kitajima, Tanvirul Haque, thorlentz, Timothy Jacobs, Toni Viemerö, Tony A, Tonya Mork, transl8or, そして Vlad T.

WordPress 5.6 「シモン」

以下は、Josepha が書いた WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 5.6 “Simone”」を訳したものです。

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください



最新かつ最高の WordPress リリース、「シモン」をご紹介します。「Feeling Good」、「Young, Gifted and Black」、「Four Women」などの曲で知られる伝説のパフォーマー、ニーナ・シモンにちなんで名付けられました。彼女の最高の作品でプレイリストを作成して、あなたのために何が用意してあるのかを読み進んで発見してみてください。

WordPress 5.6 Simone with a photo of Nina Simone

WordPress 5.6へようこそ

ストーリーの共有が、これまで以上に簡単になりました。

WordPress 5.6では、アイデアを自由に設定してそこに命を吹き込むための数え切れないほどの方法を提供します。真新しいデフォルトテーマをキャンバスにして、ブラシとしての増え続けるブロックのコレクションをサポートします。言葉で、画像で、音で、そしてまた豊富な埋め込みメディアで画を描いてください。

colored circles

より柔軟なレイアウト

コードの有無にかかわらずレイアウトを編集できるより多くのツールで、ストーリーに命を吹き込みましょう。1列ブロック、幅と列を混在させたデザイン、全幅のヘッダー、表紙ブロックのグラデーションなど、小さな変更も大声での発言も簡単に行えます!

より多くのブロックパターン

いくつかのテーマではブロックパターンがあらかじめ設定されているため、サイト標準のページを簡単に設定できます。パターンの力でワークフローを合理化し、クリック数を削減しましょう。さらに、これらの機能をクライアントや編集者、他の方たちと共有することもできます。

より優れた動画キャプション

動画に字幕やキャプションを追加するために、投稿や固定ページ内で字幕やキャプションをアップロードできるようになりました。これにより、字幕を必要としている方や字幕を使用したい方にとって、これまで以上に簡単にビデオにアクセスできるようになりました。

black vertical line

Twenty Twenty-One がやってきました!

Examples of block patterns available in Twenty Twenty-One.

Twenty Twenty-One は、あなたのアイデアのための空白のキャンバスであり、ブロックエディタは最高のブラシです。このテーマはブロックエディタのために作られ、このデフォルトテーマでのみ使える新しいブロックパターンが備わっています。異なるレイアウトを数秒で試してみて、テーマの人目を引いて時代を超越したデザインであなた作品を輝かせてください。

さらに、このデフォルトテーマはウェブサイトの中心にアクセシビリティを据えています。WordPressのアクセシビリティ対応ガイドラインに準拠しており、レベル AAA の Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1からいくつかのより専門的な基準に対応しています。アクセシブルなコンテンツを作成したりアクセシブルなプラグインを選択したりする際に、最高レベルの国際的なアクセシビリティ基準を満たすのに役立ちます!

柔らかなパステルの虹

A mobile screenshot of each included color palette in Twenty Twenty-One, going in ROYGBIV order.

Twenty Twenty-One には、新しい年のためにうってつけのパステル調の事前に設定されたさまざまなカラーパレットが備わっています。そのすべてがコントラストのための AAA 基準に準拠しています。また、テーマの背景色を選択すると、テーマは自動的にアクセシビリティに配慮したテキストの色を選択します!

さらに柔軟性が必要ですか? カラーピッカーから独自のカラーパレットを選択することもできます。

colored circles

すべての方のための改善

自動更新機能の拡張

何年もの間、WordPress を自動的にアップデートできるのは開発者だけでした。しかし、今ではそのオプションがダッシュボードの中にあります。初めてのサイトであれば、すぐにでも自動更新の準備ができています。既存のサイトをアップグレードしたいですか? 問題ありません! すべてが以前と同じです。

アクセシビリティに関する表示

あなたが専門家でなくても、あなたのサイトのアクセシビリティへの取り組みを他の方に知ってもらうことができます! この新しいプラグインには、編集して公開するためのテンプレートのコピーが含まれており、さまざまな文脈や管轄区域をサポートするように書かれています。

ビルトインのパターン

まだブロックパターンを使ったことがなければ、すべてのデフォルトのテーマ向けに、複雑なレイアウトを最小限の労力でマスターできるように、さまざまなブロックパターンが用意されています。ご自分のストーリーやブランドに合わせて、コピー、画像、色などでパターンをカスタマイズしてみましょう。

colored and textured rectangles

開発者のみなさんへ

Application Password による REST API 認証

API の新しい Application Password 認証機能のおかげで、サードパーティ製のアプリがシームレスかつ安全にサイトに接続できるようになりました。この新しい REST API 機能により、どのアプリがあなたのサイトに接続しているのかを確認し、その動作を制御することができます。

より多くの PHP 8 サポート

5.6は、WordPress コアの PHP 8 サポートへの第一歩となりました。今こそ、ご自分の WordPress の製品やサービスそしてサイトがどのように最新の PHP バージョンをサポートするかについての計画を始めるための絶好の機会です。次の動きについての詳細は、PHP 8 の開発者向けノートをお読みください。

jQuery

WordPress の jQuery のアップデートは、5.5、5.6、5.7の3つのリリースにわたって行われます。このプロセスの中盤に来ましたので、アップデートテストプラグインを実行して、サイトにエラーが発生していないかどうかを事前にチェックしておきましょう。

サイトの見た目に問題がある場合 (スライダーが動作しない、ボタンが動かないなど) は、jQuery Migrate プラグインをインストールしてみてください。

フィールドガイドをチェック

このガイドでは、WordPress の最新バージョンについての情報を読むことができます。このリリースでの各変更点についての開発者向け注意事項がハイライトされています。

“It’s a new day, it’s a new life for me….and I’m feeling good.”

~Nina Simone

ザ・スクワッド

WordPress 5.6のリリースは、すべて女性のリリースチームが担当しています:

いつものように、このリリースは605人の寛大なボランティア協力者の皆さんのハードワークの賜物です。彼らは Trac で 350 枚近くのチケットを、GitHub で 1,000 件以上のプルリクエストに協力してくれました。

(訳注: ボランティア協力者のみなさんのお名前のリストは元記事を参照してください)

さらに、サポートフォーラムに貢献されているコミュニティボランティアの皆さんに感謝します。彼らは WordPress を初めて使う人であれ、さかのぼること2003年の最初のリリースから使っている人であれ、世界中の人々からの質問に答えてくれています。リリースは、その努力のおかげで成功をおさめています。

最後に、リリース時に WordPress 5.6 を 38の言語で利用できるようにしてくれたコミュニティ翻訳者の皆様に感謝します。私たちのコミュニティ翻訳者は、さらに多くの言語で利用できるように努力しています (70の言語ですでに90%に達しています)。もし WordPress への協力に魅力を感じたのなら、より多くのことを簡単に学べます。Make WordPressコア開発ブログをチェックしてみてください。