2023年2月 WordPress Meetup 開催情報

2023年2月に開催される WordPress Meetup をご紹介します。

オンラインイベントではエリア外からの参加者を積極的に歓迎しているグループもありますので、気になるトピックがあれば詳細を確認してみることをおすすめします。

今後追加されるイベントについては、ダッシュボードウィジェットやお近くの WordPress Meetup グループもチェックしてみてください。

以下に、1月と12月に開催されたイベントの情報もご紹介します。


2023年1月に開催された WordPress Meetup


2022年12月に開催された WordPress Meetup

#community, #meetup, #training

2023年1月 WordPress Meetup 開催情報

2023年1月に開催される WordPress Meetup をご紹介します。

オンラインイベントではエリア外からの参加者を積極的に歓迎しているグループもありますので、気になるトピックがあれば詳細を確認してみることをおすすめします。

今後追加されるイベントについては、ダッシュボードウィジェットやお近くの WordPress Meetup グループもチェックしてみてください。

以下に、12月と11月に開催されたイベントの情報もご紹介します。


2022年12月に開催された WordPress Meetup


2022年11月に開催された WordPress Meetup

#community, #meetup, #training

2022年12月 WordPress Meetup 開催情報

2022年12月に開催される WordPress Meetup をご紹介します。

オンラインイベントではエリア外からの参加者を積極的に歓迎しているグループもありますので、気になるトピックがあれば詳細を確認してみることをおすすめします。

今後追加されるイベントについては、ダッシュボードウィジェットやお近くの WordPress Meetup グループもチェックしてみてください。

以下に、11月と10月開催イベントの情報もご紹介します。


2022年11月に開催された WordPress Meetup

2022年10月に開催された WordPress Meetup

#meetup

Meetup オーガナイザー向け情報共有会を開催しました

2022年 11月 21日、日本各地の Meetup オーガナイザー向け情報共有会を開催しました。

情報共有会では、以下のトピックで開催しました。

トピック

  1. 日本のチャプターの確認
  2. Meetup 運営における最新アップデート紹介
  3. 各地の取り組みの紹介
  4. ディスカッション
  5. Q&A + 交流タイム

議事録

議事録は Google Docs 上で公開しています。詳細をご覧になりたい方は以下のリンクからご覧ください。

WordPress Meetup オーガナイザー情報交換会 2022年 Fall 議事録
URL: https://docs.google.com/document/d/1XpYG8nn-c6C5KEeWmYU9MHSJXGZKxN1DP1l3o6vVpe8/edit?usp=sharing

Meetup オーガナイザー向け情報共有会へ参加したみんなでのスクリーンショット

フィードバックおよび質問はコメントあるいは WordSlack の #meetup チャンネルからお願いします。

#meetup


過去の開催の様子は下記をご覧ください。

日本のWordPress Meetup のオーガナイザー情報交換会第2回の議事録 (議事録)
Japan WordPress Meetup Organizers 情報交換会 #1 (議事録)

#community, #meetup

日本のWordPress Meetup のオーガナイザー情報交換会第3回のお知らせ

日本でのWordPress Meetupのオーガナイザーがオンラインで集まる情報交換会の第3回を開催します。

本イベントは、WordSlack 内の #meetup チャンネルにて日程調整をした結果、11月21日 (月) の21時から開催することが決定しました。

情報交換会への参加方法については、WordSlack 内の #meetup チャンネルをご確認ください。


過去の開催の様子は下記をご覧ください。

日本のWordPress Meetup のオーガナイザー情報交換会第2回の議事録 (議事録)
Japan WordPress Meetup Organizers 情報交換会 #1 (議事録)

日本語オンラインワークショップを開催しました!

8月17日と24日に、Training Team 初となる日本語オンラインワークショップが開催されました!日本語で行われるのは初めてでしたが、2セッション合わせて14人もの方が参加してくださり、参加者からは「新しいことが勉強できた!」「ためになった!」などの感想をいただきました。

開催の流れについては、Documenting the Successful Launch of Japanese Online Workshops で詳しく説明していますので、こちらではその一部を抜粋してご紹介したいと思います。

なお、オンラインワークショップについてもっと知りたい方は、こちらの投稿もご覧ください:Learn WordPress のオンラインワークショップを紹介します

開催に先だった宣伝活動

今回は英語以外の言語でオンラインワークショップを開催するのが初めてでしたので、日本語コミュニティにまずは広く周知したいと思いました。それに向け、以下のような宣伝を事前に行いました。

特にリツイートなどにより、開催を広く宣伝してくださった方々に感謝します!

結果

今後どの時間帯で開催するのが良いかを探るために、今回は同じ内容を、別々な時間で2回開催しました。両セッション合わせて14名が参加しました。平日の午後2時と5時に開催しましたが、夕方の方が若干参加者が多かったです。

最初のワークショップの録画は WordPress.tv にアップされていますので、参加できなかった方々にもご覧いただけます!ブロックエディターでホームページを作ろう!

セッション最後に Zoom のチャット機能で感想を述べる参加者が多かったですが、多くの方が好意的なコメントを残してくださいました。終了後に Twitter で感想を投稿してくださった方もいました。

Twenty Twenty-Two、パターンというものがあるの知りませんでした。これは使える…!面白そう。

ワークショップ良かったので英語でも時間が合えばまた参加してみたい。

なお、後日 Slack では、平日の夜や休日などの方が参加しやすい方もいるだろうとの提案をいただきました。引き続き、いくつかの開催時間を試しながら、コミュニティーにあった時間帯を探していこうと思います。

次回予告

次回は「10 種類のテキストブロック 〜使い分けのコツ〜」と題してまた2回行います!WordPress 初心者がすぐに使えるブロック選びのコツから、WordPress 経験者も意外と知らないテキストブロックとアクセシビリティの関係について、実演も交えながら説明していきます。皆さん、是非お集まりください!

終わりに

Training Team は現在、コンテンツの多言語化に向けて動き出しています。今回はオンラインワークショップを英語以外の言語で行う初めての試みでしたが、大成功だったことにチームとして喜んでいます! 

今後も開催を続けていこうと思っていますが、一番難しい点は「開催していることをコミュニティーに知ってもらう」ことだと思います。宣伝の方法などについて、提案などがある方は是非コメントをお願いします。

今回の投稿を読んで、オンラインワークショップの参加・開催について、少しでも興味を持ってもらえたらと思いました。質問などありましたら、Slack の #learn-wordpress チャンネルMake Slack (英語) の #training チャンネル、あるいは @Destiny や @Ben Evans になんでもお尋ねください。

#learn-wordpress, #online-workshop, #training

Learn WordPress のオンラインワークショップを紹介します

要約:オンラインワークショップ (Online Workshop, 旧 Social Learning Space)は、コミュニティーのメンバーが WordPress に関する様々なトピックについて勉強できる、便利でアクセシブルな学びの場となっています。現在、Training チームは英語以外の言語でワークショップを開催してくださる方々(ファシリテーター)を募集しています!この投稿では、オンラインワークショップの目的と対象を紹介するとともに、より多くの方々に参加していただける方法を紹介します。

この投稿は https://make.wordpress.org/training/2022/07/01/online-workshops-on-learn-wordpress/ を翻訳、加筆した内容になります。


オンラインワークショップとは?

オンラインワークショップ (旧: ソーシャルラーニングスペース) は、2022年1月に Learn WordPress に導入された、参加者がリアルタイムに共同で作り上げる学びの場です。ワークショップは WordPress に関する様々なトピックについて、世界のどこででも開催され、言語の制約もありません。

形態に縛りはありませんが、最近は Zoom を用いたウェビナー形式のワークショップが多いです。ファシリテーターが画面上でサイトを作成したり、WordPress の機能の実演を行う場合が多いですが、スライドなどを併用する場合もあります。いずれもファシリテーターは、参加者同士による情報の共有を促し、お互いの質問に答え合ったり、ファシリテーターが触れなかった内容についても参加者が教え合えるような、共同の学びの場を作り上げることを目指します。

オンラインワークショップは Learn WordPress Online Workshops の Meetup グループ で企画・開催され、Training チームの Online Workshops カレンダー に表示されます。

参考までに、最近英語で開催されたセッションには、以下のようなテーマのものがありました。ワークショップはざっくり WordPress に関係する内容であればいいので、テーマは多岐にわたっています。

オンラインワークショップの対象は?

時間さえ合う人は誰でも参加できます ! また、セッションのほとんどは録画もされ、字幕を付記した上で WordPress.tv にアップロードされますので、参加できなかった人も後からセッションの内容を確認できます。

誰でも、こちらのフォームからワークショップのファシリテーターになることを申し込めます。また、承認のプロセスについては、こちらのハンドブックページから確認できます。(フォーム自体は英語ですが、日本語セッションのファシリテーターとしての申し込みもここから行えます。)

特に Training チームは現在英語以外のワークショップファシリテーターを募集しています。ぜひ皆さん、ご検討ください !

オンラインワークショップに参加するには?

参加するには、Learn WordPress が Meetup.com 上で開催するイベントへの登録が必要となります。登録後、ワークショップで利用する Zoom リンクが表示されますので、時間になりましたらそちらからアクセスください。

なお、2022年8月に、初めてとなる日本語オンラインワークショップを2つ企画しています!同じ内容を2つの異なる時間帯で行いますので、ご都合の合う方はぜひご参加ください。内容に興味のある方、開催に興味のある方、またただ見ていたい方、どなたでも歓迎です。下のリンクからそれぞれのイベントに登録できます。

オンラインワークショップのファシリテーターになりたいですが、どこから始めればいいのか…!

大丈夫です ! Training チームは皆さんのワークショップ準備をお手伝いします!特に私 Ben ( bsanevans) と Destiny (piyopiyofox)  は日本語話者であり、複数のオンラインワークショップを開催してきた経験がありますので、今後多くの方と共に日本語でも開催ができればと願っています。

(また、英語になりますが、ファシリテーターのためのガイドブックも用意していますので、参考にしていただけます。)

質問などありましたら、下のコメント欄でぜひ教えてください。また、Slack の #learn-wordpress チャンネルMake Slack (英語) の #training チャンネル、あるいは @Destiny@Ben Evans になんでもお尋ねください。

#learn-wordpress, #online-workshop, #training

Core Contributor Handbookの翻訳協力者を募集します

Core Contributor Handbook の 日本語版作成にあたり、翻訳にご協力いただける方を募集します。

現在、多数のハンドブックが日本語訳されていますが、今回 Core Contributor Handbook の日本語版を新たに作成する事となりました。

現在89ページの原文がありますが、これら全てのページを日本語化し、ハンドブックとして公開する予定です。

ご協力いただける方がいましたら、下記の「日本語版の協力方法」を確認いただき、ぜひ翻訳にご協力ください。

日本語版の協力方法

翻訳テキストは GitHub リポジトリで管理されており、どなたでもブラウザ上から翻訳の提案 (プルリクエスト)を行う事が出来ます。

Core Handbook 翻訳用リポジトリ

翻訳を行う順番は決まっておらず、どのページから翻訳していただいても構いません。

GitHub アカウントの作成方法、および具体的な翻訳作業の手順については、「翻訳開始から提案までの流れ」でご確認ください。

不明な点がありましたら、 WordPress 日本語 Slack の #docs チャンネルまでご相談ください。

#docs

Meetup アンケートの翻訳協力者を募集します

コミュニティチームからのリクエストで、毎年行っている Meetup オーガナイザー参加者向けアンケートの2021-2022年版の翻訳協力者を募集しています。

2020年版の結果報告はこちらです。日本のコミュニティの現状や意見を届けるために、アンケートを日本語で受けていただけるようにすることは重要ですので、ぜひご協力いただけると幸いです。

日本語版の協力方法

  1. 翻訳トラッカーに WordPress.org ユーザー名、翻訳するファイルなどの情報を記入してください。
  2. 以下のファイルに対し、すでにある編集を参考に提案モードで翻訳を記入していってください。
  3. 他の人の編集済みの部分に対してフィードバックや提案をしたい場合は、コメントをつけてください。

原文ファイル

翻訳期限はJune 22 at 23:59 UTC です。不明な点がありましたら、WordSlack#docs でお尋ねください。

#meetup, #survey

FSEプログラムのテスト募集 #14: レシピのレビュアー募集

以下は、annezazu が書いた Make WordPress.org Test チームブログの記事「FSE Program Testing Call #14: Rallying Recipe Reviewers – Make WordPress Test」を訳したものです。 

誤字脱字誤訳などありましたらフォーラムまでお知らせください


この投稿はフルサイト編集アウトリーチプログラムの14回目のテスト募集です。この実験的なプログラムの詳細については、このFAQを参照してください。このプログラムに参加するには、Make Slack#fse-outreach-experiment にアクセスし、今後のテストの告知や役に立つ投稿などを共有してください。

概要

このテスト募集では、レシピのレビュアーを集めるためにカスタマイズされたコメント体験を持たせた、楽しくてインタラクティブなレシピサイトを作成するために、いくつかのブロックを実際に使ってみることに的を絞っています。

新しい引用ブロック

あなたのレシピに独自の微調整を加えているお気に入りのレシピレビュアーのために、あなたは新しい引用ブロックを使って彼らの引用を追加することを検討しています。現在、これはまだ実験段階なので、いくつかのバグを報告する前提で楽しんでください。具体的には、この新しい引用ブロックは、ネストされたブロックの使用に対応しています。つまり、引用の中に見出しやリストなどを追加することができます。

新しいリストブロック

詳細な情報を得るために準備しましょう – レシピには、多くの材料と、それらがない場合の代用品が必要です。そのために、新しいリストブロックに頼ることになります。このブロックには、探索するための異なるUXが含まれているからです。

コメントクエリループブロック

この特別版のテスト募集でも見たように、理想のコメント体験を構築するために利用可能な多くのブロックがあります。各ブロックでは、より多くの機能がサポートされています。

テスト環境

構築の際の重要なポイントを紹介します。テスト環境の詳細な構築手順は後述します。

  • テストサイトを使用してください。本番サイトは使用しないでください。ローカル環境へのインストールについては、こちらの手順に従うか、開発サイトをセットアップするこちらのようなツール を利用してください。
  • WordPress 5.9.3を使用してください。こちらからダウンロードできます。
  • Twenty Twenty-Two テーマを使用してください。
  • Gutenberg 13.1、または最新バージョンを使用してください (最新バージョン)。

テスト手順

設定手順:

  1. 最新の WordPress バージョン (5.9以上) を使用したテストサイトを準備してください。本番サイトは使用しないでください。
  2. 「外観」 > 「テーマ」で、[Twenty Twenty-Two テーマ]をインストールし、有効化します。
  3. 「プラグイン」 > 「新規追加」から Gutenberg プラグインをインストールし、有効化します。すでにインストールされている場合は、Gutenberg 13.1 以上であることを確認してください。
  4. ここまでで、「外観」の下に「エディター (ベータ)」というタイトルのナビゲーション項目が表示されているはずです。表示されていない場合は、ブロックテーマを使用していません。テーマを切り替えてください。

テスト手順:

ヒント: このテスト実行でのコンテンツ間の移動には、リストビューが便利です。

新しいレシピの投稿

  1. 管理画面で、「Gutenberg」 > 「実験中」に移動し、「リストブロック v2」と「引用ブロック v2」のチェックボックスをそれぞれオンにして保存します。
  2. 管理画面で、「投稿」 > 「新規追加」をクリックします。
  3. 投稿のタイトルを「5月のマカロニ」とし、簡単な文章を記入します (「最新のマンスリーレシピへようこそ。今月作るのがとても楽しみなレシピを紹介します。」)。投稿を公開します。
  4. フロントエンドで投稿を表示し、投稿にいくつかのコメントを追加します。コメントは簡単なもので構いません。「素敵なレシピ !」「作るのが待ちきれない」等。

レシピ用のカスタムテンプレートの作成

  1. エディターに戻り、投稿の設定を開き、「テンプレート」の下の「新規」オプションを選択します。
  2. 「名前」フィールドが表示されます。レシピに関連するタイトル、例えば「Recipe Template」を記入して、「作成」ボタンをクリックします。テンプレートエディターが表示されます。
  3. テンプレートを自由にカスタマイズしていきます。例えば、幅広のサイトに合わせたヘッダーテンプレートパーツを追加したり、記事タイトルのフォントサイズを変更したり、等々。この段階で、自分の好きなブロックの追加方法で、ヘッダーおよびフッターテンプレートパーツを追加できます。ヒント:「header」や「footer」でも検索できます。

コメント機能のカスタマイズ

  1. 好きな場所に「コメントクエリループブロック」を追加してください。これには、様々な子ブロックが含まれています。リストビューを使用すると、何が含まれているのかを簡単に把握できます。
  2. 各ブロックで利用可能な設定を確認し、カスタマイズを始めます。コメントクエリループブロック内のブロックを削除したり、追加したり、カスタムカラーを追加したり、フォントサイズを変更したり、等々。コメントクエリループにカスタムボーダーを追加するには、グループブロックでラップしてください。また、こちらのスクリーンショットを参照し、何ができるかを考えてみてください。
  3. 編集中には変更を保存し、投稿を表示して、サイト上でライブで確認してください。コメント欄がレシピのレビューアにとって魅力的で歓迎される場所になるよう、できるる限り工夫しましょう。

レシピの中での新しい引用ブロックとリストブロック

  1. 完了したら、テンプレートの変更を保存し、「戻る」をクリックして、投稿の編集画面に戻ります。
  2. リストブロックを追加して、材料 (パスタ、チーズ、胡椒、牛乳、など) のリストを書きます。アイデアが浮かばなければ、こちらのレシピから材料のリストをコピーできます。ヒント: Enter キーを押すと、新しいリスト項目が追加されます。右側の「+」インサーターをクリックすると、リストのサブ項目を追加できます。
  3. いくつかの材料の下に、右側の「+」インサーターを使用して、代用可能な材料を追加してください。例えば、チーズの種類(プロヴォローネ、チェダー、ゴートチーズ)をリストできます。スクリーンショットを参考にしてください。
  4. 別のリストブロックを追加し、ツールバーで番号付きリストに切り替え、料理の手順を書きます。単純なもので構いません。お湯を沸かす、パスタを入れる、10分茹でる、チーズを入れる、味見する。再度、サブ項目を追加します。例えば、パスタの種類に合わせた茹で時間をリストできます。
  5. 材料と手順を記述した後に、見出しブロックを追加し、「レシピの応用」と題します。
  6. 引用ブロックを追加して、サイトの訪問者による応用やコツなどの簡単な引用を作成します。別のリストブロックや見出しブロックなど、異なるブロックを含めてください。以下は、サンプルのスクリーンショットです。
  7. 自由に、好きなだけ引用を作成してください。
  8. 投稿を更新し、投稿やレシピテンプレートに必要な変更を加えます。

最後に、パスタを作って、自分をほめてあげてください。テストにご協力頂きありがとうございました。是非、以下のコメント欄から、あなたの体験をお聞かせください。

注意する点:

必要であれば、作成したページのスクリーンショットを共有してください。

  • どこかでクラッシュしませんでしたか ?
  • 保存した際、正しく保存できましたか ?
  • テストで困った点、イライラした点はありませんか ?
  • テストで楽しかった点、いいねと思った点はありますか ?
  • もっと編集が楽になるには何があればよいですか ?
  • エディターで作成したページは、サイトの他の箇所とマッチしますか ?
  • キーボードだけで動作しましたか ?
  • スクリーンリーダーだけで動作しましたか ?

フィードバックをお願いします (2022年5月18日まで)

5月2日にソーシャルラーニングスペースで行う、FSE プログラムテスト募集のウォークスルーに是非ご参加ください。どなたでも歓迎します。お会いできるのを楽しみにしています。

#fse-outreach-program, #fse-testing-call


Thanks!

この記事は、 @atachibana の翻訳協力により公開することができました。ありがとうございます。